Value-based Careへの展開でデジタルヘルス活性化(ユニコーン企業続出)

2019年|JRIレビュー|経済・政策レポート|日本総研
https://www.jri.co.jp/report/medium/jrireview/2019/
デジタルで変容するヘルスケアビジネスとわが国の課題
https://www.jri.co.jp/MediaLibrary/file/report/jrireview/pdf/11225.pdf

デジタルヘルスに進出したIT企業の事例
Apple
Google
AWS(Amazon)

Fee-for-ServiceとValue-based Careの比較
Fee-for-ServiceとValue-based Careの比較.jpg

Value-based Careに関連する施策一覧
Value-based Careに関連する施策一覧.jpg

“Value-based Careへの展開でデジタルヘルス活性化(ユニコーン企業続出)” の続きを読む

Value-based Careへの展開でデジタルヘルス活性化(ユニコーン企業続出)

DPC/PDPSの将来像 デロイトトーマツレポート

日本の医療費支払い方式の将来像
日本版Value Based Careの実現に向けて
“Be ready for new paradigms” 第2回。日本の社会保障制度の優れた点を保持しつつも、その継続性を担保するために選択し得る「日本にとってのValue Based Care」について考察します。
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/life-sciences-and-healthcare/articles/ls/brnp-v2.html

日本版Value Based Careの実現に向けて
https://www2.deloitte.com/content/dam/Deloitte/jp/Documents/life-sciences-health-care/ls/jp-ls-brnp-vol2-jp.pdf

まとめ
日本の窮状を考慮すると、今の医療費支払い制度のままでは立ち行かず、Value Based Careの考え方、すなわち、「Personal Health Account」「Pay for Performance」「Capitation」の要素を取り入れて行かざるを得ない。そして、実際既にその動きは始まりつつある。

日本での萌芽

■「働き方改革」の流行で同時にクローズアップされ易い「健康経営」はCapitationの考え方

■フォーミュラリの導入によって医療費を大幅に削減しようとする取り組みである。
これは日本でPay for Performanceのコンセプトを導入した一例

日本の医療費支払い方式の将来像.jpg

Value Based Careへの挑戦
https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/H28FY/000527.pdf
Value Based Careへの挑戦01.jpg

Value Based Careへの挑戦02.jpg

Value Based Care実現に向けた要件

Value Based Care実現に向けた要件.jpg

 

********************************************

DPC制度疲労
同じ研究者に長期依存で改革が進まない
制度チェック機能・修正機能が働かず

DPC制度疲労.jpg

 

価値に基づく医療・プライマリケア 再入院を回避する50因子

コトラー提唱のホリスティック・マーケティングを医療現場で実践!!

新病院経営(ブルーオーシャン戦略)で医療サービス改善・創出(医療の産学官民連携)

徳洲会グループ ICHOM調査「PAY FOR VALUE」実施へ

 

 

 

 

周回遅れの最悪のDPC制度
ミスリードしたDPC調査班メンバーがこちら

ミスリードしたDPC調査班.jpg

DPC/PDPSの将来像 デロイトトーマツレポート

価値に基づく医療・プライマリケア 再入院を回避する50因子

価値に基づく医療・プライマリケア
再入院を回避する50因子をひとつひとつクリアにしていく。

↓↓↓

Oak Street Health opens 6th value-based care center in Michigan
https://www.fiercehealthcare.com/payer/oak-street-health-opens-6th-value-based-care-center-michigan

Value-Based Care | FierceHealthcare
https://www.fiercehealthcare.com/topic/value-based-care

*****************************************

value in healthcare(japan)

Enabling context, policy and institutions for value in healthcare
Presence of enabling elements for value-based healthcare

value in healthcare(japan).jpg

Presence of enabling elements for value-based healthcare01.jpg

Presence of enabling elements for value-based healthcare02.jpg

 

VBHC:考え方
VBHCは患者価値 (value) の最大化を目指し、各プレーヤーはアウトカム最大化とコスト適正化という目的を共有
バリューベースドヘルスケアの基本的な考え方
複数の関係者間で、患者にとって高いアウトカムを低いコストで提供する包括的なアプローチ

バリューベースドヘルスケアの基本的な考え方.jpg

VBHC:意義
各ステークホルダーが、それぞれの観点から “バリュー” 向上を志向
各ステークホルダーが、それぞれの観点から バリュー 向上を志向.jpg

 

Value Based Paymentを促進

治療の「量」ではなく「質」に対する支払いへ移行
CMS (Centers for Medicare & Medicaid Services)は、治療の量から質に対する支払いへの移行を進める
メディケア(米国の高齢者医療保険)の代替支払モデルに基づく支払いへの移行
・2018年 全メディケア支出の50%を代替支払モデル(APM)(カテゴリー3、4)に移行
・2018年 メディケアFFS(出来高払い)の支払いの90%を質と価値(カテゴリー2~4)に関連付ける
MACRA法の下、2019年までにメディケアをバリューベースに移行する支払い改革を実施中
・ACOでの価値に基づく支払い(Value Based Payment)の業績等を評価
【カテゴリー】
カテゴリー1 支払いが質に関連しない出来高払い
カテゴリー2 支払いが質(VBP、HAI、再入院ペナルティ)に関連するFFS
カテゴリー3 FFSアーキテクチャ上に構築した代替支払モデル(BPCI、CCJR1)
カテゴリー4 人口に基づく支払い(先駆的ACO)

IT絶対王者の米国のデジタルヘルスケア:主なプレーヤー (例)
米国のデジタルヘルスケア:主なプレーヤー (例).jpg

日本で遅れている領域(ビジネスチャンス分野)
1.ヘルスケア情報プラットフォーム

1-1医療情報交換(HIE)
1-2統計処理
1-3アウトカムやコスト分析による治療の改善
1-4データに基づく診断補助
2.患者向け個別化システム(患者ポータル・PHR等)
※表記マイクロソフトのHealth Vaultは2019年12月終了予定。
3.リアルワールドデータを活用した企業向けサービス(ブロックチェーン等)

医療・介護の国際展開(METI/経済産業省)
https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/iryou/
経済産業省委託事業
平成29年度医療技術・サービス拠点化推進事業(国際展開体制整備支援事業)
重点国調査 米国(基礎調査)2018年3月現在
https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/iryou/downloadfiles/pdf/29fy_detailreport_VBHC_degital_USA.pdf

 

価値に基づく医療・プライマリケア 再入院を回避する50因子

保護中: 診断群分類包括支払い制度の将来 バリューベース支払いモデル急速普及へ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 診断群分類包括支払い制度の将来 バリューベース支払いモデル急速普及へ