Theranos(セラノス)まとめ記事(WIRED)

12月5日号のWIRED.jpにてTheranos(セラノス)CEOのエリザベス・ホームズ(Elizabeth Holmes)のこれまでの総決算まとめ長文記事で載っています。まだ32歳ですし捲土重来を期して頑張ってほしいですね。相変わらず目力が凄い。12月1日付け取締役会でベクテルCEOのライリー・ベクテル(Riley Bechtel)が退任し、新たにダニエル・J・ワーメンホーブン(Daniel J. Warmenhoven)就任との記事もあります。新ミニラボと独自ソフトウェアシステムの実用化を目指すようです。四面楚歌状態ですがまだまだやる気満々? ちなみにドナルド・トランプ次期大統領が指名予定の国防長官はジェームズ・マティス退役大将であり、セラノスの取締役でもあります。政治力を背景に巻き返しも有り得る? まだまだ当分は話題が尽きないようです。

ジョブズになり損ねた女:DNA検査の寵児、エリザベス・ホームズの墜落
WIRED.jp-2016/12/05
http://wired.jp/special/2016/talented-miss-holmes/

elizabethholmes

“Theranos(セラノス)まとめ記事(WIRED)” の続きを読む

Theranos(セラノス)まとめ記事(WIRED)

セラノス・エリザベスホームズのポーズ ツイッターハッシュタグで流行

Elizabeth-Holmes

 

1週間ほどで続いていました。

セラノス・エリザベスホームズのお決まりポーズがツイッターハッシュタグ#theranosingで流行
medcitynewsが仕掛ける
http://medcitynews.com/2015/10/theranos-is-in-trouble-it-needs-a-meme-introducing-theranosing/

#theranosing – Twitter
https://twitter.com/search?src=typd&q=%23theranosing

—————

11/6追記;投資家を騙した詐欺師との汚名も出てきて怪しい雲行きとなってきました。ニュース記事のコメント欄やツイッターなどでは採血量を倍にしてもいいから今までより価格を下げてくれ。技術のイノベーションはこれからでいいので、価格のイノベーションを起こしてくれと願っている方が少なくなかったです。250近くある検査項目のうち150以上は10ドル未満で手軽に検査可能なところが魅力なんでしょう。

(参考記事)

揺らぐ「女性版ジョブズ」 メディアの寵児を生んだ〝シリコンバレーの方程式〟
http://www.huffingtonpost.jp/kazuhiro-taira/theranos-silicon-valley_b_8447410.html
評価額90億ドルの医療ベンチャーに不正疑惑
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/224217/110400041/
「アメリカの小保方」に今度はパクリ疑惑 こっそり他社のマイクロテイナーで血液検査をやっていた 老舗ベクトン・ディッキンソンが「いい加減にしろ!」
http://blogos.com/article/142201/
アメリカ版「小保方モーメント」 ジョブズの再来と呼ばれるスタンフォードを中退した女性起業家、エリザベス・ホルムズに漂う胡散臭さ
http://blogos.com/article/142121/

Theranos

Test Menu | Theranos
https://www.theranos.com/test-menu
https://www.theranos.com/news/posts/we-believe-in-publishing-our-prices-so-we-did-in-the-arizona-republic-this-represents-one-more-way-we-are-bringing-price-transparency-to-laboratory-testing
https://www.theranos.com/content/images/news/we-publish-prices.jpg

250近くある検査項目のうち150以上は10ドル未満で検査可能。

B22337_1b_Theranos_News_Prices_NP.indd

セラノス・エリザベスホームズのポーズ ツイッターハッシュタグで流行