Googleの医師向けカルテ検索機能の開発状況

電子カルテ検索バーで迅速に回答ヒントが自動表示させる。例えば医師が「87」という数字を入力するだけで、胃がんの既往歴のある87歳の患者データが返ってくるなど。

さあ覇権はどこか。

Google Health
https://health.google/

Health | Google Blog
https://blog.google/technology/health/

Microsoft HealthVault(健康記録)
https://international.healthvault.com/

Apple iPhone、iPod touch(健康記録サポート)
https://support.apple.com/en-in/HT208647
Apple(医療クリニック)
https://www.cnbc.com/2018/02/27/apple-launching-medical-clinics-for-employees.html

Amazon(処方薬)
https://www.pillpack.com/

Amazon Care
https://amazon.care/

Facebook(健康リマインダー)
https://thenextweb.com/facebook/2019/10/29/facebook-launches-healthcare-reminders/

Uber(患者送迎)
https://www.uberhealth.com/

 

ACA法(オバマケア)など規制が緩和されている米国では、ウォルマート、アマゾン、ウォルグリーン、CVSなど、小売り最大手企業がヘルスケア分野に進出することで「ヘルスケアリテライゼーション(Retailization of Healthcare) 」が巻き起こり、患者はかつてないほど多くの選択肢が与えられている。

「ヘルスケアリテライゼーション」は2022年までにほぼ2倍へ アクセンチュア調査
https://www.globest.com/2019/03/26/the-retailization-of-healthcare/
全文
https://www.globest.com/2019/03/26/the-retailization-of-healthcare/?slreturn=20191007003647

その結果、教育水準の低い患者や低所得者のプライマリケアコストも削減されるなど成果が出てきた一方で、多民族国家としての言語や文化の壁に直面するケースが多く、複雑なヘルスケアシステムをナビゲートするツールは上手く機能せず、テレヘルスサービスもなかなか普及しないといった問題も浮き彫りとなっている。

ストレスがない患者ナビゲーションや価格比較ツールなど、新しいヘルスケアモデルをナビゲートするソフトウェア、テクノロジーは患者にとって大きな恩恵となるが、この状況にビジネスチャンスとしてGoogle、Apple、Facebook、AmazonのGAFA(ガーファ)が競ってヘルスケア分野に進出してきている。

医療・個人のビッグデータを活用して、関連企業との連合体も組み、新たな治療法や健康管理の確立を模索している。
遺伝子まで調べた個別化医療・精密医療の議論が盛んになって早や10年。ようやくGAFAの野望が実現されつつある。

グーグルの野望、個人情報が経済を動かす: 日本経済新聞
「ヘルス2.0」源流は日本出身の医療経済学者
https://www.nikkei.com/article/DGXBZO31970030R10C11A7000000/

 

Google developing enhanced search functions for EHRs
https://www.beckershospitalreview.com/ehrs/google-developing-enhanced-search-functions-for-ehrs.html

Google wants to create the ultimate medical record search tool for doctors
https://tnw.to/ACV70

Google wants to create the ultimate medical record search tool for doctors.jpg

Watch how AI can help Health
Learn how our innovations in machine learning are making a positive impact on healthcare.

Bringing AI and machine learning innovations to healthcare (Google I/O ’18)

「Doctor Google」

Google Health’s David Feinberg focus on search for doctors, consumers
https://www.cnbc.com/2019/11/02/google-healths-david-feinberg-focus-on-search-for-doctors-consumers.html

グーグルのヘルステック企業ベリリー(VERILY)のヘルスケアパフォーマンス測定研究

アマゾン中心の未来図 IOTで狙う覇権  人工知能(AI)「アレクサ」

アマゾン人工知能(AI)「アレクサ」外販に込められた野望

AIがいかに医療へ革命をもたらしているか:10の医療AIユースケース

アマゾン、AWSで営業利益の7割を稼ぐ 医療情報システム向けも好調

ウォルマートが力技で形勢逆転、オンライン販売でアマゾンに勝利

VALUE-BASED CAREへの展開でデジタルヘルス活性化(ユニコーン企業続出)

デジタルヘルス利用者は過去最高 ROCK HEALTH2018調査

米大手製薬4社がブロックチェーン業界に参入 医療業界で導入進む背景とは

 

Googleの医師向けカルテ検索機能の開発状況

全米最大の電子カルテベンダー・エピックの40年の歴史を振り返る

ジュディ・フォークナーCEOの講演。もう76歳なんですね。

「私はヒッピーだと思っていたが、マリファナの匂いはよくわからんかった。だからヒッピーというよりオタクだったかな。具体的には数字のオタクだった(笑)」っと自身のプログラマーの経歴紹介で笑いを誘っています。

オバマ政権下のHITECH法で大躍進したエピックEHR。
ジュディ・フォークナーは現在、女性富豪の4位。36億ドルの資産持ち。

日本では2020年厚労省概算で女性活躍推進に222億円要求。
日本の女性も目指せRichest Self-Made Women

Judy Faulkner reflects on what a long, strange trip it’s been for Epic Systems Corp.
https://madison.com/ct/business/technology/judy-faulkner-reflects-on-what-a-long-strange-trip-it/article_0fbb1c7a-beda-5df8-8520-d6a8fa64a4d4.html

5d659e8656bf2.image.jpg

America’s Richest Self-Made Women 2019 – Forbes
https://www.forbes.com/self-made-women/
1位: ダイアン・ヘンドリックス/ ABCサプライ/ 70億ドル
2位: メグ・ホイットマン/ ヒューレット・パッカード/ 38億ドル
3位: マリアン・イリッチ/ リトル・シーザーズ/37億ドル
4位: ジュディ・フォークナー/ エピック・システムズ/36億ドル
5位: タイ・リー/SHI International/30億ドル
6位: ジュディ・ラブ/Loves Travel Stops & Country Stores/29億ドル
7位: リンダ・レズニック/ザ・ワンダフル・カンパニー/28億ドル
8位: ドリス・フィッシャー/ Gap/27億ドル
9位: ジョネル・ハント/ J.B.ハント・トランスポート・サービシズ/27億ドル
10位: オプラ・ウィンフリー/ OWNケーブル・ネットワーク/28億ドル

検索結果: Epic
https://qmir.wordpress.com/?s=epic

“全米最大の電子カルテベンダー・エピックの40年の歴史を振り返る” の続きを読む

全米最大の電子カルテベンダー・エピックの40年の歴史を振り返る

Epic EHRで敗血症による死亡率を20%減少(年40人)

Sepsis: How one hospital is using health IT to save lives
The University of Utah Health uses its Epic EHR and communications technology to reduce its sepsis mortality rate by 20% and save 40 lives annually.
https://www.healthcareitnews.com/video/sepsis-how-one-hospital-using-health-it-save-lives

University of Utah Health | University of Utah Health
https://healthcare.utah.edu/

uuairmed_lsayp9.jpg

Epic EHRで敗血症による死亡率を20%減少(年40人)

米国の健康・医療・介護分野のデータベース

医療と介護の一体的な改革|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000060713.html

地域における医療・介護の連携強化に関する調査研究
諸外国における健康・医療・介護分野のデータベースの現状調査
https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000503438.pdf

在宅医療・介護連携推進.jpg

2004 年,ブッシュ大統領は大統領令により,米国の医療 IT 推進の中心的役割を担う機関として保健福祉省に ONC(Office of the National Coordinator for Health IT)を設置した。ONC は,市・郡レベルで EHR により取得された臨床データを相互連携するための交換標準規格であるNHIN(Nationwide Health Information Exchange; NwHIN:全米医療情報ネットワーク)の構築に取り組み,NHIN はその後 eHealth Exchange,The Sequoia Project と名称を変更したが,現在では全米 50 州及び複数の連邦機関が参加する米国最大の医療情報連携システムとなっている20。

2009 年 2 月 18 日に施行された景気対策法である「米国再生・再投資法(ARRA)」には,医療 IT 分野のインフラ投資政策として「経済的及び臨床的健全性のための医療情報技術に関する法律(以下,HITECH 法)」が含められ,HITECH 法により EHR 及び電子処方箋(e-prescribing)の普及及び個人健康記録(PHR)の民間利用が一層推進されることとなり,EHR に関しては2014 年迄の完全普及が目指された。

そして医療 ICT の普及と EHR 利用促進のためにメディケア EHR インセンティブプログラムが導入された。これは,ONC が設定した EHR のシステム基準を満たした機器やシステムを導入した医師・医療機関がプログラムに参加して一定の「意義ある利用(MU:Meaningful Use)」基準の要件を満たした場合はパート B を通じてインセンティブを受領でき,満たさなかった場合にはペナルティが課される仕組みである。

2015 年以降はインセンティブが廃止され,EHR 未導入の医療機関の診療報酬が減額される。HITECH 法はまた,第 13410(D)条の規定により HIPPA 法違反の罰則を社会保障法第 1176(a)条に定め,違反の程度に応じて,民事上の制裁金について 4 段階,刑事罰としての拘禁について 3 段階が規定された。2010 年 3 月に成立した「患者保護及び医療費負担適正化法(ACA/オバマケア法)では,「責任あるケア機関(Accountable Care Organization,以下,ACO)」という概念が規定された。ACO とは,メディケアを念頭に,かかりつけ医と専門医,医療機関内,関係機関間における情報共有の推進を行うことで医療費の抑制と医療サービスの質向上を両立させることを狙いとした医療サービス提供体制であり,EHRの導入及びネットワーク化が必須となる。

ACAはまた,平均リスクスコアを用いて算出したベンチマークとメディケア医療費との差額が最低節減率を上回
った ACO にインセンティブを支払う MSSP(Medicare Shared Saving Program)を導入した。2015年4月に成立し 7月1日に施行された「メディケアアクセス及びCHIP改正法(MACRA)」の第 105 条は,特定の非公的機関によるメディケアデータの利用,及びこれを利用したソフトウェア等の販売に関する要件を規定している。

「21 世紀医療法」は,ドナルド・トランプが大統領選に勝利して 2017 年 1 月就任を控えていた前月に超党派の賛成多数で可決しオバマ大統領の署名により成立した法律である。同法はEHR の適切な運用及び報告及び相互運用性interoperability)を規定し,RWE(real world evidence)を使用した創薬及び再生医療研究の評価,データ収集活動及び収集データ標準化に関する枠組みの策定について規定した。

トランプは大統領に就任後,オバマケアは見直すとしてもEHRについては「21世紀医療法」の理念を継承する方針としたことから,2018年 3月には CMSにより MyHealthEData Initiative が公表され,大統領府アメリカ・イノベーション局(White House Office of American Innovation)が中心となり,保健福祉省,CMS,ONC,NIH(国立衛生研究所)が協働して EHR の相互運用性を推進することとなった。これらの法律は合衆国法典(U.S.C.: United States Code),規則は連邦規則集(CFR: Code of Federal Regulations)に編纂されている。

https://patientengagementhit.com/tag/myhealthedata-initiative

ヘルスケア ICT に関する各国の概況と動向
EHR、PHR、遠隔医療に関して
https://www2.deloitte.com/content/dam/Deloitte/jp/Documents/life-sciences-health-care/hc/jp-hc-healthcare-ict-01.pdf

オバマ前大統領の最大成果はHITECH法でブルーボタンPHRを推進させたこと

日本に必要な電子カルテ導入インセンティブ&未達成ペナルティ(日本版HITECH法)

 

米国の健康・医療・介護分野のデータベース

日本版GDPR提言、データ提供に同意しなければ自己負担3.5割

日本版HITECH法を提言。
カルテ保管義務期間に現在の5年→50年へ。

↓↓↓

経済同友会
データ利活用の推進を急げ
―今ある健康・医療・介護データを活用・連結しビッグデータへ―
https://www.doyukai.or.jp/policyproposals/articles/2019/190603a.html
本文
https://www.doyukai.or.jp/policyproposals/uploads/docs/190603a.pdf

 

 

 

日本版GDPR提言、データ提供に同意しなければ自己負担3.5割

電子カルテデータを活用する新事業

さて、数年後の勝者はどこになるか。なんだかんだ業界一のレコメンデーションをもち消費データに強いアマゾンかなあ。

・EHRベンダーの巨人Cerner、業界2位Epic、3位Allscriptsの動向
・AppleのiPhoneツール「Health Records」
・Amazonの「Amazon Comprehend Medical」
・Googleの「Cloud Healthcare API」
・薬局データ、検査ラボデータから患者の記録を集めるEvolent Health

↓↓↓

The Investment Opportunities in Electronic Health Records – Barron’s
https://www.barrons.com/articles/electronic-health-records-investing-51558130302

2017-01-19-remote-diagnostics

******************************

Amazon Comprehend
https://aws.amazon.com/jp/comprehend/

Amazon Comprehend Medical を使用して、構造化されていないテキストから複雑な医療情報を抽出することができます。このサービスは、医師のメモ、治験の総括報告書 、患者の健康記録などのさまざまな情報源から、病状、投薬、投薬量、強さ、頻度などの医療情報を特定することができます。Amazon Comprehend Medical では、抽出した投薬と試験、治療、および分析をより簡単にするための手順についての情報の間にある関係を見出します。例えば、このサービスは、構造化されていない臨床メモから特定の投薬に関連する特定の投薬量、強さ、および頻度を識別できます。

新機能 – Amazon Comprehend Medical – ヘルスケア業界のお客様のための自然言語処理
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/amazon-comprehend-medical-jp/
Amazon Comprehend Medicalを用いた臨床実体の抽出及び可視化
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/extract-and-visualize-clinical-entities-using-amazon-comprehend-medical/
Amazon Comprehend MedicalとAmazon Rekognitionを使用した医療画像の匿名化
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/de-identify-medical-images-with-the-help-of-amazon-comprehend-medical-and-amazon-rekognition/

******************************

iOS – ヘルスケア – Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/ios/health/
iPhoneの「ヘルスケア」Appでヘルスケアレコードを読み込む
https://support.apple.com/ja-jp/guide/iphone/import-health-records-iphb607cf170/ios

「ヘルスケア」Appの「ヘルスケアデータ」画面。「アクティビティ」、「マインドフルネス」、「栄養」、「睡眠」のカテゴリが表示されています。右上にはプロフィールボタンがあります。下部には左から順に、「今日」、「ヘルスケアデータ」、「ソース」、「メディカルID」タブがあります。

******************************

Google「Cloud Healthcare API」
https://cloud.google.com/healthcare/
Cloud Healthcare API documentation
https://cloud.google.com/healthcare/docs/
Google Cloud for Healthcare: new APIs, customers, partners and security updates
https://blog.google/products/google-cloud/google-cloud-healthcare-new-apis-customers-partners-and-security-updates/

サノフィとグーグル、AIによる新薬開発で提携
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46333760Q9A620C1000000/
製薬大手の仏サノフィ グーグルと糖尿病治療で提携
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM31H6R_R00C15A9EAF000/
サノフィとグーグルが新しいヘルスケアイノベーションラボを開発
http://www.ehealthnews.eu/industry/5881-sanofi-and-google-to-develop-new-healthcare-innovation-lab

 

Evolent Health
https://www.evolenthealth.com/

Evolent Health.jpg

Value-Based Care News Digest – June 2019
https://knowledge.evolenthealth.com/home/value-based-care-news-digest-june-2019

Increased Visibility into Value-Based Performance Results in $2.1M in Additional Pay for Performance
https://www.healthcatalyst.com/success_stories/improving-value-based-performance-utmb
23 of 32 performance measures—nearly 72 percent—have improved, including:
Chronic diabetes care performance.
・39.2 percent relative increase in completion and documentation of an annual foot exam.
・18 percent relative decrease in the number of patients with poor HbA1c control.
・9.8 percent relative increase in the number of patients with diabetes achieving blood pressure control.
Chronic heart disease performance.
・18.6 percent relative improvement in blood pressure screening and follow-up.
・9.5 percent relative improvement in patients with chronic heart disease achieving blood pressure control.
・5.6 percent relative increase in the number of patients with high cholesterol who receive a prescription for an appropriate statin medication.
Immunizations and screening.
・34.7 percent relative improvement in the number of adults who are up-to-date with tetanus, diphtheria, varicella, pneumococcal, influenza, and herpes zoster/shingles.
・5.8 percent relative improvement in adult body mass index (BMI) screening and follow-up.
・5.3 percent relative improvement in BMI assessment in children.

 

 

テック産業がヘルスケア分野へ続々参入(米国)
https://www.jetro.go.jp/biz/areareports/2019/7f61e78818a383cd.html
ヘルスケアは3兆ドル市場
「デジタルヘルス」や「ヘルステック」とは、最新のテクノロジーとヘルスケアが交わる分野を指す。米国では近年、このデジタルヘルス・ヘルステック分野で、大手テック企業やスタートアップの動きが盛んだ。マッキンゼーの分析によると、ヘルスケアのデジタル化指数(注1)は22産業中19位と、デジタル化が遅れているため、目覚ましく進歩する人工知能(AI)を応用できる可能性が大きい。また、米国の医療費は約3兆ドル(注2)と、市場規模も大きい。

 

 

米国EHR導入率 1位ワイオミング州78.6%、ベンダーはエピックで13.5%
https://wp.me/p6NPV7-1KI

患者ポータル厳選TOP10ベンダー
https://wp.me/p6NPV7-1MX

米国EHR満足度調査
https://wp.me/p6NPV7-Ey

米国電子カルテシェア 各州別ベンダー別TOP5
https://wp.me/p2Xv05-cA

PHR普及を成功させる3つのポイント
https://wp.me/p2Xv05-oZ

2015年はエピックの年
https://wp.me/p2Xv05-88

英国、ジャンクフード関連広告は午後9時以降禁止に
https://wp.me/p6NPV7-3W9

消費データに基づくヘルスケア体制「Retailization of Healthcare」(医療のリテライゼーション)
https://wp.me/p6NPV7-4aY

医療の質とP4P、消費データや地域情報(住居の環境データ等)まで把握したアウトカム評価
https://wp.me/p6NPV7-4bG

1日分消費カロリーを超える食事には高い税を設ける 消費税の次は「シュガータックス(砂糖税・ソーダ税)」
https://wp.me/p6NPV7-3Tu

「消費者が実際に動くこと(行動経済学)」患者エンゲージメント
https://wp.me/s6NPV7-medisafe

電子カルテデータを活用する新事業

電子カルテ不正アクセス時のプライバシー調査(KFF)

米カイザーファミリー財団の調査。
医療機関で日常的に電子カルテ入力をしているという割合が2009年46%→2019年88%とほぼ倍増。
若年層ほど不正アクセスに寛容。っというより健康なので関係ないとの認識か。

◆自身の医療記録(電子カルテ)の不正アクセスについてプライバシー調査
18~29歳: 17%が非常に心配、25%がやや心配(42%)
30~49歳: 28%が非常に心配、28%がやや心配(56%)
50~64歳: 37%が非常に心配、23%がやや心配(60%)
65歳以上: 29%が非常に心配、24%がやや心配(53%)

◆自身の健康記録に誤りがあるのではないかと心配している
「非常に心配している」(22%)
「やや心配している」(23%)
「それほど心配していない」(32%)
「まったく心配していない」(22%)

◆5人に1人(21%)は、電子カルテ情報に誤りがあることに気づいている。
最も多いのは病歴(9%)、次いで不正確な個人情報(5%)、不正確な検査または検査結果(3%)、不正確な投薬または処方箋情報(3%)、請求に関する問題(1%未満)。

Data Note: Public’s Experiences With Electronic Health Records | The Henry J. Kaiser Family Foundation
https://www.kff.org/other/poll-finding/data-note-publics-experiences-with-electronic-health-records/
Young patients less concerned about unauthorized access to their EHRs, survey finds
Jackie Drees
https://www.beckershospitalreview.com/ehrs/young-patients-less-concerned-about-unauthorized-access-to-their-ehrs-survey-finds.html

9287-figure-4.jpg

9287-figure-5.jpg

 

9287-figure-6.jpg

電子カルテ不正アクセス時のプライバシー調査(KFF)