オープンデータを活用した地域医療分析に基づく中・長期的な戦略策定セミナー

「オープンデータを活用した地域医療分析に基づく中・長期的な戦略策定」と題し、東京医科歯科大学大学院 伏見 清秀教授、国際医療福祉大学 石川 ベンジャミン 光一教授によるセミナーを開催!!
2019/01/22 14:00PR TIMES
https://news.nicovideo.jp/watch/nw4705855

オープンデータを活用した
地域医療分析に基づく中・長期的な戦略策定

【セミナー詳細】
http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19087.html

【開催日時】
2019年 2月25日(月) 午後2時~午後5時

【会場】
SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F

【講師】

東京医科歯科大学大学院 医療政策情報学分野 教授
同医学部附属病院 クオリティ・マネジメント・センター長
国立病院機構本部 総合研究センター 診療情報分析部長
伏見 清秀氏

国際医療福祉大学 赤坂心理・医療福祉マネジメント学部 医療マネジメント学科
同 大学院 医学研究科 教授
石川 ベンジャミン 光一氏

【重点講義内容】

I. DPCデータ活用による医療評価と地域医療構想の方向性【14:00~15:20】

東京医科歯科大学大学院 医療政策情報学分野 教授
同医学部附属病院 クオリティ・マネジメント・センター長
国立病院機構本部 総合研究センター 診療情報分析部長
伏見 清秀氏

平成30年度の診療報酬改定では、DPC制度の改定と共に、
病床機能報告制度と地域医療構想に「寄り添う」改定が行われた。
地域医療提供体制の変革が予想される中、本演では、
DPCデータに基づく診療報酬評価、医療の質評価、病院機能評価等の現状をまとめ、
さまざまな医療データを活用した地域医療構想の考え方とその方向性を示したい。

1.CCPマトリックス、質指標などのDPCデータによる医療評価のあり方
2.地域医療構想と急性期病院の今後
3.病床機能報告と医療機能分析による機能分化の方向性
4.地域医療需要推計と病床機能分化の課題
5.質疑応答

II. オープンデータを活用した地域医療分析に基づく中・長期的な戦略の検討【15:30~17:00】

国際医療福祉大学 赤坂心理・医療福祉マネジメント学部 医療マネジメント学科
同 大学院 医学研究科 教授
石川 ベンジャミン 光一氏

平成30年度の診療報酬改定では、DPC制度の改定と共に、
病床機能報告制度とDPC調査や病床機能報告の結果が
オープンデータとして公開されることにより、
今までにないレベルで地域の医療提供体制を把握することが可能になっている。
本講演ではBIツールにより可視化したデータに基づいて
SWOT/PPMなどの視点から分析した事例を用いて、
中・長期的な外部環境の変化を見越した戦略策定の方法論を示す。
1.実効性のある戦略を策定するために必要なステップ
2.地域の医療提供体制における自院のポジショニング
3.今後の医療需要の変化を見越した戦略の調整
4.地域全体での最適化に向けての課題
5.質疑応答

オープンデータを活用した地域医療分析に基づく中・長期的な戦略策定セミナー

McAfee ホワイトリスト登録完了

DPC連絡0015
平成30年7月26日
DPC対象病院 連絡担当者殿
DPC準備病院 連絡担当者殿
出来高算定病院 連絡担当者殿

DPC調査事務局

【重要】McAfee ホワイトリスト登録完了のお知らせ

https://www.prrism.com/dpc/renraku20180726_P0015.pdf

日頃よりDPC 導入の影響評価に係る調査にご協力頂きありがとうございます。

平成30年度形式チェックソフト(Ver9.3.3)のモジュール「D_C9p.exe」と
「D_C10.exe」がウィルスと誤認され、正常動作しなくなる事例が報告され
たため7月19日に「McAfee をご使用の施設様へのお知らせ」をお送り
させていただきましたが、McAfee 社より、ウィルス誤認検知についての
修正対応(ホワイトリスト登録)完了の報告がございました。
事務局においても誤認検知されないことを確認いたしました。

お手数ですが、ご使用のMcAfee 製品について最新のパターンファイルに
更新していただきますようお願いいたします。(7月26日以降にパターン
ファイルを更新いただければ誤認検知されなくなります。)

最新のパターンファイルに更新いただいた後は、McAfeeを無効にすること
なく、通常通りにダウンロード、インストール、ご使用をいただくことが
可能です。
この度は大変ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、ご対応の程
宜しくお願い申し上げます。

McAfee ホワイトリスト登録完了

DPC様式3に看護必要度データの報告追加

H30年度の新たな追加内容
様式3-3看護必要度の入力(毎月3カ月平均)
様式3-4病床機能報告の病棟コードやEFファイル及びHファイルの病棟コード入力等

↓↓↓

平成30年度DPC導入の影響評価に係る調査関連情報
http://www.prrism.com/dpc/18dpc.html
平成30年度「DPC導入の影響評価に係る調査」にかかるFAQ
http://www.prrism.com/dpc/H30chosaFAQ_20180518.pdf
様式3ファイル
http://www.prrism.com/dpc/ff3_2018.xls
各月1日時点の入院料等の届出における重症度、医療・看護必要度に係る入院患者の直近3月の状況を入力して下さい。
例えば、4月の欄には1~3月の「入院患者延べ数」及び「基準を満たす患者の延べ数」を入力します。
一般病棟用の重症度、医療・看護必要度に係る評価票Ⅰ又はⅡが選択可能な場合は、「評価票」に「1」(Ⅰの場合)又は「2」(Ⅱの場合)を入力して下さい。
なお、平成30年3月31日において、現に当該入院料等の届出を行っている場合は、4~9月欄は一般病棟用の重症度、医療・看護必要度ⅠまたはⅡを任意で選択して下さい。
各月1日時点で当該入院料等の届出を行ってない場合は、「入院患者延べ数」及び「基準を満たす患者の延べ数」は「0」、「評価票」は「×」を入力して下さい。
また、平成30年3月31日において、現に脳卒中ケアユニット入院医療管理料の届出を行っている場合も4~9月欄は「0」を入力して下さい。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

 

DPC様式3に看護必要度データの報告追加

DPC診断群分類数4,955、支払分類数2,462ともに過去最高 ますます複雑に

診断群分類点数表の見直し(概要)
・診断群分類の見直しを行い、診断群分類数等は以下の通り
・平成30年度より使用するICD-10コードは2013年度版とする。

dpc-bunruisu2018.jpg

DPC診断群分類数4,955、支払分類数2,462ともに過去最高 ますます複雑に

DPC平均在院日数 年々短縮傾向、Ⅱ群は11.80日に

中央社会保険医療協議会総会
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-chuo.html?tid=128154
中央社会保険医療協議会 総会(第386回) 議事次第
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000191961.html

h28dpc-alos.jpg

DPC平均在院日数 年々短縮傾向、Ⅱ群は11.80日に

DPC個別指導指摘事項(H29.4-9)最新版 自主返還事例

九州地域のDPC個別指導指摘事項(H29.4-9)最新版

H29上半期 九州地域「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
https://wp.me/p6NPV7-2Z0

以下、DPC部分を抜粋。

----------------------

1 診断群分類及び傷病名
(1)妥当と考えられる診断群分類番号と異なる診断群分類番号で算定している次のような不適切な例が認められたので改めること。このような例については算定できないので改めること。今回の指導を真摯に受け止め、根本的な体制の見直しを行うこと。
①皮膚感染症の患者に対し、診断根拠のない敗血症でコーディングしている例。
②院内転倒による骨折にもかかわらず、一度退院として入院をリセットしている例。
③リハビリテーションが本来の入院目的であるにもかかわらず、診断根拠のない認知症を主傷病名としている例。

----------------------

1 診断群分類及び傷病名
(1)妥当と考えられる診断群分類番号と異なる診断群分類番号で算定している次の不適切な例が認められたので改めること。
①「最も医療資源を投入した傷病名」(ICD-10傷病名)の選択が医学的に妥当ではない。
ア 実際には「血友病」であるところ「喉頭浮腫」を選択
イ 実際には「クローン病」であるところ「MRSA感染症」を選択
2 包括評価用診療報酬明細書の記載について、次の不適切な例が認められたので改めること。
(1)「傷病情報」欄について、記載が不適切である。
①「入院時併存傷病名」と「入院後発症傷病名」について、正しい区分に記載していない(入院時に併存していた「高血圧症」、「慢性十二指腸潰瘍」、「腰痛症」を「入院後発症傷病名」欄に記載)。
3 包括評価に関わるその他の事項
(1)包括範囲について、理解が誤っている次の例が認められたので改めること。
①人工腎臓「3その他の場合」に当たって使用した特定保険医療材料に係る費用を出来高で算定している(例ダイアライザー)。

----------------------

「Ⅲ.請求事務等に係る事項の3.届出事項」で指摘した事項
(1)DPC算定患者については、当該施設基準を充足しなくなった日の属する月の翌月(施設基準を充足しなくなつた日が月の初日の場合は当該月)からの期間の全DPC算定患者について、適正な施設基準の届出を行った場合の医療機関別係数により算定した額との差額。
①医師事務作業補助体制加算
②急性期看護補助体制加算
③看護職員夜間配置加算
④栄養サポートチーム加算
⑤病棟薬剤業務実施加算1
⑥移植後患者指導管理料(臓器移植後)
⑦移植後患者指導管理料(造血幹細胞移植後)
⑧糖尿病透析予防指導管理料
⑨院内トリアージ実施料

(2)出来高算定患者については、当該施設基準を充足しなくなった日の属する月の翌月(施設基準を充足しなくなった日が月の初日の場合は当該月)からの期間において、当該施設基準を算定している患者について、適正な施設基準の届出を行った場合の所定点数との差額。
①医師事務作業補助体制加算
②急性期看護補助体制加算
③看護職員夜間配置加算
④栄養サポートチーム加算
⑤病棟薬剤業務実施加算1
⑥移植後患者指導管理料(臓器移植後)
⑦移植後患者指導管理料(造血幹細胞移植後)
⑧糖尿病透析予防指導管理料
⑨院内トリアージ実施料

上記「包括評価に係る事項の1.診断群分類及び傷病名」で指摘した事項
(1)診断群分類番号・ICD-10傷病名が妥当と考えられない場合は、妥当と考えられる診断群分類番号・ICD-10傷病名による請求との差額。
(2)包括評価に関わるその他の事項で指摘した事項
①不適切に算定された特定保険医療材料については、その全額。

----------------------

Ⅱ.診療に係る事項
1.診療録等
(2) DPCの算定を行っている患者において、次のような不適切な退院時要約の例が認められた。退院時要約は、主治医がその患者の必要にして十分な事柄を自分の言葉でまとめ、他の医師がその退院時要約を見ただけで患者の必要事項が一目瞭然に確認できるようにまとめるべきものである。
今後は、このような観点に立って退院時要約を作成すること。
なお、退院時要約はリレー競技におけるバトンの役割を果たすものであり、迅速に作成することはもとより、簡潔で分かり易い情報伝達が必要となる。このためにも、作成者自身にとって関心がある部分だけでなく全ての項目について過不足なく記載すること、また概ねA4サイズの用紙1枚に収めるようにするなど、簡潔な記載とすること。
①作成者自らの関心がある部分しか記載していない例。
②医療資源を大量に投入したという評価がなされているリハビリテーション関連の記載が全くないか、又は記載が乏しい例。
③画像診断の内容を自分の言葉で要約せず、放射線部門からの画像診断のレポートをそのままコピーして貼り付けている例。
④病理診断の内容を自分の言葉で要約せず、病理部門からの診断のレポートをそのままコピーして貼り付けている例。
⑤院内転倒に起因する手術にもかかわらず、退院時要約の内容が不正確である例。
(日時の記載において時系列の齪齪が認められた。)主治医は、他の部門の記録をコピーペーストするのではなく、主治医自身が全ての記載内容を精査し、時系列の齟齬が発生しないように留意すること。

----------------------

(関連)適時調査指摘事項
「診療録管理体制加算1の基準」に関する事項
・退院日の翌日から起算して14日以内に退院時要約が作成された者の数の計上が誤っていたので、チェック体制を整えること。
・「保険医療機関及び保険医療養担当規則」第9条(帳簿等の保存)において、患者の診療録はその完結の日から5年間保存しなければならないと示されているので、退院後5年経過すれぱ一律に破棄できるものではないことに留意すること。
・診療記録管理者の業務については、診療情報の管理、入院患者についての疾病統計を行うものと示されているので、施設基準に沿った業務内容に改めること。
・中央病歴管理室は設置されているものの、同室内に患者サポート体制充実加算に規定する相談窓口が設置されており、セキュリティーの観点から不適切であるので改めること。

DPC個別指導指摘事項(H29.4-9)最新版 自主返還事例

保護中: H29上半期 九州地域「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: H29上半期 九州地域「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料