Uber Health(患者送迎)戦略 電子カルテに予約患者の搬送スケジュールも組み込む

日本の地域包括ケアシステムの未来

↓↓↓

ヘルステック、ユーザー重視の医療を実現へ Early Stage 米国発
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50199000V20C19A9XY0000/

スーパーシティ スマートシティフォーラム2019
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/supercity/supercityforum2019/supercityforum2019.html
Uber Health(患者送迎)戦略
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/supercity/supercityforum2019/190629_shiryou_10_03.pdf
経済産業省
https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/fiber/index.html
新しい「体験」を創造できる企業が勝つ時代
https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/fiber/pdf/190701seni_kadai_torikumi.pdf
新しい「体験」を創造できる企業が勝つ時代

電子カルテ業界2位ベンダーCernerと提携「Uber Health」
https://www.businessinsider.com/uber-health-integrates-with-cerner-electronic-health-record-system-2019-10
電子カルテに予約患者の搬送スケジュールも組み込む
医師が電子カルテで患者氏名・住所から送迎予約「Uber Health」を直接入力
Uber Healthは2019年末までに乗用車22,000台を確保

米国では交通機関へのアクセスが確保できず、定期受診ができない患者が約360万人おり、健康の社会的決定要因(SDH)で継続的ケアプランが確保できれば、症状悪化による医療コスト1,500億ドルが削減可能と試算されている。

慢性疾患管理を妨げることなく、また救急部門の病院搬送・帰宅搬送のリソースコストが削減できる。

フロリダ州タンパベイにあるBayCareでは、退院決定から帰宅調整までにUber Healthの利用が決定できれば、当日の退院がスムーズに進み業務が65分改善できたと報告されている。

********************************

高齢者の移動手段確保に向けた最近の動きについて

「ポピュレーション・ヘルス」モデルへの移行
https://wp.me/p6NPV7-4xA
ウーバーとリフト、「病院への送迎」は活路となるか
https://wp.me/p6NPV7-4xx

 

地域医療連携推進法人や社会福祉連携推進法人の可能性!
例)さがみメディカルパートナーズ 給食サービスの共同利用、患者・利用者の送迎一元化
https://wp.me/p6NPV7-4la

 

小売り施設内に医療施設・薬局も併設

↓↓↓

高齢者をイオン九州やイオンモールの店舗まで送迎し、フードコートなどの広い場所を活用して健康チェックや体操を行い、実際の買い物を通して歩行訓練や認知機能訓練を実施。 

In Dallas, Georgia, Walmart Unveils Enhanced Store Experience and First-Ever Walmart Health Center
https://corporate.walmart.com/newsroom/2019/09/13/in-dallas-georgia-walmart-unveils-enhanced-store-experience-and-first-ever-walmart-health-center

Walmart Health Center.jpg

CVS、WALGREENS、WALMARTの健康管理重視の店舗比較

CVSのHEALTHHUBオープン 慢性疾患が多い都市に続々開設中

CVSのヘルスケアリテライゼーション成果

大手チェーン台頭 茨城県内中小薬局、生き残り模索 リアルに進む米CVS「MINUTE CLINIC」の日本版

イオン増収増益 経常利益は過去最高を更新

豪州版ヘルスケアリテライゼーション コンビニで医薬品販売の検討

 

Uber Health(患者送迎)戦略 電子カルテに予約患者の搬送スケジュールも組み込む

アマゾン、AWSで営業利益の7割を稼ぐ 医療情報システム向けも好調

1位の座を巡りウォルマートと競争激化とのこと。
AWSで営業利益の7割を稼ぐアマゾン躍進に揺るぎなし。
医療情報向けも電子カルテの巨人CernerとAI開発で強み。

↓↓↓

アマゾン踊り場、純利益4%増 柱のクラウド競争激化
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47808310W9A720C1000000/
>クラウドサービス「AWS」部門の売上高は37%増の83億8100万ドル。営業利益は29%増の21億2100万ドルで、営業利益全体の7割近くを稼いだ。人工知能(AI)を使ったデータ解析などの需要が伸びた。

広告好転のアルファベット、「敵」はアマゾンと独禁当局
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47811460W9A720C1000000/

*********************************************

医療情報システム向け「Amazon Web Services」利用リファレンスの公開
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/aws-medical-information-guidelines-jp/
クラウドでの医療提供者と保険会社
https://aws.amazon.com/jp/health/providers-and-insurers/
AmazonのAWSクラウドサービスで医療データの保存、保護、最適化
https://aws.amazon.com/jp/blogs/architecture/store-protect-optimize-your-healthcare-data-with-aws/
Why Cerner Chose AWS to Power its Machine Learning and Artificial Intelligence, AWS San Francisco Summit 2018
https://aws.amazon.com/jp/solutions/case-studies/Cerner/

Ryan Hamilton, SVP of Population Health at Cerner, describes how Cerner uses AWS and big data to gain actionable, real-time insights, simplifying healthcare delivery while reducing costs for payers, providers, and patients. Cerner, one of the leading suppliers of health information technology (HIT) solutions, chose AWS for its global reach and breadth of services, including machine learning and artificial intelligence.

https://aws.amazon.com/jp/compliance/medical-information-guidelines/

“アマゾン” の検索結果 – 九州医事研究会ニュース
https://qmir.wordpress.com/?s=アマゾン

アマゾン、AWSで営業利益の7割を稼ぐ 医療情報システム向けも好調

電子カルテデータを活用する新事業

さて、数年後の勝者はどこになるか。なんだかんだ業界一のレコメンデーションをもち消費データに強いアマゾンかなあ。

・EHRベンダーの巨人Cerner、業界2位Epic、3位Allscriptsの動向
・AppleのiPhoneツール「Health Records」
・Amazonの「Amazon Comprehend Medical」
・Googleの「Cloud Healthcare API」
・薬局データ、検査ラボデータから患者の記録を集めるEvolent Health

↓↓↓

The Investment Opportunities in Electronic Health Records – Barron’s
https://www.barrons.com/articles/electronic-health-records-investing-51558130302

2017-01-19-remote-diagnostics

******************************

Amazon Comprehend
https://aws.amazon.com/jp/comprehend/

Amazon Comprehend Medical を使用して、構造化されていないテキストから複雑な医療情報を抽出することができます。このサービスは、医師のメモ、治験の総括報告書 、患者の健康記録などのさまざまな情報源から、病状、投薬、投薬量、強さ、頻度などの医療情報を特定することができます。Amazon Comprehend Medical では、抽出した投薬と試験、治療、および分析をより簡単にするための手順についての情報の間にある関係を見出します。例えば、このサービスは、構造化されていない臨床メモから特定の投薬に関連する特定の投薬量、強さ、および頻度を識別できます。

新機能 – Amazon Comprehend Medical – ヘルスケア業界のお客様のための自然言語処理
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/amazon-comprehend-medical-jp/
Amazon Comprehend Medicalを用いた臨床実体の抽出及び可視化
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/extract-and-visualize-clinical-entities-using-amazon-comprehend-medical/
Amazon Comprehend MedicalとAmazon Rekognitionを使用した医療画像の匿名化
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/de-identify-medical-images-with-the-help-of-amazon-comprehend-medical-and-amazon-rekognition/

******************************

iOS – ヘルスケア – Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/ios/health/
iPhoneの「ヘルスケア」Appでヘルスケアレコードを読み込む
https://support.apple.com/ja-jp/guide/iphone/import-health-records-iphb607cf170/ios

「ヘルスケア」Appの「ヘルスケアデータ」画面。「アクティビティ」、「マインドフルネス」、「栄養」、「睡眠」のカテゴリが表示されています。右上にはプロフィールボタンがあります。下部には左から順に、「今日」、「ヘルスケアデータ」、「ソース」、「メディカルID」タブがあります。

******************************

Google「Cloud Healthcare API」
https://cloud.google.com/healthcare/
Cloud Healthcare API documentation
https://cloud.google.com/healthcare/docs/
Google Cloud for Healthcare: new APIs, customers, partners and security updates
https://blog.google/products/google-cloud/google-cloud-healthcare-new-apis-customers-partners-and-security-updates/

サノフィとグーグル、AIによる新薬開発で提携
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46333760Q9A620C1000000/
製薬大手の仏サノフィ グーグルと糖尿病治療で提携
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM31H6R_R00C15A9EAF000/
サノフィとグーグルが新しいヘルスケアイノベーションラボを開発
http://www.ehealthnews.eu/industry/5881-sanofi-and-google-to-develop-new-healthcare-innovation-lab

 

Evolent Health
https://www.evolenthealth.com/

Evolent Health.jpg

Value-Based Care News Digest – June 2019
https://knowledge.evolenthealth.com/home/value-based-care-news-digest-june-2019

Increased Visibility into Value-Based Performance Results in $2.1M in Additional Pay for Performance
https://www.healthcatalyst.com/success_stories/improving-value-based-performance-utmb
23 of 32 performance measures—nearly 72 percent—have improved, including:
Chronic diabetes care performance.
・39.2 percent relative increase in completion and documentation of an annual foot exam.
・18 percent relative decrease in the number of patients with poor HbA1c control.
・9.8 percent relative increase in the number of patients with diabetes achieving blood pressure control.
Chronic heart disease performance.
・18.6 percent relative improvement in blood pressure screening and follow-up.
・9.5 percent relative improvement in patients with chronic heart disease achieving blood pressure control.
・5.6 percent relative increase in the number of patients with high cholesterol who receive a prescription for an appropriate statin medication.
Immunizations and screening.
・34.7 percent relative improvement in the number of adults who are up-to-date with tetanus, diphtheria, varicella, pneumococcal, influenza, and herpes zoster/shingles.
・5.8 percent relative improvement in adult body mass index (BMI) screening and follow-up.
・5.3 percent relative improvement in BMI assessment in children.

 

 

テック産業がヘルスケア分野へ続々参入(米国)
https://www.jetro.go.jp/biz/areareports/2019/7f61e78818a383cd.html
ヘルスケアは3兆ドル市場
「デジタルヘルス」や「ヘルステック」とは、最新のテクノロジーとヘルスケアが交わる分野を指す。米国では近年、このデジタルヘルス・ヘルステック分野で、大手テック企業やスタートアップの動きが盛んだ。マッキンゼーの分析によると、ヘルスケアのデジタル化指数(注1)は22産業中19位と、デジタル化が遅れているため、目覚ましく進歩する人工知能(AI)を応用できる可能性が大きい。また、米国の医療費は約3兆ドル(注2)と、市場規模も大きい。

 

 

米国EHR導入率 1位ワイオミング州78.6%、ベンダーはエピックで13.5%
https://wp.me/p6NPV7-1KI

患者ポータル厳選TOP10ベンダー
https://wp.me/p6NPV7-1MX

米国EHR満足度調査
https://wp.me/p6NPV7-Ey

米国電子カルテシェア 各州別ベンダー別TOP5
https://wp.me/p2Xv05-cA

PHR普及を成功させる3つのポイント
https://wp.me/p2Xv05-oZ

2015年はエピックの年
https://wp.me/p2Xv05-88

英国、ジャンクフード関連広告は午後9時以降禁止に
https://wp.me/p6NPV7-3W9

消費データに基づくヘルスケア体制「Retailization of Healthcare」(医療のリテライゼーション)
https://wp.me/p6NPV7-4aY

医療の質とP4P、消費データや地域情報(住居の環境データ等)まで把握したアウトカム評価
https://wp.me/p6NPV7-4bG

1日分消費カロリーを超える食事には高い税を設ける 消費税の次は「シュガータックス(砂糖税・ソーダ税)」
https://wp.me/p6NPV7-3Tu

「消費者が実際に動くこと(行動経済学)」患者エンゲージメント
https://wp.me/s6NPV7-medisafe

電子カルテデータを活用する新事業

200床以下病院の電子カルテベンダー別シェア

米国の急性期病院の78%が200床以下の病院。
その200床以下の病院の電子カルテベンダー別シェア。
1. Epic 25.8%
2. Cerner 24.6%
3. MEDITECH 16.6%
4. CPSI 10.8%
5. McKesson 4.6%
6. MEDHOST 4.0%
7. Allscripts 3.5%
8. athenahealth 1.6%

ach_ehr

“200床以下病院の電子カルテベンダー別シェア” の続きを読む

200床以下病院の電子カルテベンダー別シェア

米国EHR満足度調査2016

下記2点を追加

・米国EHR満足度調査2016  なぜエピックの満足度が高いのか?(記事参照)
・医療制度世界ランキングにブルームバーグ2016最新調査を追加 日本は5位

ehr_us

“米国EHR満足度調査2016” の続きを読む

米国EHR満足度調査2016