「Amazonビジネス」病院や介護施設で利用者激増

アマゾンのECやクラウドで存在感増す医療・介護分野
営業やサポート体制を強化
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/02288/
AMAZONビジネス
https://www.amazon.co.jp/businessprime

「Amazon Comprehend Medical」
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/amazon-comprehend-medical-jp/

「Amazonビジネス」病院や介護施設で利用者激増

電子カルテデータを活用する新事業

さて、数年後の勝者はどこになるか。なんだかんだ業界一のレコメンデーションをもち消費データに強いアマゾンかなあ。

・EHRベンダーの巨人Cerner、業界2位Epic、3位Allscriptsの動向
・AppleのiPhoneツール「Health Records」
・Amazonの「Amazon Comprehend Medical」
・Googleの「Cloud Healthcare API」
・薬局データ、検査ラボデータから患者の記録を集めるEvolent Health

↓↓↓

The Investment Opportunities in Electronic Health Records – Barron’s
https://www.barrons.com/articles/electronic-health-records-investing-51558130302

2017-01-19-remote-diagnostics

******************************

Amazon Comprehend
https://aws.amazon.com/jp/comprehend/

Amazon Comprehend Medical を使用して、構造化されていないテキストから複雑な医療情報を抽出することができます。このサービスは、医師のメモ、治験の総括報告書 、患者の健康記録などのさまざまな情報源から、病状、投薬、投薬量、強さ、頻度などの医療情報を特定することができます。Amazon Comprehend Medical では、抽出した投薬と試験、治療、および分析をより簡単にするための手順についての情報の間にある関係を見出します。例えば、このサービスは、構造化されていない臨床メモから特定の投薬に関連する特定の投薬量、強さ、および頻度を識別できます。

新機能 – Amazon Comprehend Medical – ヘルスケア業界のお客様のための自然言語処理
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/amazon-comprehend-medical-jp/
Amazon Comprehend Medicalを用いた臨床実体の抽出及び可視化
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/extract-and-visualize-clinical-entities-using-amazon-comprehend-medical/
Amazon Comprehend MedicalとAmazon Rekognitionを使用した医療画像の匿名化
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/de-identify-medical-images-with-the-help-of-amazon-comprehend-medical-and-amazon-rekognition/

******************************

iOS – ヘルスケア – Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/ios/health/
iPhoneの「ヘルスケア」Appでヘルスケアレコードを読み込む
https://support.apple.com/ja-jp/guide/iphone/import-health-records-iphb607cf170/ios

「ヘルスケア」Appの「ヘルスケアデータ」画面。「アクティビティ」、「マインドフルネス」、「栄養」、「睡眠」のカテゴリが表示されています。右上にはプロフィールボタンがあります。下部には左から順に、「今日」、「ヘルスケアデータ」、「ソース」、「メディカルID」タブがあります。

******************************

Google「Cloud Healthcare API」
https://cloud.google.com/healthcare/
Cloud Healthcare API documentation
https://cloud.google.com/healthcare/docs/
Google Cloud for Healthcare: new APIs, customers, partners and security updates
https://blog.google/products/google-cloud/google-cloud-healthcare-new-apis-customers-partners-and-security-updates/

サノフィとグーグル、AIによる新薬開発で提携
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46333760Q9A620C1000000/
製薬大手の仏サノフィ グーグルと糖尿病治療で提携
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM31H6R_R00C15A9EAF000/
サノフィとグーグルが新しいヘルスケアイノベーションラボを開発
http://www.ehealthnews.eu/industry/5881-sanofi-and-google-to-develop-new-healthcare-innovation-lab

 

Evolent Health
https://www.evolenthealth.com/

Evolent Health.jpg

Value-Based Care News Digest – June 2019
https://knowledge.evolenthealth.com/home/value-based-care-news-digest-june-2019

Increased Visibility into Value-Based Performance Results in $2.1M in Additional Pay for Performance
https://www.healthcatalyst.com/success_stories/improving-value-based-performance-utmb
23 of 32 performance measures—nearly 72 percent—have improved, including:
Chronic diabetes care performance.
・39.2 percent relative increase in completion and documentation of an annual foot exam.
・18 percent relative decrease in the number of patients with poor HbA1c control.
・9.8 percent relative increase in the number of patients with diabetes achieving blood pressure control.
Chronic heart disease performance.
・18.6 percent relative improvement in blood pressure screening and follow-up.
・9.5 percent relative improvement in patients with chronic heart disease achieving blood pressure control.
・5.6 percent relative increase in the number of patients with high cholesterol who receive a prescription for an appropriate statin medication.
Immunizations and screening.
・34.7 percent relative improvement in the number of adults who are up-to-date with tetanus, diphtheria, varicella, pneumococcal, influenza, and herpes zoster/shingles.
・5.8 percent relative improvement in adult body mass index (BMI) screening and follow-up.
・5.3 percent relative improvement in BMI assessment in children.

 

 

テック産業がヘルスケア分野へ続々参入(米国)
https://www.jetro.go.jp/biz/areareports/2019/7f61e78818a383cd.html
ヘルスケアは3兆ドル市場
「デジタルヘルス」や「ヘルステック」とは、最新のテクノロジーとヘルスケアが交わる分野を指す。米国では近年、このデジタルヘルス・ヘルステック分野で、大手テック企業やスタートアップの動きが盛んだ。マッキンゼーの分析によると、ヘルスケアのデジタル化指数(注1)は22産業中19位と、デジタル化が遅れているため、目覚ましく進歩する人工知能(AI)を応用できる可能性が大きい。また、米国の医療費は約3兆ドル(注2)と、市場規模も大きい。

 

 

米国EHR導入率 1位ワイオミング州78.6%、ベンダーはエピックで13.5%
https://wp.me/p6NPV7-1KI

患者ポータル厳選TOP10ベンダー
https://wp.me/p6NPV7-1MX

米国EHR満足度調査
https://wp.me/p6NPV7-Ey

米国電子カルテシェア 各州別ベンダー別TOP5
https://wp.me/p2Xv05-cA

PHR普及を成功させる3つのポイント
https://wp.me/p2Xv05-oZ

2015年はエピックの年
https://wp.me/p2Xv05-88

英国、ジャンクフード関連広告は午後9時以降禁止に
https://wp.me/p6NPV7-3W9

消費データに基づくヘルスケア体制「Retailization of Healthcare」(医療のリテライゼーション)
https://wp.me/p6NPV7-4aY

医療の質とP4P、消費データや地域情報(住居の環境データ等)まで把握したアウトカム評価
https://wp.me/p6NPV7-4bG

1日分消費カロリーを超える食事には高い税を設ける 消費税の次は「シュガータックス(砂糖税・ソーダ税)」
https://wp.me/p6NPV7-3Tu

「消費者が実際に動くこと(行動経済学)」患者エンゲージメント
https://wp.me/s6NPV7-medisafe

電子カルテデータを活用する新事業