AHIMA米国給与調査結果2019年HIMプロフェッショナル

AHIMA US Salary Survey Results
HIM Professionals in 2019

AHIMA conducted a US salary survey for the health information management profession in the Spring of 2019. Our findings reflect the experiences and perspectives of more than 3,000 US health information professionals.

The report is a snapshot of the status of health information professional compensation in the United States. To enable informed compensation decisions, please use the findings in combination with additional, highly respected and credible resources.

Download the 2019 US Salary Survey Report now!
http://ahima.org/topics/salarysurvey

Average Salary by Numbers of Years in the HIM Industry

HIM Professionals in 2019.jpg

Average Salary by Numbers of Years in the HIM Industry.jpg

クリックしてpdfview.pdfにアクセス

診療情報管理士「現況調査アンケート」
女性中心の職場なのだから学会や専門会の半数以上は女性で占める 役員幹部の意識改革が必要
https://wp.me/p6NPV7-4no

女性役員割合 看護協会98.3% 栄養士会56.5%
女性の業界なのに女性の活躍場を奪う業界寄生「こどおじ」は即時退場を。
https://wp.me/p6NPV7-4y2

HIMキャリアラダーの必要性
https://wp.me/p6NPV7-4ui

AHIMAキャリアマップの検証

AHIMA役員選挙 「情報」活用へ一層シフト

米国TEFCAドラフト2へのAHIMA意見書

AHIMAの組織改革

AMIA・AHIMA 患者エンゲージメント推進

AHIMA2018 HIMの労働環境と今後の業務変遷

医療IT推進する女性リーダーにAHIMA CEO選出

AHIMA米国給与調査結果2019年HIMプロフェッショナル

The Future of HIM (HIMの未来)新しいトレンド

The Future of HIM: Lessons Learned from Uber, Youtube, AirBnB, and Others
https://ahima.confex.com/ahima/91am/meetingapp.cgi/Session/14527

Potential New Roles for HIM Professionals  session14527_1
1. Director of Enterprise Risk Management
2. Patient Portal Coordinator/EHR Analyst
3. Medical Scribes
4. Coding Educator or Auditor
5. Revenue Cycle Analyst
6. Clinical Charge Audit Analyst
7. Patient Advocate

Potential New Roles for HIM Professionals.jpg

9月14日~18日までの資料がダウンロード可能(期間限定のためお早目のチェックを)

The AHIMA19: Health Data and Information Conference (formerly AHIMA Convention and Exhibit)
https://www.ahima.org/conference/geninfo
2019 Chicago, IL 9/14-9/18
2020 Atlanta, GA 10/14-10/17
2021 Houston, TX 9/18 – 9/22

Clinical Coding Meeting
https://ahima.confex.com/ahima/91am/meetingapp.cgi/Program/1354
Privacy and Security Institute
https://ahima.confex.com/ahima/91am/meetingapp.cgi/Program/1355
Leadership Workshop: VUCA Training & Voices of Leadership
https://ahima.confex.com/ahima/91am/meetingapp.cgi/Session/14842
Pre-Meeting Workshops
https://ahima.confex.com/ahima/91am/meetingapp.cgi/Program/1352

The Future of HIM (HIMの未来)新しいトレンド

VUCA(ブーカ)時代のHIMリーダーシップ

■VUCA(ブーカ)時代のHIMリーダーシップ
情報を握る部門(現場)が強くなるべく求められる自律型組織化

変化が激しいVUCA時代に地域共生社会の実現と事業性の両輪で成功していくためには、これまでのように院長のカリスマ型の強力なリーダーシップだけでは太刀打ちできなくなっている。

AI医療時代や地域包括ケア(地域共生社会)時代では、自らが前面に出るリーダーシップ型の組織ではなく、メンバーの一人ひとりがリーダーシップを発揮できる環境をつくるという側面でのリーダーシップ発揮が求められるようになっている。

ひとりひとりが得意分野でリーダーシップを発揮して時と場合によりリーダーになったり、フォロワーになったりと自律型人材、自律型組織を構築するためにはティール組織への移行など、過去の成功に囚われない発想力が必要だ。

振り返れば、日本企業は目標設定管理・成果主義を曲解して人事労務管理に導入してからなかなか成果が上がらない。
人事労務管理・標設定管理の導入で、個人目標設定が明らかに無謀な身の丈以上に。
TQMやBSC設定も無理難題ばかり。速やかなティール組織思考への移行が望まれる。

ティール組織(次世代型組織) 医療の働き方改革
https://wp.me/p6NPV7-3hN

「VUCA」時代、リーダーに重要な4つの言葉
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO11343490V00C17A1X12000/
「Vision」
「Education」
「Dialogue」
「Action」
ビジョンを描き(V)、自らを教育し(E)、対話を重ね(D)、行動(A)を起こす

*********************************************

9月14日~18日までの資料がダウンロード可能(期間限定のためお早目のチェックを)

The AHIMA19: Health Data and Information Conference (formerly AHIMA Convention and Exhibit)
https://www.ahima.org/conference/geninfo
2019 Chicago, IL 9/14-9/18
2020 Atlanta, GA 10/14-10/17
2021 Houston, TX 9/18 – 9/22

Clinical Coding Meeting
https://ahima.confex.com/ahima/91am/meetingapp.cgi/Program/1354
Privacy and Security Institute
https://ahima.confex.com/ahima/91am/meetingapp.cgi/Program/1355
Leadership Workshop: VUCA Training & Voices of Leadership
https://ahima.confex.com/ahima/91am/meetingapp.cgi/Session/14842
Pre-Meeting Workshops
https://ahima.confex.com/ahima/91am/meetingapp.cgi/Program/1352

Leadership Models for the VUCA World  session14842_1

Leadership Models for the VUCA World.jpg

VUCA(ブーカ)時代のHIMリーダーシップ

HIMが患者のアクセス権向上で重要な役割を果たす

医療情報ナビゲーターが必要
患者がAPIとモバイルアプリを介して自分の記録へ簡単にアクセスできるように指南させること

HIM Professionals Play Critical Role in Improving Patients’ Right to Access | Journal of AHIMA
https://journal.ahima.org/2019/09/05/him-professionals-play-critical-role-in-improving-patients-right-to-access/
Understanding Patient Access to Health Records in Today’s Digitized World

Patient Record Scorecard
Patient Record Scorecard.jpg

Title: Understanding Patient Access to Health Records in Today’s Digitized World
Duration: 1 hour, 2 minutes
Speakers
Deven McGraw, JD, LLM
Chief Regulatory Officer
Ciitizen
Deven McGraw is the Chief Regulatory Officer for Ciitizen, a consumer health technology start-up. Prior to joining Ciitizen, she directed U.S. health privacy and security through her roles as Deputy Director, Health Information Privacy at the HHS Office for Civil Rights (the office that oversees HIPAA policy development and enforcement) and Chief Privacy Officer (Acting) of the Office of the National Coordinator for Health IT. Widely recognized for her expertise in health privacy and security, she directed the Health Privacy Project at the Center for Democracy & Technology (a nonprofit civil liberties organization) for six years and led the privacy and security policy work for the HITECH Health IT Policy Committee. She also served as the Chief Operating Officer of the National Partnership for Women and Families. She has also advised health industry clients on HIPAA compliance and data governance while a partner at Manatt, Phelps & Phillips, LLP. Deven graduated magna cum laude from Georgetown University Law Center and has a Masters of Public Health from Johns Hopkins University.

Understanding Patient Access to Health Records in Today.jpg

HIMが患者のアクセス権向上で重要な役割を果たす

AHIMA初のピッチコンテスト

AHIMA役員選挙 投票結果2019
AHIMA初のピッチコンテスト開催中 8月25日締め切り
https://wp.me/p6NPV7-4Ol

Pitch-Banner.jpg

現時点の投票率

1位 39%
Blockchain Health Information Exchange (BHIE) Architecture: One Med Chart leverages blockchain technology offering secure solutions to healthcare interoperability.Data entered into health information systems will have infallible validation from financial transfers,to updatesof an individual’s personal health record, which is verified against an authoritative ledger of previous events.Providers can add a new record associated with a particular patient, and patients can authorize sharing of records between providers. Furthermore, patients/consumers can enter information to their own ledger copy, rather than the data being held in one location. The data security and validation aspect is what sets One Med Charts’ BHIE technology apart from regular HIE’s.

2位 33%
Automatic Indicative Summary generation for ER/EM Medical Charts: BUDDI Health is a HIPAA compliant, High Availability Distributed Deep Learning Platform for Healthcare Predictive & Prescriptive Analytics with a combination of medical specialty specific language ontologies, knowledge graphs & human curated ground truth rules along with Medicare/Medicaid rules such as Correct Coding Initiative (CCI) to help automate revenue cycle functions such as clinical documentation improvement, medical coding and claims denials prediction & prevention. We have successfully automated the above revenuecycle functions with over 95% accuracy and scaling up to 3+million transactions a month

3位 12%
Autonomous Medical Coding: Nym Health is an autonomous medical-coding software provider for healthcare organizations focused on streamlining revenuecycle processes. Nym’s Clinical Language Understanding (CLU) autonomous coding solution allows clinical charts to be processed autonomously, efficiently, and accurately without human involvement. The NYM CLU coding engine provides fully transparent medical coding with an audit trail explanation of why each medical code was applied to the patient encounter. The company aspires to enable new ways of processing clinical language with its breakthrough technology, which will transform healthcare by linking people and processes to increase accuracy and to increase the patient experience and the hospital cash flow.

AHIMA初のピッチコンテスト

HIM進化 コーダーの生産性基準を開発

HIM従事者の役割が多様化している現状
クリティカルシンキングスキルによるコーディングが基本となるが、
多様化したHIM業務の標準化と生産性を向上させる指標も必要
プロフェッショナルになるためには業務の効率化・数値化の心がけ
数値化したデータの分析、分析結果の検証・結果のプロセス

Are There Best Practices for Establishing Coding Productivity Standards? | Journal of AHIMA
Posted By AHIMA Staff on Jul 31, 2019
Tune in to this monthly online coding column, facilitated by AHIMA’s coding experts, to learn about challenging areas and documentation opportunities for ICD-10-CM/PCS.
By Erika Bailey, MBA, RHIA
https://journal.ahima.org/2019/07/31/are-there-best-practices-for-establishing-coding-productivity-standards/

Are There Best Practices for Establishing Coding Productivity Standards.jpg

行動力と「業績」は連動する
数字を理解 数字に表す 数字の検証 数字を読む 数字を生む 業務を数字化

名経営者「記憶してほしいことは全部お金で表現して」→数値で表現して説明する重要性

“HIM進化 コーダーの生産性基準を開発” の続きを読む

HIM進化 コーダーの生産性基準を開発

AHIMA役員選挙 投票結果2019

AHIMA役員選挙 「情報」活用へ一層シフト
https://wp.me/p6NPV7-4CK

↓↓↓↓↓

The results are in for the 2019 AHIMA Election. Congratulations to the newly elected leaders and all the candidates who agreed to be on the ballot.

The 2019 AHIMA Ballot results are:

President/Chair-elect

  • Katherine G. Lusk, MHSM, RHIA, FAHIMA

Directors

  • Brenda K. Beckham, RHIA
  • Theresa A. Eichelmann, MBA, RHIA
  • Jami R. Woebkenberg, MHIM, RHIA, CPHI, FAHIMA

CCHIIM Commissioners

  • Lynette M. Williamson, EdD, MBA, RHIA, CCS, CPC, FAHIMA

CEE Council Member

  • Jeanne M. (Donnelly) Freeman, PhD, RHIA
  • Debra L. Hamada, MA, RHIA
  • Lynn I. Ward, EdD, MS-HA, RHIA, CP-EHR

Thank you for voting in the election. A total of 3,349 votes were tallied this year, with a voter turnout association-wide of 4.6 percent, down slightly from 5.2 percent last year.

“AHIMA役員選挙 投票結果2019” の続きを読む

AHIMA役員選挙 投票結果2019

AHIMA役員選挙 「情報」活用へ一層シフト

現在AHIMAは役員選挙中。7月8日~22日までオンライン投票が可能。候補者の実績・公約・自己紹介youtube動画などの情報から会員は投票します。ご覧のとおり候補者は女性のみ。

そして9月の年次大会は名称がヘルスデータ&情報コンファレンスと変わり、いままで以上に「情報」の学術大会へとシフトしています。日本で「医療データ人材」を育成していますが、そういった人材が多数参加する学会となっています。

恒例のゲストスピーカーは女性初のF14パイロット、CMSの女性IT担当者、そして次期医師会長(女性)など、ウーマンパワーを見せつけています。日本もこれぐらいすべきですね。

役員選挙への投票と患者マッチング調査の連絡があったので回答。

—————————————————————–

Timeline for the 2019 Nomination and Election Process
http://www.ahima.org/volunteers/timeline
2019 AHIMA ELECTION BALLOT IS NOW AVAILABLE!
AHIMA 2019 ELECTION
https://www.youtube.com/user/AHIMAonDEMAND/playlists
2019AHIMA役員選挙 (動画提供の候補者一覧:右上プレイリストから閲覧)

“AHIMA役員選挙 「情報」活用へ一層シフト” の続きを読む

AHIMA役員選挙 「情報」活用へ一層シフト

米国TEFCAドラフト2へのAHIMA意見書

米国TEFCA(Trusted Exchange Framework and Common Agreement)・・・個人の電子健康記録等を相互交換させる提言書
現在、米国には多くの医療情報ネットワークがあるものの、そのネットワーク間の相互運用性は限られており、個人で健康管理ができる環境(PHR等でスマホ閲覧)が限定的になっている。これらの障害を取り除くために情報交換を行うための要件づくりが行われている。
今回のドラフト2へのAHIMAからの回答。 ミラー PdfView
http://bok.ahima.org/PdfView?oid=302772

日本でこれぐらいの発言ができるレベルになるのはどれくらいかかるかな。
精度高い医療AI活用まで到達するには、こういった標準化を進める組織強化は避けられない。
将来、日本でもマッチングエラーなどはどれくらい出てくるだろうか。日本版QHINはいつ頃か。

↓↓↓

AHIMA Submits Comments on TEFCA Draft 2
http://bok.ahima.org/PdfView?oid=302772
Trusted Exchange Framework and Common Agreement (TEFCA) Draft 2

クリックしてFINALTEFCAQTF41719508version.pdfにアクセス

TEFCA Draft2.jpg

Why the movement toward a patient identifier is only a start | Health Data Management
https://www.healthdatamanagement.com/opinion/why-the-movement-toward-a-patient-identifier-is-only-a-start
In a landmark decision by the House last week, the ban for a national patient identifier was overturned. While the amendment still needs approval by the Senate to become law, it nevertheless was a victory for industry groups such as AHIMA and CHIME in a fight that’s been two decades in the making.

AHIMA Submits Comments on TEFCA Draft 2

AHIMA Submits Comments on TEFCA Draft 2

What’s new in TEFCA 2 – 3M Inside Angle

What’s new in TEFCA 2

HIM Predictions for 2019 – HIM Scene

HIM Predictions for 2019 – HIM Scene

100 percent patient matching accuracy
https://ehrintelligence.com/news/how-to-create-a-standardized-nationwide-patient-matching-strategy

The Importance of Improved Match Rates
Patient matching challenges ・・・ Contributing factors to inadequate match rates
https://www.pewtrusts.org/es/research-and-analysis/reports/2018/10/02/enhanced-patient-matching-critical-to-achieving-full-promise-of-digital-health-records

**********************************************

AHA Presses ONC to Require QHINs to Support FHIR in TEFCA Draft
https://ehrintelligence.com/news/aha-presses-onc-to-require-qhins-to-support-fhir-in-tefca-draft

4 problems industry groups have with the ONC’s Trusted Exchange Framework | FierceHealthcare
https://www.fiercehealthcare.com/tech/onc-s-trusted-exchange-framework-still-lacks-clarity-details-implementation-industry-groups

 

米国TEFCAドラフト2へのAHIMA意見書

診療情報管理士「現況調査アンケート」

実務を離れて全く関与しなくなった診療情報の団体から「現況調査アンケート」が届いた。
今後も関与することはないので回答せず保留。
e-ラーニング化は良い取り組みなのでどんどん新しいことをやるべきと思った。

近況がどうなっているのか少し調べてみると、現在36,000人ほどの認定者がいるが専門会(管理士会)へ入っている人が1割にも満たないようだ。
学会でようやく14%(約5,200人ほど)という惨状。

とても職能団体とは呼べない。
それだけ魅力に欠ける組織・団体なんだろう。

会員が増えない最大要因は変化に対応できていない幹部・役職者の存在。
若者がついていかない理由。

この幹部達に組織論や経営学に熟知した人材がいない。
どうしたら組織が活性化するのか、会員が増えるのか、改めて考えたほうがいいだろう。
幹部の器量以上に組織は大きくなれない所以。
そして増えない理由がこの巻頭言特集のコメントに集約されている。

巻頭言特集
http://www.jha-e.com/top/introductions

単純に学会や専門会に入ると国家資格化に向けた活動に参加できます。あなたもその一人に。とか、生涯教育・キャリア形成に魅力ある体制であれば振り向いてくれるのではないか。標準化の「最後の砦」として重要な職務であることをPRする。ただその最後の砦が機能していないから問題でもある。

国家資格化には患者対応が必須のため、例えば開示担当要員となり紛争協議の窓口およびメディエーターのような対応技術も持ち合わせることや、患者サポート体制充実加算や医療安全体制加算に必要な人員として組み込む活動を行う。近年、国家資格や施設基準の要件拡大となったME/CE(臨床工学技師)やMSW(社会福祉士)の生い立ちを調べて同じような活動をする。

また、将来のビジョンとして、EHR/PHR等が普及した場合に、患者から情報提供・医療機関から情報交換が要請された場合に窓口となること。患者のポータルサイト(マイナポータル等)へ格納するお手伝いや、民間提供のソフトへ移管できるような担当となる。とにかく責任が伴う対患者業務がない限り国家資格化は無理なので、そういうところから論詰めにしていくしかない。

アンケートに直接的な表現で「どうすれば会員が増えると思うか」など問いかければいいと思う。スキルアップツールを作成し、医師事務作業補助者の次にHIMや情報技師などにマッピングすることや、データ提出加算で提出している担当2名の勉強会場など会員増のアイデアは色々と出てくるはずだ。

実務についた後のフォローアップが受けられる具体例を示すことや、実務につかなかった場合でも恩恵があることをまとめ、勧誘案内文に掲載すれば必然的に増えるのではないか。

例えば臨床検査技師がこの資格をとった後でも、所属医療機関の「個人情報保護」のプロフェッショナルになれることやコンプライアンス教育を充実させることで、どのような法令を守っていかないといけないのかなど情報提供する。とくに医療現場で不足しているEHRやIT等の対応方法を入会後に知識が得られるなら考えてくれるのではないか。
情報管理の重要さを認識させ所属医療機関内での啓蒙活動役としての立ち位置を確保させる。

拡大する医療費を抑制するためにも、これ以上医療費がかかるヒトの配置の診療報酬が誕生することは99%ありえないと思うが、施設基準要件化することで患者満足度(患者経験価値PX)の向上や医療費抑制効果があるのであれば、診療報酬上に影響ある資格化や国家資格化などの可能性もあると考える。まあ、かなり厳しいだろう。

 

このような活動を既にしているのであれば、やはりこの業界に将来性がないと思われる。ICD登録だけの限られたニーズだけに対応する「病歴のおばちゃん」と呼ばれていた時代に逆戻りだろう。

いや現状の医療情報の業界は有望なのだから将来性はある。ただ導く人材がいないということ。
情報活用が叫ばれているが、対応できる人材が不足している。医療情報学会と確執があり連携がとれていない。米国のように互いに手を取り合い対応する新たな人材育成(CAHIIM)やキャリア創設などニーズに対応する活動が全くない。それぞれが唯我独尊、我知らず我関せずで突き進む。

旧団体からも含めると実質20年以上もTOPや役員が変わらない、共産党よりも酷い組織体制のため、急に変わらないのは理解している。同じ顔ぶれなので新しい取り組みや発想の転換ができない。情報学会等、多方面への組織との連携促進ができない。
独裁特有の事なかれ主義。チェック機能・修正機能が働かず進歩がない。異質を排除するムラ社会・内弁慶。超優秀な菊池優子さんや笠間さんなどのAHIMA経験者を最期まで幹部にしなかった。貴重な人材を重用しなかったツケが今頃きている。

いまのHIM業界の組織はパチンコ・マンかよって思う。
同じ奴がいつまでも同じ体制で運営。そりゃ変わらないさ。そして組織の分裂問題が未だに尾を引く。

いつ行ってもおる客同じ奴
ついでに交わす言葉もいつも同じ

DPC病院「未コード化傷病名」の功罪
協会・機構・東京ネットの分裂で組織の弱体化でプロHIMが減少
https://wp.me/p6NPV7-4jn

 

海外の先進国のように、女性中心の職場なのだから学会や専門会の半数以上は女性で占めるなど、こういったところから意識的に変えていったほうがいいだろう。役員も米国ではAHIMAは3年で役員総入れ替え。TOP(会長)は1年、役員期間2年の3年就任となっている。だから異なる目線による改革が矢継ぎ早に行われている。

また、HIM業界は国立病院機構の元・現スタッフで牽引しているので、例えば医療マネジメント学会との連携模索などもあっても良い。「医療福祉連携士」や「医師事務作業補助者指導者」など独自に養成しておりノウハウあり。

そして進んでいる国から運用を輸入する。少なくとも下記の4点の日本版対応が必要。
対岸の遠いところから応援しているので頑張ってほしいと願う。新しいことをすれば確実に会員は増える。若者も興味が湧くだろう。たぶん。

↓↓↓

◆AHIMAキャリアマップツール(生涯教育・キャリア設計)
診療情報管理士・医療情報技師必見 HIMキャリアマップ2018
https://wp.me/p6NPV7-3se
HIMビジョン2026 今後10年間の新たな4つの教育戦略を打ち出す
https://wp.me/p6NPV7-2sZ

◆AHIMAエンゲージ(会員間コミュニティ)
https://engage.ahima.org/
AHIMAエンゲージのアクティブな質問
https://wp.me/p6NPV7-3s2
AHIMAエンゲージは色んな方が知識を持ち寄ってくれるので大変便利
https://wp.me/p6NPV7-2sM

◆EHR(PHR)対応人材育成・教育確立(業界ニーズ対応)(現在不足している分野)
医事課の将来の6つの仕事 2番目に患者ポータルコーディネーター
https://wp.me/p6NPV7-3H9
なぜ米国では患者ポータル導入が上手くいったのか?
https://wp.me/p6NPV7-OQ
患者ポータル支援業務はDRG登場以来の最大の業務シフト
https://wp.me/p2Xv05-gF

「あなたの医療記録を要求する方法」の日本版をとりまとめる組織が必要

How to Request Your Medical Records
https://journal.ahima.org/2012/03/01/how-to-request-your-medical-records/
Slideshow: Requesting Your Medical Records
https://journal.ahima.org/2017/03/01/slideshow-requesting-your-medical-records/

◆AHIMA・AMIA(医療情報学会との連携強化;CAHIIM)=医療情報技師との連携
AHIMA・AMIA患者エンゲージメント推進
https://wp.me/p6NPV7-3Cw
AHIMAアンケート 将来の重要スキル2位CPHI 情報学会との連携は必須に
https://wp.me/p6NPV7-S1

 

診療情報管理士「現況調査アンケート」