保護中: みずほ証券MDV株式保有比率6.19%→7.33%に増加 業界最大手エムスリーに挑む環境着々

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: みずほ証券MDV株式保有比率6.19%→7.33%に増加 業界最大手エムスリーに挑む環境着々

「医療データ人材」育成 AI医療を加速

文科省、ビッグデータ活用し「医療データ人材」育成
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47064760X00C19A7CR8000/

先進的医療イノベーション人材養成事業.jpg

医療データ人材育成拠点形成事業
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/iryou/1414738.htm
医療データ人材育成拠点形成事業申請状況一覧
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/iryou/__icsFiles/afieldfile/2019/04/26/1416240_002_1.pdf

医療データ人材育成拠点形成事業申請状況一覧.jpg

「医療データ人材育成拠点形成事業」公募説明会について
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/iryou/1414755.htm
医療データ人材育成拠点形成事業 公募説明会における質問事項への回答
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/iryou/__icsFiles/afieldfile/2019/04/15/1415499_001_1.pdf

医療データ人材育成拠点形成事業.jpg

医療データ人材育成拠点形成事業選定大学の申請書
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/iryou/1417702.htm
医療リアルワールドデータ活⽤⼈材育成事業 東京大学(筑波大学、富山大学、自治医科大学)計4大学(協⼒機関:国際医療福祉⼤学)
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/iryou/__icsFiles/afieldfile/2019/06/11/1417702_01.pdf

全体構想 事業の概要等
電子カルテシステムの普及やデータ収集基盤の社会的整備が進み、大規模な医療データの創出が進んでいるが、この大規模データから知見を得て、国民の健康課題の解決に資することが必須である。しかし、医療現場から創出される大規模医療リアルワールドデータ(RWD)を適切に解析するためには高い専門性を持って意味あるデータを抽出、形成し、課題にマッチしたデータ分析を行える総合力と実践力を有する人材の育成が喫緊の課題である。そこで本事業では、大規模医療RWDについて
1)データ特性・意義やバイアスを理解し、
2)データ標準化と変換及びクレンジングにより解析可能な形式のデータベースに構築し、
3)具体的な医療課題解決と知見創成に必要なデータ処理技術を習得し、
4)それを自ら実践でき指導者層にもなりうる人材を、種々の医療生データを素材として実践的技術と知識を修得できる教育コースを設置し、高度な医療人材の育成を推進する。

医療リアルワールドデータ活⽤⼈材育成事業.jpg

 

********************************************

関西広域 医療データ人材教育拠点形成プログラム  京都大学(大阪大学、神戸大学、滋賀大学、鳥取大学、京都府立医科大学、奈良県立医科大学、和歌山県立医科大学、兵庫医科大学、関西医科大学、近畿大学)計11大学
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/iryou/__icsFiles/afieldfile/2019/06/11/1417702_02.pdf

全体構想 事業の概要等
本拠点形成事業では、次世代医療基盤や保健医療データプラットフォームに蓄積されるデータを活用し、医療データサイエンスの国際的牽引役を担えるよう本邦の医療データサイエンスを発展させるために、医療データが生まれてから活用されるまでの情報流の始点から終点までを確実に支え、正しく統制できる人材の育成を行う。具体的には、関西健康・医療創生会議の元に集う関西の大学各々の強みを活かし、代表機関である京都大学が取り纏める修士レベルの基本プログラムと、創生会議が関西広域連合(官)と関西経済連合会(産)のニーズに応じて参加各大学(学)に開発させて提供するインテンシブプログラムを通じて、医療データ利活用基盤を構築・運営できる「基盤人材」、データを適切に利活用できる「活用人材」、及び、医療データ活用の全体を律し、社会的コンセンサスの醸成する「統制人材」を育成し、本邦医療データサイエンスの発展を支えることを目指す。

 

関西広域 医療データ人材教育拠点形成プログラム.jpg

 

独メルク、AI問診ロボで病気発見 顔と言語は七変化
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47425980X10C19A7XR1000/

Apple Watchから電子カルテへの記入を実現するAI技術

Apple Watchから電子カルテへの記入を実現するAI技術

 

*****************************************

Google bets on AI to solve healthcare, agri challenges
https://news.abs-cbn.com/business/07/10/19/google-bets-on-ai-to-solve-healthcare-agri-challenges
Big problem? Keep calm and let Google AI provide a solution for it
https://www.indiatoday.in/technology/news/story/google-ai-solution-disaster-management-healthcare-1566829-2019-07-11
Japanese scientists use AI for early gastric cancer diagnosis

Japanese scientists use AI for early gastric cancer diagnosis

Secrets of billions of ancient Japanese texts being uncovered by AI
https://www.9news.com.au/technology/artificial-intelligence-ancient-japanese-kuzushiji-texts-being-decoded-by-ai-google-machine-learning-tech-news-update/18669e01-e7f7-4ff4-b30d-885549a7a952

ancient Japanese texts being uncovered by AI.jpg

「医療データ人材」育成 AI医療を加速

入院料ごとのシステムの導入状況等、電子化割合に比べ、ネットワーク参加率が悪い

2019年度第2回入院医療等の調査・評価分科会議事次第
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000183658_00007.html

入院料ごとのシステムの導入状況等
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000516100.pdf
電子カルテの導入状況
オーダリングシステムの導入状況
医療情報連携ネットワークへの参加状況

入院料ごとのシステムの導入状況等.jpg

 

 

*******************************************

■最新版 電子カルテ導入率データ
病院
2020年までの電子カルテ化達成率(予定含)滋賀県84.2%でトップ、全国平均62.8%、最下位は・・・
https://wp.me/p6NPV7-3EZ

病院
2020年までの電子カルテ化達成率(予定含)二次医療圏別85%以上抜粋
https://wp.me/p6NPV7-3G6

診療所
2020年までの電子カルテ化達成率(予定含) 都道府県ランキング
https://wp.me/p6NPV7-3Gc

歯科診療所
2020年までの電子カルテ化達成率(予定含) 都道府県ランキング
https://wp.me/p6NPV7-3Gf

2020年までの医療情報の電子化状況、SS−MIX標準化ストレージ未実装率66.2%
https://wp.me/p6NPV7-3Fa

2020年までの医用画像管理システム(PACS)導入率(予定含)、400床以上95%
https://wp.me/p6NPV7-3Fh

電子カルテシェア 大手4社の年別推移まとめ(2010〜2017)
https://wp.me/p6NPV7-3Es

電子カルテベンダーシェア増減(2010-2017差)SSIとCSIがシェア伸ばす
https://wp.me/p6NPV7-3ED

HL7対応HIS導入状況、上位3社で78.9% ソフトウェアサービス(SSI)が僅差で業界1位に
https://wp.me/p6NPV7-3DN

医療ビッグデータの活用が実現できない根本理由、標準化へのヒト、モノ、カネ配分不足
https://wp.me/p6NPV7-3EV

医療ICT化促進基金で電子カルテ導入支援、事実上のEHRインセンティブ
https://wp.me/p6NPV7-3F4

電子カルテ導入予定なし率は依然高い、医療ICT化促進基金で促進なるか
「病床」がある医療機関は原則、電子化にすることで縛れば一気に加速!
https://wp.me/p6NPV7-3G9
***************************************

PHR推進にはコーディネーター役が必要(下記、米国例)。教育体制や人的資源の確保が必要では?
http://wp.me/p6NPV7-MK
【超重要】なぜ米国ではPHR(患者ポータル等)導入が上手くいったのか?
http://wp.me/p6NPV7-OQ

患者ポータル支援業務はDRG登場以来の最大の業務シフト
http://wp.me/p2Xv05-gF

AHIMA「myPHR」登録のPHR事業者一覧
(日本はPHR・患者ポータル等活用コーディネーター役が不在)
http://wp.me/p2Xv05-84

第88回AHIMA大会 患者ポータルコーディネーターの重要性
http://wp.me/p6NPV7-MK

AHIMA 89TH ANNUAL CONVENTION & EXHIBIT
http://wp.me/p6NPV7-2Jk

AHIMAが開示フォームモデル公表
データ引受方法 → 電子メール、USB、CD、ポータル、その他
http://wp.me/p6NPV7-2sM

入院料ごとのシステムの導入状況等、電子化割合に比べ、ネットワーク参加率が悪い

日本版GDPR提言、データ提供に同意しなければ自己負担3.5割

日本版HITECH法を提言。
カルテ保管義務期間に現在の5年→50年へ。

↓↓↓

経済同友会
データ利活用の推進を急げ
―今ある健康・医療・介護データを活用・連結しビッグデータへ―
https://www.doyukai.or.jp/policyproposals/articles/2019/190603a.html
本文
https://www.doyukai.or.jp/policyproposals/uploads/docs/190603a.pdf

 

 

 

日本版GDPR提言、データ提供に同意しなければ自己負担3.5割

診療所チェーン、新興勢が伴走 事前問診やカルテ共有 :日本経済新聞

経営者(開業医)の殆どは費用対効果で見送ってると思いますね。
電子カルテインセンティブの実施や、少なくとも有床診療所以上は電子カルテ化を必須要件にするべきでしょう。
オバマケアHITECH法の一環パフォーマンス基準(MU:Meaningful Use)などの早期導入も望まれます。

キャップス(CAPS)、リンクウェル、ワンメディカルが紹介されています。

↓↓↓

診療所チェーン、新興勢が伴走 事前問診やカルテ共有  :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45114520S9A520C1FFR000/

>全国に約10万ある診療所における電子カルテ普及率は、17年時点で42%にとどまる。
>現場のスタッフが使いこなせないなどの理由からだ。

 

 

******************************

キャップスクリニック|土日祝日も夜間診療の小児科・内科
https://www.caps-clinic.jp/

株式会社Linc’well | 株式会社リンクウェル
https://www.linc-well.com/

Exceptional Primary Care – Find a Doctor Near You | One Medical
https://www.onemedical.com/

 

 

——————————————————————————

診療所の電子カルテ導入率 2020年までに46%、電子化予定なし54%

診療所電子カルテ導入率2017.jpg

 

 

■最新版 電子カルテ導入率データ
病院
2020年までの電子カルテ化達成率(予定含)滋賀県84.2%でトップ、全国平均62.8%、最下位は・・・
https://wp.me/p6NPV7-3EZ

病院
2020年までの電子カルテ化達成率(予定含)二次医療圏別85%以上抜粋
https://wp.me/p6NPV7-3G6

診療所
2020年までの電子カルテ化達成率(予定含) 都道府県ランキング
https://wp.me/p6NPV7-3Gc

歯科診療所
2020年までの電子カルテ化達成率(予定含) 都道府県ランキング
https://wp.me/p6NPV7-3Gf

2020年までの医療情報の電子化状況、SS−MIX標準化ストレージ未実装率66.2%
https://wp.me/p6NPV7-3Fa

2020年までの医用画像管理システム(PACS)導入率(予定含)、400床以上95%
https://wp.me/p6NPV7-3Fh

電子カルテシェア 大手4社の年別推移まとめ(2010〜2017)
https://wp.me/p6NPV7-3Es

電子カルテベンダーシェア増減(2010-2017差)SSIとCSIがシェア伸ばす
https://wp.me/p6NPV7-3ED

HL7対応HIS導入状況、上位3社で78.9% ソフトウェアサービス(SSI)が僅差で業界1位に
https://wp.me/p6NPV7-3DN

医療ビッグデータの活用が実現できない根本理由、標準化へのヒト、モノ、カネ配分不足
https://wp.me/p6NPV7-3EV

医療ICT化促進基金で電子カルテ導入支援、事実上のEHRインセンティブ
https://wp.me/p6NPV7-3F4

電子カルテ導入予定なし率は依然高い、医療ICT化促進基金で促進なるか
「病床」がある医療機関は原則、電子化にすることで縛れば一気に加速!
https://wp.me/p6NPV7-3G9
***************************************

PHR推進にはコーディネーター役が必要(下記、米国例)。教育体制や人的資源の確保が必要では?
http://wp.me/p6NPV7-MK
【超重要】なぜ米国ではPHR(患者ポータル等)導入が上手くいったのか?
http://wp.me/p6NPV7-OQ

患者ポータル支援業務はDRG登場以来の最大の業務シフト
http://wp.me/p2Xv05-gF

AHIMA「myPHR」登録のPHR事業者一覧
(日本はPHR・患者ポータル等活用コーディネーター役が不在)
http://wp.me/p2Xv05-84

第88回AHIMA大会 患者ポータルコーディネーターの重要性
http://wp.me/p6NPV7-MK

AHIMA 89TH ANNUAL CONVENTION & EXHIBIT
http://wp.me/p6NPV7-2Jk

AHIMAが開示フォームモデル公表
データ引受方法 → 電子メール、USB、CD、ポータル、その他
http://wp.me/p6NPV7-2sM

診療所チェーン、新興勢が伴走 事前問診やカルテ共有 :日本経済新聞

医療情報化支援基金の対象となる電子カルテは「国の指定する標準規格」を実装する電子カルテ

社会保障ワーキング・グループ
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/wg1/index.html
医療情報化支援基金について
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/wg1/20190523/shiryou1-1.pdf

地域医療情報連携ネットワークの取組から見えた課題
〇費用負担:医療情報を連携させるために必要なシステム導入に費用がかかる
〇医療情報の標準化:電子カルテの仕様がベンダーごとに異なり、医療機関によって使用している用語やコードが異なることから、近隣医療機関間の情報連携に手間がかかる

こうした課題を解決するため、
①医療情報化支援基金を創設し、医療機関に対して電子カルテ導入の財政支援を行う
②ただし、支援基金の対象となる電子カルテは、「国の指定する標準規格」を実装する電子カルテとし、医療機関間の情報連携等の医療分野のデータ利活用に資するものとする。

(参考3)医療情報化支援基金について.jpg

医療情報化支援基金の活用議論 参院厚生労働委員会
https://wp.me/p6NPV7-48w

医療情報化支援基金の対象となる電子カルテは「国の指定する標準規格」を実装する電子カルテ

電子カルテデータを活用する新事業

さて、数年後の勝者はどこになるか。なんだかんだ業界一のレコメンデーションをもち消費データに強いアマゾンかなあ。

・EHRベンダーの巨人Cerner、業界2位Epic、3位Allscriptsの動向
・AppleのiPhoneツール「Health Records」
・Amazonの「Amazon Comprehend Medical」
・Googleの「Cloud Healthcare API」
・薬局データ、検査ラボデータから患者の記録を集めるEvolent Health

↓↓↓

The Investment Opportunities in Electronic Health Records – Barron’s
https://www.barrons.com/articles/electronic-health-records-investing-51558130302

2017-01-19-remote-diagnostics

******************************

Amazon Comprehend
https://aws.amazon.com/jp/comprehend/

Amazon Comprehend Medical を使用して、構造化されていないテキストから複雑な医療情報を抽出することができます。このサービスは、医師のメモ、治験の総括報告書 、患者の健康記録などのさまざまな情報源から、病状、投薬、投薬量、強さ、頻度などの医療情報を特定することができます。Amazon Comprehend Medical では、抽出した投薬と試験、治療、および分析をより簡単にするための手順についての情報の間にある関係を見出します。例えば、このサービスは、構造化されていない臨床メモから特定の投薬に関連する特定の投薬量、強さ、および頻度を識別できます。

新機能 – Amazon Comprehend Medical – ヘルスケア業界のお客様のための自然言語処理
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/amazon-comprehend-medical-jp/
Amazon Comprehend Medicalを用いた臨床実体の抽出及び可視化
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/extract-and-visualize-clinical-entities-using-amazon-comprehend-medical/
Amazon Comprehend MedicalとAmazon Rekognitionを使用した医療画像の匿名化
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/de-identify-medical-images-with-the-help-of-amazon-comprehend-medical-and-amazon-rekognition/

******************************

iOS – ヘルスケア – Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/ios/health/
iPhoneの「ヘルスケア」Appでヘルスケアレコードを読み込む
https://support.apple.com/ja-jp/guide/iphone/import-health-records-iphb607cf170/ios

「ヘルスケア」Appの「ヘルスケアデータ」画面。「アクティビティ」、「マインドフルネス」、「栄養」、「睡眠」のカテゴリが表示されています。右上にはプロフィールボタンがあります。下部には左から順に、「今日」、「ヘルスケアデータ」、「ソース」、「メディカルID」タブがあります。

******************************

Google「Cloud Healthcare API」
https://cloud.google.com/healthcare/
Cloud Healthcare API documentation
https://cloud.google.com/healthcare/docs/
Google Cloud for Healthcare: new APIs, customers, partners and security updates
https://blog.google/products/google-cloud/google-cloud-healthcare-new-apis-customers-partners-and-security-updates/

サノフィとグーグル、AIによる新薬開発で提携
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46333760Q9A620C1000000/
製薬大手の仏サノフィ グーグルと糖尿病治療で提携
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM31H6R_R00C15A9EAF000/
サノフィとグーグルが新しいヘルスケアイノベーションラボを開発
http://www.ehealthnews.eu/industry/5881-sanofi-and-google-to-develop-new-healthcare-innovation-lab

 

Evolent Health
https://www.evolenthealth.com/

Evolent Health.jpg

Value-Based Care News Digest – June 2019
https://knowledge.evolenthealth.com/home/value-based-care-news-digest-june-2019

Increased Visibility into Value-Based Performance Results in $2.1M in Additional Pay for Performance
https://www.healthcatalyst.com/success_stories/improving-value-based-performance-utmb
23 of 32 performance measures—nearly 72 percent—have improved, including:
Chronic diabetes care performance.
・39.2 percent relative increase in completion and documentation of an annual foot exam.
・18 percent relative decrease in the number of patients with poor HbA1c control.
・9.8 percent relative increase in the number of patients with diabetes achieving blood pressure control.
Chronic heart disease performance.
・18.6 percent relative improvement in blood pressure screening and follow-up.
・9.5 percent relative improvement in patients with chronic heart disease achieving blood pressure control.
・5.6 percent relative increase in the number of patients with high cholesterol who receive a prescription for an appropriate statin medication.
Immunizations and screening.
・34.7 percent relative improvement in the number of adults who are up-to-date with tetanus, diphtheria, varicella, pneumococcal, influenza, and herpes zoster/shingles.
・5.8 percent relative improvement in adult body mass index (BMI) screening and follow-up.
・5.3 percent relative improvement in BMI assessment in children.

 

 

テック産業がヘルスケア分野へ続々参入(米国)
https://www.jetro.go.jp/biz/areareports/2019/7f61e78818a383cd.html
ヘルスケアは3兆ドル市場
「デジタルヘルス」や「ヘルステック」とは、最新のテクノロジーとヘルスケアが交わる分野を指す。米国では近年、このデジタルヘルス・ヘルステック分野で、大手テック企業やスタートアップの動きが盛んだ。マッキンゼーの分析によると、ヘルスケアのデジタル化指数(注1)は22産業中19位と、デジタル化が遅れているため、目覚ましく進歩する人工知能(AI)を応用できる可能性が大きい。また、米国の医療費は約3兆ドル(注2)と、市場規模も大きい。

 

 

米国EHR導入率 1位ワイオミング州78.6%、ベンダーはエピックで13.5%
https://wp.me/p6NPV7-1KI

患者ポータル厳選TOP10ベンダー
https://wp.me/p6NPV7-1MX

米国EHR満足度調査
https://wp.me/p6NPV7-Ey

米国電子カルテシェア 各州別ベンダー別TOP5
https://wp.me/p2Xv05-cA

PHR普及を成功させる3つのポイント
https://wp.me/p2Xv05-oZ

2015年はエピックの年
https://wp.me/p2Xv05-88

英国、ジャンクフード関連広告は午後9時以降禁止に
https://wp.me/p6NPV7-3W9

消費データに基づくヘルスケア体制「Retailization of Healthcare」(医療のリテライゼーション)
https://wp.me/p6NPV7-4aY

医療の質とP4P、消費データや地域情報(住居の環境データ等)まで把握したアウトカム評価
https://wp.me/p6NPV7-4bG

1日分消費カロリーを超える食事には高い税を設ける 消費税の次は「シュガータックス(砂糖税・ソーダ税)」
https://wp.me/p6NPV7-3Tu

「消費者が実際に動くこと(行動経済学)」患者エンゲージメント
https://wp.me/s6NPV7-medisafe

電子カルテデータを活用する新事業