HIM進化 コーダーの生産性基準を開発

HIM従事者の役割が多様化している現状
クリティカルシンキングスキルによるコーディングが基本となるが、
多様化したHIM業務の標準化と生産性を向上させる指標も必要
プロフェッショナルになるためには業務の効率化・数値化の心がけ
数値化したデータの分析、分析結果の検証・結果のプロセス

Are There Best Practices for Establishing Coding Productivity Standards? | Journal of AHIMA
Posted By AHIMA Staff on Jul 31, 2019
Tune in to this monthly online coding column, facilitated by AHIMA’s coding experts, to learn about challenging areas and documentation opportunities for ICD-10-CM/PCS.
By Erika Bailey, MBA, RHIA
https://journal.ahima.org/2019/07/31/are-there-best-practices-for-establishing-coding-productivity-standards/

Are There Best Practices for Establishing Coding Productivity Standards.jpg

行動力と「業績」は連動する
数字を理解 数字に表す 数字の検証 数字を読む 数字を生む 業務を数字化

名経営者「記憶してほしいことは全部お金で表現して」→数値で表現して説明する重要性

“HIM進化 コーダーの生産性基準を開発” の続きを読む

HIM進化 コーダーの生産性基準を開発

女性役員割合 看護協会98.3% 栄養士会56.5%

有害おじさんの排除からはじめよう!
女性の業界なのに女性の活躍場を奪う業界寄生「こどおじ」は即時退場を。

こどおじ.jpg

偉そうに喋っている方を見たらこの画像を思い出して皆で非難しよう
出しゃばり「こどおじ」うぜーって。私たちの地位を奪うなと。

女性の業界でイキっているマッチョな男性には退場してもらおう!!
後方支援のサポート役に徹してくれる男性はウェルカム。

表舞台は全て女性に任せるべき。

女性の社会進出、この業界が女性の活躍場とする戦略。看護協会のように。

ちなみにAHIMAでは昨年、TOPは元看護協会幹部に。

↓↓↓

AHIMA新CEOに元看護師協会COOが就任
https://wp.me/p6NPV7-30y

一昨年は3M(スリーエム)情報システム幹部が就任。3Mも参画しているベリリーの医療AI研究にも詳しい人材がTOPとなり情報活用を導く。この状況に比べ日本は・・・。

AHIMAアン・チェノウェス体制始動
https://wp.me/p6NPV7-2Jk

グーグルのヘルステック企業ベリリー(VERILY)のヘルスケアパフォーマンス測定研究
https://wp.me/p6NPV7-4wC

 

病院会という子供部屋に守られた環境で自立しなかったHIM業界
存在感を出せるかが問われている。

 

***************************************

女性の現場配置状況
医師事務作業補助者99%女性、診療情報管理士約8割女性

看護協会や栄養士会と同様に現場配置数に見合った女性役員配置、女性教職員配置の実施を

↓↓↓

役員割合 看護協会98.3% 栄養士会56.5%

 

第59表 日本医師会・日本歯科医師会・日本薬剤師会・日本看護協会・日本栄養士会等の役員割合
http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h30/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-00-59.html

男女共同参画白書 令和元年版  医療分野における女性の参画拡大
http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/r01/zentai/html/honpen/b2_s07_03.html

「生命保険業界の取組~女性管理職登用プロセスの確立,退職時の役職での再雇用」
http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/r01/zentai/html/column/clm_08.html

女性役員情報サイト
上場企業における女性役員の状況
http://www.gender.go.jp/policy/mieruka/company/yakuin.html

女性活躍の推進に関する政策評価 令和元年7月2日
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/hyouka_190702_1.html

 

“女性役員割合 看護協会98.3% 栄養士会56.5%” の続きを読む

女性役員割合 看護協会98.3% 栄養士会56.5%

日本の医療事務関連の教育体制は1世紀遅れている

(前回)医師事務作業補助者 国外(アメリカ)との業務比較について
https://wp.me/p6NPV7-4×9

下記の認定試験制度の輸入で教育体制の充実を図ったほうが良い。

日本は病院会の教育制度が本来の教育習熟の障害になっているように思う。
実務についたことがない事務部や診療情報管理部門の課長級・部長級のニワカが講師になっても・・・。
診療情報管理士の教育もそうだが、教育制度を実施している以上、病院会の教育者の質の底上げ・改革が急務。
無理なら日本医師事務作業補助研究会が主導する教育体制が望まれる。時代に合わせて、専門職集団の組織化(一般社団法人や公益社団法人頭)への移行が必要。いつまでも病院会が抱えても仕方がない。

AAMA Official Site – American Association of Medical Assistants
https://www.aama-ntl.org/
AAMA – About the Exam
https://www.aama-ntl.org/cma-aama-exam/about
Candidate Application and Handbook
For the CMA (AAMA) Certification/Recertification Examination
https://www.aama-ntl.org/docs/default-source/cma-exam/cma-exam-app.pdf

 

医師事務作業補助者コースWEBサイト
http://www.jha-e.com/ishijimu/tops

↑↑↑

日本的に最もダメなところは、この職種に従事しているのが99%女性なのに、この病院会の講師陣の殆どが男性というところ。各会場の講師陣にはがっかりだ。日本病院会の役員幹部の意識改革こそが急務。診療情報管理学会や診療情報管理士会の男性比率は残念すぎる。

診療情報管理士も約8割女性が従事する職種なのに組織の役員等は男性中心で、男性陣がしゃしゃり出ている状況。
もっと別のところで活躍すればいいのに、ムダに出しゃばり女性の社会進出・活躍場を奪っている。

こういう場に登壇する男性は恥ずかしくないのだろうか?
感覚・センスが鈍いから承諾しているんだろうが、その安易な考えが女性の活躍場を奪っているということを認識すべきである。
その感覚・センスが鈍い課長や部長級の管理職がいる病院は恐らく1世紀は遅れた人事労務管理が行われているのだろう。ロクな病院ではないはずだ。今の若者や女性はそんな病院では働きたくない。

その点、この研究会はTOPが女性というところは評価できる。各支部TOPも女性で役員等も半数は女性。素晴らしい。

日本医師事務作業補助研究会
http://ishijimu.umin.jp/

だいぶ前にAHIMAは女性MBAホルダーがTOPへ就任して組織改革に着手した。
その結果、会員数は10万人突破。会員向けサービスコンテンツの充実や他医療団体との連携も強化していった。

同様に日本でも経営マネジメント等の基本バイブルを習熟し、様々な企業の興隆事例をディスカッションした人たちに手腕を振るわせる体制づくりが求められる。
それも必ず女性にタクトを渡すこと。

振り返って日本の現状を見ると、無学の男性達が要職を占めて身動きできないパターンに陥っている。人材育成や組織マネジメント方法を知らないから。
専門の月刊書籍等を見ても呆れるほどプアーなレポートにも関わらず投稿・採用されている。残念ながらこれらも著者は男性ばかり。

原稿料稼ぎで仕事中にもかかわらずテキスト打ち・スライド作成に精を出す阿呆もいる。
公的病院の懲戒処分等の基準では勤務時間中に私的行為を繰り返し行うなど職務を怠った場合、戒告処分や減給処分となるので要注意だが、男性役職者がこれを実践していてその数が少なくないことも知っている。

いいかげん、有能で元気な女性が活躍できる環境になってほしいものだ。
とくに医師事務作業補助者や診療情報管理士、医事課職員など、女性中心の職場環境においては現場の管理職・役職者を始め、学校等の教職員はもちろんのこと、専門組織の役員等にいたるまで優秀な女性で占めるべきだろう。

無学・無能な男性諸君は早々にご退場を。優秀な女性に立場を譲るべきである。
そして後方支援バックアップ(根回し)要員として存在感を示せ。
昭和・平成も終わったのだから、いいかげんその時代を引きずらない体制へ。
令和時代は女性が活躍できる体制へ皆で協力すべし。

女性が占める割合が高い43の職種 医療関係が16占める 診療情報管理士は$30,418で女性率90.8%
https://wp.me/p6NPV7-3g3

*******************************************

女性の活躍なしに医師事務作業補助者や診療情報管理士の将来はない。
女性管理職や教育者を増やす活動から始めなければ。

プロ経営者「男性の意識は変わらない。女性は男性の既得権奪え」

日本は先進国ではない。前近代的な日本は発展途上国特有の男性社会。
率先して女性管理職や教育者を増やす。

有害おじさんの排除からはじめよう!
女性の業界なのに女性の活躍場を奪う業界寄生「こどおじ」は即時退場を。

↓↓↓

「男性の意識は変わらない。女性は男性の既得権奪え」カルビー松本会長らが語る日本のダイバーシティーの現実
https://www.businessinsider.jp/post-100535

カルビーグループ ダイバーシティ推進について
〜企業における女性の活躍推進について〜
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/meeting/kokufuku/k_3/pdf/s2.pdf

カルビーグループ ダイバーシティ推進について.jpg

カルビー元会長 医療の人材紹介会社TIS(ティ・アイ・エス)特別顧問就任
https://wp.me/p6NPV7-4qz

日本の医療事務関連の教育体制は1世紀遅れている

診療情報管理士「現況調査アンケート」

実務を離れて全く関与しなくなった診療情報の団体から「現況調査アンケート」が届いた。
今後も関与することはないので回答せず保留。
e-ラーニング化は良い取り組みなのでどんどん新しいことをやるべきと思った。

近況がどうなっているのか少し調べてみると、現在36,000人ほどの認定者がいるが専門会(管理士会)へ入っている人が1割にも満たないようだ。
学会でようやく14%(約5,200人ほど)という惨状。

とても職能団体とは呼べない。
それだけ魅力に欠ける組織・団体なんだろう。

会員が増えない最大要因は変化に対応できていない幹部・役職者の存在。
若者がついていかない理由。

この幹部達に組織論や経営学に熟知した人材がいない。
どうしたら組織が活性化するのか、会員が増えるのか、改めて考えたほうがいいだろう。
幹部の器量以上に組織は大きくなれない所以。
そして増えない理由がこの巻頭言特集のコメントに集約されている。

巻頭言特集
http://www.jha-e.com/top/introductions

単純に学会や専門会に入ると国家資格化に向けた活動に参加できます。あなたもその一人に。とか、生涯教育・キャリア形成に魅力ある体制であれば振り向いてくれるのではないか。標準化の「最後の砦」として重要な職務であることをPRする。ただその最後の砦が機能していないから問題でもある。

国家資格化には患者対応が必須のため、例えば開示担当要員となり紛争協議の窓口およびメディエーターのような対応技術も持ち合わせることや、患者サポート体制充実加算や医療安全体制加算に必要な人員として組み込む活動を行う。近年、国家資格や施設基準の要件拡大となったME/CE(臨床工学技師)やMSW(社会福祉士)の生い立ちを調べて同じような活動をする。

また、将来のビジョンとして、EHR/PHR等が普及した場合に、患者から情報提供・医療機関から情報交換が要請された場合に窓口となること。患者のポータルサイト(マイナポータル等)へ格納するお手伝いや、民間提供のソフトへ移管できるような担当となる。とにかく責任が伴う対患者業務がない限り国家資格化は無理なので、そういうところから論詰めにしていくしかない。

アンケートに直接的な表現で「どうすれば会員が増えると思うか」など問いかければいいと思う。スキルアップツールを作成し、医師事務作業補助者の次にHIMや情報技師などにマッピングすることや、データ提出加算で提出している担当2名の勉強会場など会員増のアイデアは色々と出てくるはずだ。

実務についた後のフォローアップが受けられる具体例を示すことや、実務につかなかった場合でも恩恵があることをまとめ、勧誘案内文に掲載すれば必然的に増えるのではないか。

例えば臨床検査技師がこの資格をとった後でも、所属医療機関の「個人情報保護」のプロフェッショナルになれることやコンプライアンス教育を充実させることで、どのような法令を守っていかないといけないのかなど情報提供する。とくに医療現場で不足しているEHRやIT等の対応方法を入会後に知識が得られるなら考えてくれるのではないか。
情報管理の重要さを認識させ所属医療機関内での啓蒙活動役としての立ち位置を確保させる。

拡大する医療費を抑制するためにも、これ以上医療費がかかるヒトの配置の診療報酬が誕生することは99%ありえないと思うが、施設基準要件化することで患者満足度の向上や医療費抑制効果があるのであれば、診療報酬上に影響ある資格化や国家資格化などの可能性もあると考える。まあ、かなり厳しいだろう。

 

このような活動を既にしているのであれば、やはりこの業界に将来性がないと思われる。ICD登録だけの限られたニーズだけに対応する「病歴のおばちゃん」と呼ばれていた時代に逆戻りだろう。

いや現状の医療情報の業界は有望なのだから将来性はある。ただ導く人材がいないということ。
情報活用が叫ばれているが、対応できる人材が不足している。医療情報学会と確執があり連携がとれていない。米国のように互いに手を取り合い対応する新たな人材育成(CAHIIM)やキャリア創設などニーズに対応する活動が全くない。それぞれが唯我独尊、我知らず我関せずで突き進む。

旧団体からも含めると実質20年以上もTOPや役員が変わらない、共産党よりも酷い組織体制のため、急に変わらないのは理解している。同じ顔ぶれなので新しい取り組みや発想の転換ができない。情報学会等、多方面への組織との連携促進ができない。
独裁特有の事なかれ主義。チェック機能・修正機能が働かず進歩がない。異質を排除するムラ社会・内弁慶。超優秀な菊池優子さんや笠間さんなどのAHIMA経験者を最期まで幹部にしなかった。貴重な人材を重用しなかったツケが今頃きている。

いまのHIM業界の組織はパチンコ・マンかよって思う。
同じ奴がいつまでも同じ体制で運営。そりゃ変わらないさ。そして組織の分裂問題が未だに尾を引く。

いつ行ってもおる客同じ奴
ついでに交わす言葉もいつも同じ

DPC病院「未コード化傷病名」の功罪
協会・機構・東京ネットの分裂で組織の弱体化でプロHIMが減少
https://wp.me/p6NPV7-4jn

 

海外の先進国のように、女性中心の職場なのだから学会や専門会の半数以上は女性で占めるなど、こういったところから意識的に変えていったほうがいいだろう。役員も米国ではAHIMAは3年で役員総入れ替え。TOP(会長)は1年、役員期間2年の3年就任となっている。だから異なる目線による改革が矢継ぎ早に行われている。

また、HIM業界は国立病院機構の元・現スタッフで牽引しているので、例えば医療マネジメント学会との連携模索などもあっても良い。「医療福祉連携士」や「医師事務作業補助者指導者」など独自に養成しておりノウハウあり。

そして進んでいる国から運用を輸入する。少なくとも下記の4点の日本版対応が必要。
対岸の遠いところから応援しているので頑張ってほしいと願う。新しいことをすれば確実に会員は増える。若者も興味が湧くだろう。たぶん。

↓↓↓

◆AHIMAキャリアマップツール(生涯教育・キャリア設計)
診療情報管理士・医療情報技師必見 HIMキャリアマップ2018
https://wp.me/p6NPV7-3se
HIMビジョン2026 今後10年間の新たな4つの教育戦略を打ち出す
https://wp.me/p6NPV7-2sZ

◆AHIMAエンゲージ(会員間コミュニティ)
https://engage.ahima.org/
AHIMAエンゲージのアクティブな質問
https://wp.me/p6NPV7-3s2
AHIMAエンゲージは色んな方が知識を持ち寄ってくれるので大変便利
https://wp.me/p6NPV7-2sM

◆EHR(PHR)対応人材育成・教育確立(業界ニーズ対応)(現在不足している分野)
医事課の将来の6つの仕事 2番目に患者ポータルコーディネーター
https://wp.me/p6NPV7-3H9
なぜ米国では患者ポータル導入が上手くいったのか?
https://wp.me/p6NPV7-OQ
患者ポータル支援業務はDRG登場以来の最大の業務シフト
https://wp.me/p2Xv05-gF

「あなたの医療記録を要求する方法」の日本版をとりまとめる組織が必要

How to Request Your Medical Records
https://journal.ahima.org/2012/03/01/how-to-request-your-medical-records/
Slideshow: Requesting Your Medical Records
https://journal.ahima.org/2017/03/01/slideshow-requesting-your-medical-records/

◆AHIMA・AMIA(医療情報学会との連携強化;CAHIIM)=医療情報技師との連携
AHIMA・AMIA患者エンゲージメント推進
https://wp.me/p6NPV7-3Cw
AHIMAアンケート 将来の重要スキル2位CPHI 情報学会との連携は必須に
https://wp.me/p6NPV7-S1

 

診療情報管理士「現況調査アンケート」

PHRの推進 未来投資会議

未来投資会議
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/
第28回    令和元年6月5日
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai28/index.html
革新的事業活動に関する実行計画案
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai28/siryou2-2.pdf
ⅰ)技術革新等を活用した効果的・効率的な医療・福祉サービスの確保
PHRの推進

PHRの推進 第28回未来投資会議.jpg

イ データ利活用のための「標準規格」の確立
【令和元年度検討・結論・措置
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/committee/20190606/190606honkaigi01.pdf
ただし、b の「マイナポータルを活用したPHRサービス」に係る部分について、令和元年度検討、令和2年度上期結論・措置】
<基本的考え方>
治療や予防のためには診療・健診データの履歴が管理されることが重要だが、それが活用されるためには医療機関や保険者の間で共通のデータ標準に準拠してデータが管理される必要がある。また紙ではなくデータで保存がなされ、データで送受信が行われることも重要である。
我が国では「保健医療情報分野の標準規格(厚生労働省標準規格)」(平成 30 年5月 21 日厚生労働省医政局長、厚生労働省政策統括官(統計・情報政策担当))や「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第 5 版」(平成 29 年5月 30 日厚生労働省)により、医療情報の表現形式や保管・送受信の技術に関する標準化に取り組んでいる。しかし、レセプト等を例外として十分な結果は得られていない。以上の基本的考え方に基づき、以下の措置を講ずるべきである。
<実施事項>
a 全国各地の医療機関や保険者が医療データを共有し、予防や医療のイノベーションに役立てることができるよう技術革新に意欲的な民間の創意工夫を尊重し、かつ国内外での相互運用性(様々なシステムが相互に連携可能なシステムの特性)を意識して、医療分野における標準規格の基本的な在り方を早急に検討し、公表する。併せて官民の役割分担を含む運営体制を構築する。
b 現在、データヘルス改革の工程表として、全国の医療機関や薬局間において患者の医療情報を結ぶ「保健医療記録共有サービス」や国民に対する健診・薬剤情報提供を目的とした「マイナポータルを活用したPHRサービス」が予定されている。これらのサービス開始に向け、現行の課題を踏まえて、民間サービス事業者を含む関係者の意見や海外の先進的な事例も参考に最低限必要となる標準規格を検討し、ガイドライン等の形で公表する。
c データヘルス改革を推進するに当たり、クラウド技術の進展等の技術動向を踏まえた上で、個別具体的な事例を収集し、それぞれについて、利用上の方針・留意点を整理し、現行の医療情報システムの安全管理に関するガイドラインの改定素案を策定する。

 

2040年を展望した社会保障・働き方改革本部
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-syakaihosyou_306350_00001.html

今後の方向性
○PHRの更なる推進に向け、各情報 (健診・検診情報、医療等情報)ごとにPHRとして情報提供するための課題(①提供する情報 ②データの円滑な提供 ③データの適切な管理 ④データの効果的な利活用) を整理するため、検討会を立ち上げ議論。基本的な方向性を整理する。

PHRの活用促進.jpg

*************************************

PHR推進にはコーディネーター役が必要(下記、米国例)。教育体制や人的資源の確保が必要では?
https://wp.me/p6NPV7-MK
(参考)なぜ米国では患者ポータル導入が上手くいったのか?
https://wp.me/p6NPV7-OQ

診療情報管理士・医療情報技師必見 HIMキャリアマップ2018
https://wp.me/p6NPV7-3se

AHIMA2018年HIM新カリキュラム公開 HIM再構築
https://wp.me/p6NPV7-3iZ

医療IT推進する女性リーダーにAHIMA CEO選出
https://wp.me/p6NPV7-3hm

HIMビジョン2026 今後10年間の新たな4つの教育戦略を打ち出す
https://wp.me/p6NPV7-2sZ

PHR普及には医療現場への診療情報管理士・医療情報技師・医師事務作業補助者の適正配置がカギ

患者ポータル支援業務はDRG登場以来の最大の業務シフトとなった。日本でもDPCからシフトなるか。

患者ポータル支援業務はDRG登場以来の最大の業務シフト
http://wp.me/p2Xv05-gF

AHIMA「myPHR」登録のPHR事業者一覧
(日本はPHR・患者ポータル等活用コーディネーター役が不在)
http://wp.me/p2Xv05-84

PHRの推進 未来投資会議

PHRの更なる推進 2040年を展望した社会保障

2040年を展望した社会保障・働き方改革本部
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-syakaihosyou_306350_00001.html

PHRの活用促進
https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000513707.pdf

今後の方向性
○PHRの更なる推進に向け、各情報 (健診・検診情報、医療等情報)ごとにPHRとして情報提供するための課題(①提供する情報 ②データの円滑な提供 ③データの適切な管理 ④データの効果的な利活用) を整理するため、検討会を立ち上げ議論。基本的な方向性を整理する。

PHRの活用促進.jpg

PHR推進にはコーディネーター役が必要(下記、米国例)。教育体制や人的資源の確保が必要では?
https://wp.me/p6NPV7-MK
(参考)なぜ米国では患者ポータル導入が上手くいったのか?
https://wp.me/p6NPV7-OQ

診療情報管理士・医療情報技師必見 HIMキャリアマップ2018
https://wp.me/p6NPV7-3se

AHIMA2018年HIM新カリキュラム公開 HIM再構築
https://wp.me/p6NPV7-3iZ

医療IT推進する女性リーダーにAHIMA CEO選出
https://wp.me/p6NPV7-3hm

HIMビジョン2026 今後10年間の新たな4つの教育戦略を打ち出す
https://wp.me/p6NPV7-2sZ

PHR普及には医療現場への診療情報管理士・医療情報技師・医師事務作業補助者の適正配置がカギ

患者ポータル支援業務はDRG登場以来の最大の業務シフトとなった。日本でもDPCからシフトなるか。

患者ポータル支援業務はDRG登場以来の最大の業務シフト
http://wp.me/p2Xv05-gF

AHIMA「myPHR」登録のPHR事業者一覧
(日本はPHR・患者ポータル等活用コーディネーター役が不在)
http://wp.me/p2Xv05-84

 

PHRの更なる推進 2040年を展望した社会保障

投薬履歴 マイナンバーで確認 政府、カード普及促す 

投薬履歴 マイナンバーで確認 政府、カード普及促す
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45590670S9A600C1PE8000/

マイナンバーカード 保険証に 22年度中に全国で
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45649820U9A600C1MM0000/

データヘルス×マイナポータルの連動

データヘルス×マイナポータルの連動.jpg

 

 

PHR推進にはコーディネーター役が必要(下記、米国例)。教育体制や人的資源の確保が必要では?
https://wp.me/p6NPV7-MK
(参考)なぜ米国では患者ポータル導入が上手くいったのか?
https://wp.me/p6NPV7-OQ

診療情報管理士・医療情報技師必見 HIMキャリアマップ2018
https://wp.me/p6NPV7-3se

AHIMA2018年HIM新カリキュラム公開 HIM再構築
https://wp.me/p6NPV7-3iZ

医療IT推進する女性リーダーにAHIMA CEO選出
https://wp.me/p6NPV7-3hm

HIMビジョン2026 今後10年間の新たな4つの教育戦略を打ち出す
https://wp.me/p6NPV7-2sZ
PHR普及には医療現場への診療情報管理士・医療情報技師の適正配置がカギ

患者ポータル支援業務はDRG登場以来の最大の業務シフトとなった。日本でもDPCからシフトなるか。

投薬履歴 マイナンバーで確認 政府、カード普及促す