必要度Ⅰの基準②患者、1日あたり資源投入量ゼロが約4~5割も

必要度Ⅰの基準②「呼吸ケア」「心電図モニター」あり患者、必要度Ⅱでは「該当コードなし」が約6~7割

必要度Ⅰの過剰評価か、必要度Ⅱの該当レセ電コードの入力漏れの恐れ。

看護師による電子カルテ・汎用入力 → 医事担当者による医事レセコン取込、などが行われていない可能性
(または退院会計時にまだ未入力で後日入力 → 医事担当者に連絡なしのためバッチ取込なし、など)
既に入院費請求が終わっている場合、当然ながら請求オペレーター業務の医事担当者は気がけることはない。
DPCデータ提出担当者に登録されている2名や看護必要度管理担当者、診療情報管理士等のDPC専門担当者もそこまで詳しくないためスルーっといった状況か。

-----------------------

看護必要度
基準①: A2点かつB3点以上
基準②: B14又はB15に該当しA1点かつB3点以上
基準③: A3点以上
基準④: C1点以上

2019年度第7回入院医療等の調査・評価分科会議事次第
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000183658_00015.html

基準②のみに該当する患者の状態(必要度Ⅰ)
○ 必要度Ⅰで基準②のみに該当する患者のうち、A1点が「呼吸ケア」又は「心電図モニター」の患者について、必要度Ⅱで対応するレセプト電算処理システム用コードの該当の有無をみたところ、「該当コードなし」の患者が約6~7割であった。
○ 必要度Ⅰで基準②のみに該当する患者について、1日あたり資源投入量をみたところ、資源投入量がゼロである患者が約4~5割であった。
基準②のみに該当する患者の状態(必要度Ⅰ).jpg

基準②のみに該当する患者の状態(必要度Ⅱ)
○ 必要度Ⅱで基準②のみに該当する患者のうち、A1点が「呼吸ケア」又は「心電図モニター」の患者について、該当するレセプト電算処理システム用コードの内訳をみたところ、それぞれ「酸素吸入」と「呼吸心拍監視(14日超)」の占める割合が多かった。
基準②のみに該当する患者の状態(必要度Ⅱ).jpg

基準②に該当する直前の状況(基準非該当日の各項目の状況)
○ 「いずれの基準も非該当」の状態から、「基準②のみに該当」に移行した患者について、基準非該当日の各項目の該当状況をみると、A項目は「非該当」が最も多く約8割を占めたが、B項目は「口腔清潔」が最も多く約8割、「診療・療養上の指示が通じる」は約5~6割を占めた。

基準②に該当する直前の状況(基準非該当日の各項目の状況).jpg

必要度Ⅰの基準②患者、1日あたり資源投入量ゼロが約4~5割も

急性期一般入院料1では病床規模が小さいほど介護度の高い患者が多い

病床規模が小さいほど「自立」の患者が少ない傾向

2019年度第6回入院医療等の調査・評価分科会議事次第
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000183658_00014.html
(一般病棟入院基本料等)
○ 急性期一般入院料1において、病床規模が小さいほど高齢で介護度の高い患者が多いことについて、どのような要因が考えられるか。
○ 平成 30 年度改定で新たに導入した、重症度、医療・看護必要度の「B14又はB15 に該当し、A1点かつB3点以上」の基準については、病床規模ごとの該当患者割合や、基準を満たす患者の該当項目を分析してほしい。
○ 重症度、医療・看護必要度の評価方法Ⅱを選択することで評価の負担が軽減されると思われるが、届出が少ないことについて理由も含め引き続き検討してほしい。
○ 該当患者割合の改定前後の差や、評価方法ⅠとⅡの差について、引き続き検討してほしい。

重症度、医療・看護必要度に関する分析(P5-P45)
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000544730.pdf
・ 平成 30 年度改定で新たに追加した「B14 又はB15 に該当し、A1点かつB3点以上」(以下、基準②という)のみに該当する患者のうち、A1点が「心電図モニター」である割合が多いが、そのような患者についてさらに分析してはどうか。
・ 基準②のみに該当する患者割合は病床規模が小さい病院に多い傾向。
・ いずれの基準にも該当しない状態から基準②のみに該当する状態に移行した患者については、基準非該当日における各項目の該当状況を分析してはどうか。また、治療によって状態が改善することで、かえって基準②に該当するようになる場合があるのではないか。
・ 基準②のみに該当する患者は、高齢で要介護度が高いなど、退院に向けて関わる必要がある患者という特徴があるのではないか。
・ B項目は重症度ではなく患者の状態なので、急性期入院医療の指標としてはB項目単独で考えるのではなく、医療の指標であるA・C項目との組合せをみていく必要があるのではないか。
・ B項目を組み合わせた基準は、年齢や認知症の有無等と一定の関係性があり、これらの評価と合わせて考える必要があるのではないか。
・ B項目の評価や記録には一定の負担が伴うが、患者の日々の状態を把握するために記録することには意味があるのではないか。
・ 入院中のB項目の該当状況の変化について、手術等の有無を含めて分析してはどうか。
・ 「A2点かつB3点以上」の基準のみに該当する患者をみると、A2点は「専門的な治療・処置」が多く、当該項目は「免疫抑制剤の管理」の占める割合が多い。
・ 注射薬や内服薬の入院・外来における使用状況は薬剤の種類によってばらつきがあるが、入院・外来のいずれで使用するかは患者の状態や治療の状況、施設の方針等によるため、どちらが望ましいとは一概に言えないのではないか。
・ 入院の必要性は個々の患者の状態を踏まえて判断されるが、患者の状態によらず通常入院で行う手術等の医療行為については評価対象とすべきではないか。そのためにも、外来で行うことが比較的多い医療行為については、評価対象から外す等の整理をしてもよいのではないか。
・ 手術の評価にあたって、術後の一定期間をICUで管理することが多い手術があることに留意が必要。
・ 評価法ⅠとⅡにおける個別項目の該当状況の差については、判定ルールに違いがあることや、評価法Ⅱの入力の精度による影響が大きいのではないか。

急性期一般入院料1で病床規模が小さいほど介護度の高い患者が多い.jpg

病床規模が小さいほど「自立」の患者が少ない傾向.jpg

急性期一般入院料1では病床規模が小さいほど介護度の高い患者が多い

看護必要度が正確に測定されているか定期的に院内検証した記録を整備

看護必要度が正確に測定されているか定期的に院内検証した記録を整備

↓↓↓

更新日:2018年12月28日
個別指導及び適時調査において保険医療機関等に改善を求めた主な指摘事項について/東海北陸厚生局
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/tokaihokuriku/iryo_shido/shitekijikou_ika.html

平成29年度に実施した施設基準等に係る適時調査において保険医療機関に改善を求めた主な指摘事項(PDF)
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/tokaihokuriku/iryo_shido/000083224.pdf

○ 患者の重症度、医療・看護必要度が正確に測定されているか定期的に院内で検証した記録がないので、記録を整備すること。

 

看護必要度が正確に測定されているか定期的に院内検証した記録を整備

DPC様式3に看護必要度データの報告追加 - 九州医事研究会メルマガ2018年05月31日号発行

DPC様式3に看護必要度データの報告追加 - 九州医事研究会メルマガ2018年05月31日号発行
http://archives.mag2.com/0001588268/20180531080000000.html

DPC様式3に看護必要度データの報告追加.jpg

 

DPC様式3に看護必要度データの報告追加 - 九州医事研究会メルマガ2018年05月31日号発行

看護必要度に係る評価は診療録等のいずれかに記録

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(別添6別紙6)
(平成30年3月5日保医発0305第2号)
http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=553720

入院基本料に係る看護記録
入院基本料の届出を行った病棟においては、看護体制の1単位ごとに次に掲げる記録がなされている必要がある。ただし、その様式、名称等は各保険医療機関が適当とする方法で差し支えない。

1 患者の個人記録

(1)経過記録
個々の患者について観察した事項及び実施した看護の内容等を看護要員が記録するもの。
ただし、病状安定期においては診療録の温度表等に状態の記載欄を設け、その要点を記録する程度でもよい。

(2)看護計画に関する記録
個々の患者について、計画的に適切な看護を行うため、看護の目標、具体的な看護の方法及び評価等を記録するもの。
なお、重症度、医療・看護必要度に係る評価を行う入院料を算定する病棟の患者については、モニタリング及び処置等、患者の状況等及び手術等の医学的状況の項目の評価に関する根拠等について、(1)、(2)またはその他診療録等のいずれかに記録すること。

別紙7(PDF190~)
http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=553720
一般病棟用の重症度、医療・看護必要度Ⅰに係る評価票
一般病棟用の重症度、医療・看護必要度Ⅱに係る評価票
(省略)

入院基本料に係る看護記録.jpg

看護必要度に係る評価は診療録等のいずれかに記録

看護必要度Ⅱ届出はⅠと4%以内 評価方法の変更は4月・10月のみ

一般病棟用の重症度、医療・看護必要度の評価方法の見直し(Ⅱについて)

[施設基準]
・直近3月の入院患者のうち、基準を満たす 患者の割合を算出すること
・入院料等の届出を行う際に、ⅠとⅡのいずれを使用するかを届出すること
・Ⅱを用いる場合は、届出前3月において、重症度、医療・看護必要度の基準を満たす患者の割合について、ⅠとⅡの各入院 料等の基準を満たした上で、Ⅱの基準を満たす患者の割合からⅠの基準を満たす患者の割合を差し引いた値が0.04を超えないこと。
・評価方法のみの変更を行う場合は、その切り替えは4月又は10月であり、切り替える月の10日までに変更の届出を行うこと。

kango-hituyooudo2todokede.jpg

 

例えば、Ⅰが30%、Ⅱが35%の場合、明らかにⅡのデータがおかしいので届出は却下とのこと。Ⅰが30%、Ⅱが24%の場合はOK マイナスの場合は問題なし。プラスになれば要注意。 プラス4%以上がNG。 詳細は疑義解釈でも出すとのこと。

平成30年度診療報酬改定関係資料
https://wp.me/p6NPV7-33J

54分52秒 看護必要度~

 

看護必要度Ⅱ対照表を各医療機関で判定して申告すること。
http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=519681&name=file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000196316.xlsx

 

看護必要度Ⅱ届出はⅠと4%以内 評価方法の変更は4月・10月のみ