働く世代の負担、日本が世界一 国連統計、少子高齢化が影響

何とかしてほしいなあ。こんな中で妊婦税(妊婦加算)とか設定しようとしているからなあ。酷い話だ。現役世代に極端に冷たい社会。早く「価値に基づく医療」を実現して、患者が求めない医療があればしない選択肢も増やさないと。現在の日本は1990年代半ばまでのフランスと同じ。30年以上の遅れ。周回遅れの日本の医療制度。アウトカム評価・患者満足度評価も導入されていない周回遅れのDPC/PDPS制度、DPC制度疲労。

↓↓↓↓↓

働く世代の負担、日本が世界一 国連統計、少子高齢化が影響
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6327117
【ニューヨーク共同】国連経済社会局は17日、65歳以上の人口に対する25~64歳の人口の比率を示す「潜在扶養率」が、2019年には日本が世界最低の1.8を記録したとの統計を発表した。少子高齢化の影響で、年金加入者である生産年齢層の負担が増している現状が浮き彫りになった。

1560823052_20190618-00000008-kyodonews-000-view.jpg

 

***********************************************

https://www.meti.go.jp/committee/summary/eic0009/pdf/020_02_00.pdf

母子世帯の過半数は貧困.jpg

一律に「高齢者=弱者」として扱い.jpg

フランスでは、医療現場と国民が医療の限界を受け入れる.jpg

 

 

 

働く世代の負担、日本が世界一 国連統計、少子高齢化が影響