(東北厚生局)個別指導適時調査指摘事項資料2018年5月31日更新

東北厚生局 更新日:2018年5月31日
個別指導及び適時調査において保険医療機関等に改善を求めた主な指摘事項について
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/tohoku/shido_kansa/shidoubumonn/omonashitekijikou.html

(東北厚生局)個別指導適時調査指摘事項資料2018年5月31日更新.jpg

 

2018年6月1日現在 保険診療における指導・監査まとめ
https://wp.me/p6NPV7-3g8

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

H29上半期 九州地域「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
https://wp.me/p6NPV7-2Z0

◆H28年度版 個別指導指摘事項「DPC関連」 アップコーディングと適正DPC請求の差額返還事例
http://wp.me/p6NPV7-2Hu

◆H28年度版 個別指導指摘事項「電子カルテ関連」
http://wp.me/p6NPV7-2HW
————————————–
H28年度 福岡県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2FL
H28年度 佐賀県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2G7
H28年度 長崎県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2Gj
H28年度 熊本県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2Gw
H28年度 大分県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2GK
H28年度 宮崎県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2GV
H28年度 鹿児島県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2H6
H28年度 沖縄県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2Hj

 

(東北厚生局)個別指導適時調査指摘事項資料2018年5月31日更新

個別指導指摘事項(「電子カルテ」抜粋) 平成28年度版 東北厚生局

touhoku-kobetsushido-201802.jpg

東北厚生局
個別指導において保険医療機関等に改善を求めた主な指摘事項について 更新日:2018年2月28日
平成28年度に実施した個別指導において保険医療機関(医科)に改善を求めた主な指摘事項(PDF:299KB)
平成28年度に実施した個別指導において保険医療機関(歯科)に改善を求めた主な指摘事項(PDF:267KB)
平成28年度に実施した個別指導において保険薬局に改善を求めた主な指摘事項(PDF:276KB)
http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/tohoku/shido_kansa/shidoubumonn/omonashitekijikou.html

(3) 電子カルテ(電子媒体の記録)について
① 電子的に保存している記録(電子カルテ)の作成について、次の事例が認められたので改めること。
ア 最新の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に準拠していない例
イ 記録の確定が速やかに行われていない例(診療録は診療の都度、遅滞なく記載する必要があることから、医療情報システムにおいても記録の確定は速やかに行われる必要があることに留意すること。なお、保留機能を有する場合には、保留の期間に制限を設けること。)
② パスワードの管理について、次の事例が認められたので改めること。
ア パスワードが4文字である例(パスワードは英数字、記号を混在させた8文字以上の文字列が望ましい。)
イ パスワードの更新期限を適切に設定していない例
ウ 職員個々の認証番号(ID)、パスワードが適切に付与されていない例
エ 異動、退職した職員の ID の管理が適切に行われていない例
オ 情報システムへのアクセスにおける利用者の識別と認証が適切に行われていない例(ID 及びパスワードを共有しないこと。)
カ パスワードの設定を利用者本人が行っていない例(他人のなりすましを防ぐため、パスワード設定は利用者本人が行うこと。)
③ アクセス範囲について、次の事例が認められたので改めること。
ア 利用者のアクセス制限を適切に設定していない例(故意又は過失による虚偽入力、書き換え、消去等の防止のため、操作者の権限に応じてアクセスできる情報を制限し、真正性の確保に努めること。)
イ アクセスログの管理が適切に行われていない例(医療情報システムの不正利用がないか、定期的に監査を実施すること。)
④ 入力・修正について、次の事例が認められたので改めること。
ア 追記・修正等の情報が適切に記録されていない例(追記・修正等を行った場合には更新内容及び更新日時を記録するとともに、更新内容の確定責任者の識別情報を関連付けて保存し、真正性を確保すること。)
イ 代行入力の手順を適切に整備していない例(代行入力を行う場合は、作成責任者が内容を確認し、確定操作(承認)を行う等、手順を整備し適切に運用すること。)
⑤ セキュリティについて、次の事例が認められたので改めること。
ア 離席時のクローズ処理が適切に行われていない例(ログオフあるいはパスワード付きスクリーンセーバー等により適切に行うこと。)
イ 盗難防止対策が適切に行われていない例(個人情報が存在するパソコン等の重要な機器に盗難防止用チェーンを取り付けること。)
ウ サーバ室への入退室の管理が適切に行われていない例
エ バックアップデータの保管・管理が不十分な例
オ 診療録の外部保存が適切に行われていない例(ネットワークを通じ診療録等を外部に保存する場合は、通信の相手先が正当であることを認識するための相互認証を行うこと。)
カ 個人情報保護に関する方針を策定していない例(策定し、院内に明示すること。)
キ 運用管理規程に定めているシステムの監査が実施されていない例
ク 情報及び情報機器の院外への持ち出しに関する方針を、運用管理規程に定めていない例
ケ 医療情報システムの利用者に対する操作訓練及び個人情報保護に関する職員研修等を実施していない例(定期又は不定期に医療情報システムの取扱い及びプライバシー保護やセキュリティ意識向上に関する研修を行うこと。)
コ 個人情報の安全管理が適切に行われていない例(法令上の守秘義務のある者以外を事務職員等として採用するにあたっては、雇用及び契約時に守秘・非開示契約を締結すること等により個人情報の安全管理を行うこと。)
⑥ その他、次の事例が認められたので改めること。
ア 電子カルテシステムと他の周辺機器との時刻を同期させていない例
イ 時刻の制度が保たれていない例(標準時刻と定期的に一致させる等の手段で診療事実の記録として問題のない範囲の精度を保つこと。)

(4) その他
その他、次の事例が認められたので改めること。
① 診療録が紙によるものと医療情報システム(電子カルテ)によるものが混在している例
② 診療録が散逸しており適切に管理されていない例(頁数を間違えないよう編綴すること。)
③ 医療保険と介護保険の記載が区別されていない例(医療保険と介護保険を一つの診療録に記載する場合は、下線又は枠で囲むなどして、医療保険と介護保険との部分を区別すること。)
④ 保険診療の診療録と保険外診療の診療録が混在している例(区別して管理すること)
⑤ 訪問診療と訪問看護のいずれを実施したものであるのか診療録上判別できない例(明確に記載すること。)
⑥ 全ての患者、入院患者、透析患者について作成されていない例(患者ごとに整備し適切に記載すること。)
⑦ 記載漏れ、合計点数のみで算定項目名と点数内訳の記載がない例(診療の都度、適切に記載し整備すること。)
⑧ 診療録と診療報酬明細書(レセプト)とで患者の診療日が相違している例(診療録の記載及び請求を適切に行うよう改めること。)

個別指導指摘事項(「電子カルテ」抜粋) 平成28年度版 東北厚生局

平成30年度診療(調剤)報酬改定にかかる質問について/東北厚生局

東北厚生局が最速掲載。もうこの時期からUP。

↓↓↓

平成30年度診療(調剤)報酬改定について/東北厚生局
http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/tohoku/shido_kansa/30kaitei.html

平成30年度診療(調剤)報酬改定にかかる質問について/東北厚生局
http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/tohoku/shido_kansa/shidoubumonn/30shitsumon.html

h30kaitei-shitsumon-tohoku.jpg

 

前回 → 平成28年度診療報酬改定に関する質問先まとめ

平成30年度診療(調剤)報酬改定にかかる質問について/東北厚生局

東北厚生局 個別指導指摘事項(DPC関連)(9/19更新版)

個別指導において保険医療機関等に改善を求めた主な指摘事項について/東北厚生局
更新日:2017年9月19日
http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/tohoku/shido_kansa/shidoubumonn/omonashitekijikou.html

h27kobetsu_tohoku

診断群分類及び傷病名
(1) 「最も医療資源を投入した傷病名」(ICD-10 傷病名)の選択について、次の事例が認められたので改めること。
① 「最も医療資源を投入した傷病名」(ICD-10 傷病名)の選択が医学的に妥当と認められない例。傷病名の選択に留意し改めること。
ア 実際には「腰部脊柱管狭窄症」であるところ「腰椎椎間板ヘルニア」を選択
イ 実際には「うつ病による拒食症」であるところ「脱水症」を選択
ウ 実際には「壊死性筋膜炎」であるところ「播種性血管内凝固」を選択
エ 実際には「肺気腫」であるところ「ARDS」を選択
② 妥当と考えられる診断群分類番号と異なる診断群分類番号で算定している例。
原疾患が判明している場合には、原疾患に基づいた診断群分類番号で行うこと。
③ 包括範囲について、術後疼痛に対して使用したロピオン静注 50mg を手術薬剤として出来高で算定している例
④ 包括評価について、適切なコーディングに関する委員会における適切な診断群分類の決定のための検討が不十分な例。標準的な診断及び治療方針について院内で周知を徹底し、適切なコーディングを行う体制の確保を図ること。

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

DPCレセプト審査返戻件数が過去最高

(関連)
◆DPCレセプト審査返戻件数が過去最高更新
http://archives.mag2.com/0001588268/20170404070000002.html

《適時調査・個別指導対策》
http://archives.mag2.com/0001588268/20170814070000001.html

◆(保存版)平成29年度 全国の保険医療機関等の診療科別平均点数一覧表
http://wp.me/p6NPV7-2k4

◆2017年7月31日 個別指導指摘事項(東北・四国)
http://wp.me/p6NPV7-2gZ

◆2017年7月20日 平成28年度適時調査における主な指摘事項(近畿)
http://wp.me/p6NPV7-2dL

◆個別指導・適時調査(特定共同指導)最近の傾向」
http://wp.me/p6NPV7-y9
過去に返還金となった施設基準(抜粋)
https://qmir.files.wordpress.com/2017/07/kako_henkankinjirei.pdf

◆「適時調査」件数・金額とも過去最高に!
保険医療機関等の指導・監査等の実施状況
http://archives.mag2.com/0001588268/20170105080000000.html
診療報酬・DPC・施設基準の熟知(1)(2)(3)。
直近の傾向把握(4)や対象になりやすい診療科別の平均点数(5)、事前準備資料(6)等も把握必要。
(1)「H28年度診療報酬改定ポイント解説」
(2)「H28年度DPC/PDPSポイント解説」
(3)「H28年度施設基準等ポイント解説」
(4)「個別指導適時調査指摘事項(特定共同指導)等の最近の傾向」
(5)「個別指導適時調査(特定共同指導)対象となる平均点数」
(6)「適時調査事前準備書類一覧(各地方厚生局別まとめ)届出状況チェックリスト」

◆個別指導適時調査指摘事項(特定共同指導)等 まとめH27最新版
http://archives.mag2.com/0001588268/20170404070000002.html

東北厚生局 個別指導指摘事項(DPC関連)(9/19更新版)

東北厚生局 個別指導指摘事項(電子カルテ関連)(9/19更新版)

個別指導において保険医療機関等に改善を求めた主な指摘事項について/東北厚生局
更新日:2017年9月19日
http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/tohoku/shido_kansa/shidoubumonn/omonashitekijikou.html

h27kobetsu_tohoku

◆電子カルテ関連

① 電子的に保存している記録について、次の事例が認められたので改めること。
ア 認証番号(ID)の付与が適切に行われていない例
(運用管理規程に利用者の責務として定めている、職員自身の認証番号の管理が適切に行われるよう ID の付与を行うこと。)
イ 異動、退職した職員の ID の管理が適切に行われていない例
ウ システムへのすべての入力操作について、対象情報ごとに入力者の職種等の必要な区分に基づいた権限管理(アクセスコントロール)が定められていない
例(権限のある利用者以外による作成、追記、変更を行わないこと。)
エ パスワードの更新期限を適切に設定していない例(パスワードの更新期限は最長でも2ヶ月以内に設定すること。)
オ パスワードが2桁であった例(パスワードは英数字、記号を混在させた8文字以上の文字列が望ましい。)
カ 運用管理規程に定めている、電子保存システムを正しく利用させるための教育と訓練が行われていない例(システム管理者は、利用者である職員に対して教育と研修の機会を与えること。)
キ 離席時のクローズ処理が適切に行われていない例
ク 診療録の記載内容が抹消された場合、抹消日時等が表示されていない例

② 電子的に保存している記録について、最新の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン第 4.2 版」に準拠した運用をしていないので改めること。
③ 診療録について紙によるものと医療情報システム(電子カルテ)によるものが混在しているのでどちらか一方に統一すること。
④ 医療機関として電子媒体を原本として定めているにもかかわらず、記録類を紙媒体のみで保存している。

・外来管理加算を請求していないにもかかわらず、診療録に「外来管理加算×1」の記載がある例(電子カルテの初期設定が、「外来管理加算」を算定するようになっており、自動的な算定となるおそれがある場合には改めること。)

・ ニコチン依存症管理料
① 治療管理の要点の診療録への記載が不十分な例が認められたので改めること。
② ニコチン依存症管理料に係る患者の同意書等について適切に保管すること。
③ 検査資料(TDI)等の写しを電子カルテ内に取り込むよう努めること。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

《適時調査・個別指導対策》
http://archives.mag2.com/0001588268/20170814070000001.html

◆(保存版)平成29年度 全国の保険医療機関等の診療科別平均点数一覧表
http://wp.me/p6NPV7-2k4

◆2017年7月31日 個別指導指摘事項(東北・四国)
http://wp.me/p6NPV7-2gZ

◆2017年7月20日 平成28年度適時調査における主な指摘事項(近畿)
http://wp.me/p6NPV7-2dL

◆個別指導・適時調査(特定共同指導)最近の傾向」
http://wp.me/p6NPV7-y9
過去に返還金となった施設基準(抜粋)
https://qmir.files.wordpress.com/2017/07/kako_henkankinjirei.pdf

◆「適時調査」件数・金額とも過去最高に!
保険医療機関等の指導・監査等の実施状況
http://archives.mag2.com/0001588268/20170105080000000.html
診療報酬・DPC・施設基準の熟知(1)(2)(3)。
直近の傾向把握(4)や対象になりやすい診療科別の平均点数(5)、事前準備資料(6)等も把握必要。
(1)「H28年度診療報酬改定ポイント解説」
(2)「H28年度DPC/PDPSポイント解説」
(3)「H28年度施設基準等ポイント解説」
(4)「個別指導適時調査指摘事項(特定共同指導)等の最近の傾向」
(5)「個別指導適時調査(特定共同指導)対象となる平均点数」
(6)「適時調査事前準備書類一覧(各地方厚生局別まとめ)届出状況チェックリスト」

◆個別指導適時調査指摘事項(特定共同指導)等 まとめH27最新版
http://archives.mag2.com/0001588268/20170404070000002.html

東北厚生局 個別指導指摘事項(電子カルテ関連)(9/19更新版)

東北厚生局管内保険医療機関等の診療科別平均点数一覧表

tohoku_ave_point

“東北厚生局管内保険医療機関等の診療科別平均点数一覧表” の続きを読む

東北厚生局管内保険医療機関等の診療科別平均点数一覧表

個別指導指摘事項(平成27年度) 東北厚生局

h27tohoku_kobetsushido

“個別指導指摘事項(平成27年度) 東北厚生局” の続きを読む

個別指導指摘事項(平成27年度) 東北厚生局