特定抗菌薬の使用状況 65歳以上DOT198.96病院が今回調査の最大値

抗菌薬延べ投与日数が長いですよーっていうワースト病院順。
薬剤部や感染看護師中心に院内啓蒙用データ。
逆に少ないのはリハ病院や産科病院など(省略)。

↓↓↓

平成29年度DPC導入の影響評価に係る調査「退院患者調査」の結果報告について
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000196043_00001.html

定抗菌薬の使用状況 DOT198.96病院が最大値.jpg

③特定抗菌薬の使用状況
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000479333.pdf
一般病棟期間およびその他病棟期間において使用されたカルバペネム系抗菌薬について、各年齢区分(15 歳未満、15 歳以上 65 歳未満、65 歳以上)での AUD(antimicrobial use density:抗菌薬使用密度)および DOT(days of therapy:抗菌薬治療日数)を算出。なお、計算に用いる DDD(defined daily dose)は WHO のサイト(https://www.whocc.no/atc_ddd_index/)に公開されている値(2018 年 12 月1 日時点の情報)を使用。なお、カルバペネム系のうち上記サイトで DDD の値が明示されていなかったテビペネムピボキシル及びファロペネムナトリウム水和物については除外して集計している。

 AUD =(特定期間の特定抗菌薬使用量/(当該抗菌薬 DDD×特定期間の入院患者延べ日数))×1000
 DOT =(特定期間の特定抗菌薬延べ投与日数/特定期間の入院患者延べ入院日数)×1000

系統 成分名
カルバペネム系 イミペネム水和物・シラスタチンナトリウム
カルバペネム系 メロペネム水和物
カルバペネム系 ビアペネム
カルバペネム系 ドリペネム水和物
カルバペネム系 パニペネム・ベタミプロン

//////////////////////////////////////////////////////////////

米国、院内感染罰則 758病院がペナルティ
https://wp.me/p6NPV7-hU

特定抗菌薬の使用状況 65歳以上DOT198.96病院が今回調査の最大値

薬剤耐性(AMR)対策の啓発に『機動戦士ガンダム』を起用

薬剤耐性(AMR)対策の啓発に『機動戦士ガンダム』を起用
「AMR対策 いきまぁーす!」
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000179184.html

amr.jpg

「病院情報の公表」に薬剤耐性対策の指標(抗菌薬の使用)追加案
http://wp.me/p6NPV7-2DR
DPCクオリティマネジメント指標23項目
http://wp.me/p6NPV7-2bs
「病院情報の公表」は臨床指標等の次段階へ向けた分析のためのインフラ整備
http://wp.me/p6NPV7-1Sy

 

“薬剤耐性(AMR)対策の啓発に『機動戦士ガンダム』を起用” の続きを読む

薬剤耐性(AMR)対策の啓発に『機動戦士ガンダム』を起用