地域包括ケアシステム/医療介護連携はなぜこんなにわかりにくいのか?

表題、気持ちは分かりますが銀行や金融業界も似たようなもんです。
家計の相談はファイナンシャルプランナーがいるように医療介護福祉も専門職がいます。

相談し易い場所は保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士がいる地域包括支援センター
各医療機関では社会福祉士やMSWが配置されていれば気軽に相談できます。
両者の違いはメディカル(医療)を理解しているかどうか。
経験長いMSWは貴重な存在。もう少し診療報酬がこれらの職種に手厚くなれば相談体制も充実が図れます。

↓↓↓

現場の声を踏まえた在宅医療・介護連携推進フォーラム
(主催:四国厚生支局・香川県)(共催:香川県地域包括ケアシステム学会)
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/shikoku/chiiki_houkatsu/zaitakuiryoukaigorenkei.html

地域包括ケアシステム医療介護連携はなぜこんなにわかりにくいのか

地域包括ケアシステム/医療介護連携はなぜこんなにわかりにくいのか?

関東信越厚生局と関東経済産業局との連携事業

関東信越厚生局と関東経済産業局との連携事業
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/houkatsu/jireikennkyuukai_00001.html
関東信越厚生局・関東経済産業局連携
超高齢社会に向けた両局の連携事業について
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/houkatsu/renkeijigyou1.pdf

関東信越厚生局・関東経済産業局連携.jpg

 

地域包括ケアシステムの構築に向けた自治体と民間企業等とのマッチングのイメージ
地域包括ケアシステムの構築に向けた自治体と民間企業等とのマッチングのイメージ.jpg

ベンチャー等の事業会社・自治体の抱える課題や外部連携への期待
ベンチャー等の事業会社・自治体の抱える課題や外部連携への期待.jpg

「ヘルスケア関連ベンチャー等」×「自治体・介護施設等」の事例
「ヘルスケア関連ベンチャー等」×「自治体・介護施設等」の事例.jpg

今後予定している連携事業
・キャラバン隊の結成及び専門家等による情報提供 2019年5月以降随時
・地域の社会課題解決を図るモデル事業の検討 2019年5月以降随時
・関東信越厚生局地域包括ケア推進都県協議会 2019年5月中旬~6月上旬
・自治体や介護事業者等と民間企業とのマッチングイベント 2019年秋頃予定

 

関東信越厚生局と関東経済産業局との連携事業

九州厚生局 地域共生社会の構築支援の取り組み開始 

改正社会福祉法の順守として医療介護福祉施設による地域共生社会の実現・取り組み

↓↓↓

九州厚生局 地域共生社会の構築支援の取り組み開始
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kyushu/houdou/000084897.pdf
厚生労働省九州厚生局では、昨年 11 月から「地域共生社会推進本部」を設置し、九州・沖縄管内各県及び市町村、他省庁、関係団体等と協力・連携し、地域共生社会の構築に向けた市町村等の取組の支援を進めていくこととしました。
今後、次のような取組を進めて行くこととしており、平成 31 年3月9日(土)には、取組を加速させるための「地域共生社会の構築に向けた九州・沖縄研究大会」を開催します。
九州厚生局における地域共生社会構築の取組.jpg

九州厚生局における地域共生社会構築の取組
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kyushu/houdou/000084898.pdf
地域共生社会の構築に向けた九州・沖縄研究大会
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kyushu/houdou/000084899.pdf

地域共生社会の実現に向けたこれまでの経緯

地域共生社会の実現に向けたこれまでの経緯.jpg

 

九州厚生局 地域共生社会の構築支援の取り組み開始 

2018欧州eHealth最新ニュースTOP20

えええ、なんなのこれ。求人募集情報が半数も占めている。
新しい分野の募集があること自体に驚きなの?

この一覧より参考に載せてる「図表で見る欧州の健康2018」のほうが読み応えあり。
「ティール組織」のオランダ医療は元気がいい。

↓↓↓

Top 20 Breaking eHealth News of 2018
http://www.ehealthnews.eu/industry/5708-top-20-breaking-ehealth-news-of-2018
1. MSD Innovation Factory Selects 3 Companies to co-Create Digital Health Solutions
2. Open Call SC1-DTH-01-2019: Big Data and Artificial Intelligence for Monitoring Health Status and Quality of Life after the Cancer Treatment
3. Artificial Intelligence for Health: ITU and WHO Call for Proposals
4. ECHAlliance International Projects Lead (Jobs)
5. Senior Manager Digital Health Technology Hub (Jobs)
6. Editor-in-Chief, The Lancet Digital Health (Jobs)
7. R&D Digital Lead (Jobs)
8. Senior International Medical Digital Manager (Jobs)
9. PhD Candidate Next Generation Medical Imaging Systems (Jobs)
10. Open Call SC1-DTH-08-2018: Prototyping a European Interoperable Electronic Health Record (EHR) Exchange
11. How Blockchain Technology will Change the eHealth Industry
12. Global Digital Brand Manager (Jobs)
13. Product Manager Big Data & Analytics Cloud Based Platform (Jobs)
14. NHS Staff Punished as 500,000 Rely on WhatsApp, Facebook Messenger and other Apps
15. International Masters’s in Medical Informatics at the Heart of Europe
16. Consultation: Transformation Health and Care in the Digital Single Market (Publication)
17. Call for Abstracts: European Telemedicine Conference 2018 (ETC18)
18. Open Call SC1-HCC-04-2018: Digital Health and Care Services – Support for Strategy and (Early) Adoption
19. Research Associate – Digital Health (Jobs)
20. Philips Launches First Global Start-Up Collaboration Program Focused on the Application of Artificial Intelligence in Healthcare

healthataglanceeurope2018
(参考)
Health at a Glance: Europe 2018
http://www.ehealthnews.eu/download/publications/5693-health-at-a-glance-europe-2018
https://ec.europa.eu/health/sites/health/files/state/docs/2018_healthatglance_rep_en.pdf
Addressing wasteful spending in hospitals . . . 47
Addressing wasteful spending on pharmaceuticals . . . 60

Chapter 2. Strategies to reduce wasteful spending: Turning the lens to hospitals

In the Netherlands, after-hours care is organised at the municipal level in GP “posts”. These posts are generally situated near or within hospitals in order to provide urgent primary care overnight, and work closely with emergency departments. Nearly all GPs work for a GP post. Specially trained assistants respond to phone calls and perform triage, with GPs then determining referrals to hospital. GPs are paid at hourly rates for after-hours work and must provide at least 50 hours of after-hours care per year to maintain their GP registration. As GP care in the Netherlands is free at the point of service, and a mandatory deductible applies for (emergency) hospital care, patients have a financial incentive to choose GP posts over the Emergency Department (Wammes et al., 2017).

----------------
Reducing delayed discharge from hospital Delayed discharges unnecessarily increase health care costs
Several countries have taken steps to increase the capacity of intermediate care facilities and home care to accommodate people who no longer require acute care.
Increasing the availability of intermediate care is used as a strategy to improve hospital transitions in the Netherlands, Norway, Scotland, and Sweden. Strengthening home-based care services, including hospital-at-home and outreach services following discharge, has been found to both reduce length of stay and the risk of hospital readmission (O’Connoret al., 2015).

 

 

ティール組織(次世代型組織) 医療の働き方改革
医療現場の労働生産性は劇的に改善できる 管理型マネジメントの終焉
https://archives.mag2.com/0001588268/20180627080000000.html

オランダで急成長を遂げるティール組織、Buurtzorgの驚きの組織運営
Go to the profile of 嘉村賢州 Aug 16, 2017

マネージャー不在の「ティール組織」ビュートゾルフの、ITを使った意思決定術とは?
コラボレーター 加留部 有哉

Welcome to Buurtzorg
https://www.buurtzorg.com/

 

訪問看護の取り組みが充実したオランダBuurtzorg(ビュートゾルフ)※
※オランダの地域看護師 Jos de Blok(ヨス・デ・ブロック)氏が2006年に創業した非営利の在宅ケア組織。
https://buurtzorg-services-japan.com/service/

日本版ビュートゾルフの普及中

↓↓↓

地域包括ケアシステム
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/chiiki-houkatsu/
介護事業所・生活関連情報検索「介護サービス情報公表システム」
http://www.kaigokensaku.mhlw.go.jp/

(関連)
米国50州の入院患者1日あたり平均費用
https://www.beckershospitalreview.com/finance/average-hospital-expenses-per-inpatient-day-across-50-states.html

2018欧州eHealth最新ニュースTOP20

「郷診郷創」の取り組み 医療版「郷中教育」

この長崎県病院企業団の「郷診郷創」はとても素晴らしい取り組みだと思います。
「郷診郷創」というフレーズをみてパっと思い浮かべたのは医療版「郷中教育※」です。
地域の医療関連の教育充実で「健康島民」を目指し、地域包括ケアシステム時代の予防・医療・介護の連携を強化する取り組み。島民の医療従事者が率先して郷中(同一地域内)の方々に健康・医療の教育を行う体制をイメージしました。

※郷中教育とは、郷中(同一地域内)に住む武家の青少年たちが、勇気と根性を養い、日常のしつけを身につけ、武芸の鍛錬をする、薩摩藩独特の自治の教育体制。

↓↓↓

郷中 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/郷中
「郷中(ごじゅう)教育」とは
http://washimo-web.jp/Report/Mag-Goujyu.htm
薩摩藩独自の教育システム
http://www.uchiyama.info/oriori/kanri/kanri/goju/

 

------------------------

◆長崎県病院企業団 米倉正大 企業長挨拶
http://www.nagasaki-hosp-agency.or.jp/nha/
本県では、特に離島を中心に急激な人口減少などに伴って患者数の減少傾向が続いており、こうした状況に歯止めをかけ、今後も地域に必要とされる医療提供体制を維持するため、本土の医療機関を受診される患者さんのうち、地域内で治療可能な患者さんに地域内で受診していただくよう、 “郷診郷創”「地域での受診が、地域を創る」をスローガンに病院企業団全体で信頼される病院づくりに取り組んでまいりますので、皆様のご協力のほどよろしくお願いいたします。

◆「郷診郷創」病院への信頼を勝ち取る!
郷診郷創(きょうしんきょうそう)地域での受診は地域を創る
住民が地域の病院を育て、医療の質を向上させる
住民、行政および病院が一体になって島の活性化の役割を担う
http://www.nagasaki-medical.net/views/magazine/pdf/honbu/fukuyoka_vo10_2017fuyu.pdf

◆「郷診郷創」体系図
http://www.nagasaki-medical.net/views/magazine/pdf/honbu/fukuyoka_vo11_2017haru.pdf

◆「なんじゃもんじゃ地域版」2017年4月1日発行【366号】
http://www.nagasaki-medical.net/views/magazine/pdf/kamitsushima/366.pdf
長崎県病院企業団は順調に経営されてきましたが、昨年より人口の減少など様々な要因で大きな赤字を計上するようになってきました。このまま推移しますと、地域医療の崩壊が起こる可能性があります。長崎県病院企業団では「郷診郷創」という新しい標語で何とか危機を脱したいと考えています。郷土、ふるさとの医療を守るためにはそれぞれの地域の病院を受診していただくことで郷土の病院を守り育てることができ、郷土を創造できるということです。もちろん、病院も地域の信頼を得るべく努力をしなければなりません。信頼を得てこその「郷診郷創」ですが、地域に病院がなくなる現実が起こってからでは遅すぎるのです。人々が生活していくうえで医療、教育などなくてはならないものです。「郷診郷創」の主旨をご理解いただき、まずは対馬島内の医療機関を受診していただき、その後必要であれば島外医療機関に紹介受診をする。そのような流れをお願いできればと考えています。

 

 

------------------------

関連して、文部科学省が平成30年度予算要求で、2025年の超高齢社会に対応できる「医療人材養成拠点」として、全国15カ所に整備予定ですが、こうした取り組みを、地元自治体と長崎県病院企業団、長崎大学関連学部教室等と連携して、この「郷診郷創」の医療従事者育成事業を申請したりして、国の動きと連動させることも可能とも思います。
「郷中教育」は若者中心ですが、「郷診郷創」では高齢者中心など、逆パターンで生涯教育を目指すのは面白いと思います。
文科省の今回のこの概算要求は、一億総活躍社会の実現のための新規15億円計上の新しい取り組みです。

↓↓↓

文部科学省 平成30年度予算概算要求
「0011 予防・健康寿命の延伸に向けた人材養成拠点形成プログラム」
http://www.mext.go.jp/a_menu/kouritsu/detail/1395949.htm

soumushou20170919

《事業の目的》
世界に先駆けて超高齢社会を迎える我が国においては、健康寿命の延伸による一億総活躍社会の実現に向け、地域社会と連携した予防・医療・介護システムの構築や医療技術の開発などが求められており、これらの医療ニーズに対応できる医療人材を養成する。

《事業概要》
超高齢社会の到来に伴う疾病構造の変化や医療需要の増大が見込まれる総合診療、老年医療、在宅医療に対応するため、地域社会と連携した多職種横断教育により、新たな医療技術の開発の観点も踏まえた地域の医療・健康の基盤を支える医療人材を養成する大学・大学病院の取組を支援する。

《関係する計画、通知等》
経済財政運営と改革の基本方針2017~人材への投資を通じた生産性向上~(平成29年6月9日閣議決定)
ニッポン一億総活躍プラン(平成28年6月2日閣議決定)
健康・医療戦略(平成26年7月22日閣議決定、平成29年2月17日一部変更)
「日本再興戦略2016 -第4次産業革命に向けて- 」(平成28年6月2日閣議決定)

 

 

(関連)

【H28決算特集】第二弾 H28改定後の病院経営最前線2まとめ

長崎県病院企業団(11医療機関) H28年度経常損益▲10.4億円 郷診郷創の経営体制強化へ
http://wp.me/p6NPV7-2u1
長崎県病院企業団H28年度▲10.4億円赤字 離島地域からの通院は乗船運賃5割引響く
http://wp.me/p6NPV7-2wM

 

「郷診郷創」の取り組み 医療版「郷中教育」

DPC病院の経営悪化の理由(新入院対策・地域医療連携不足)

(前回より)病院経営にとって重要な指標はたったひとつ
http://wp.me/p6NPV7-28h

■新入院対策・地域医療連携不足
■ベッドコントロール不足
■係数対策不足

新入院獲得のための対策・・・自院所在の地域包括ケアシステムについて無策である場合が多い
臨床研修(基幹病院)でありながらマッチングゼロ、結果として応募もゼロ
紹介できる(させる)体制(システム)が構築されていない
などなどいくつかありますが、最大は2025年に向けた地域包括ケアシステムへの対策

“DPC病院の経営悪化の理由(新入院対策・地域医療連携不足)” の続きを読む

DPC病院の経営悪化の理由(新入院対策・地域医療連携不足)

保護中: 赤十字病院 地域包括ケアシステムへの対応4項目

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 赤十字病院 地域包括ケアシステムへの対応4項目

自院所在地域の医療機関の施設基準を把握する方法

関東甲信越厚生局のテキストのとおり、届出内容から地域医療構想・地域包括ケア推進を議論する。
医事課の新たな業務4項目。「市場の変化への対応」に失敗しない病院経営体制へ 医事課の手腕

(例)
■長崎県の主な自治体例(届出有りの医療施設数)
・長崎市439施設 (エクセル一覧)nagasakishi201706
・佐世保市178施設 (エクセル一覧)sasebo201706
・諫早市113施設 (エクセル一覧)isahayashi201706
・大村市84施設 (エクセル一覧)oomurashi201706

nagasakishi201706

“自院所在地域の医療機関の施設基準を把握する方法” の続きを読む

自院所在地域の医療機関の施設基準を把握する方法

医療介護 2030年代の目指すべき将来像 光の実現

産業構造審議会 新産業構造部会(第17回)‐配布資料
http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/shin_sangyoukouzou/017_haifu.html
「新産業構造ビジョン(とりまとめ)」全体版資料 平成29年5月30日

クリックして017_05_00.pdfにアクセス

2030年代の目指すべき将来像 光の実現

2030iryo01

“医療介護 2030年代の目指すべき将来像 光の実現” の続きを読む

医療介護 2030年代の目指すべき将来像 光の実現

在宅患者の急変時等の入院体制 地域包括ケア病棟

zaitaku_dpc “在宅患者の急変時等の入院体制 地域包括ケア病棟” の続きを読む

在宅患者の急変時等の入院体制 地域包括ケア病棟