地域包括ケア病棟入院料(救急・在宅等支援病床初期加算)

中央社会保険医療協議会 総会(第369回) 議事次第 平成29年11月10日(金)
在宅医療(その3)について
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000183540.html
在宅療養を行う患者の急変時等の入院体制
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000184390.pdf
◆在宅療養支援診療所・在宅療養支援病院
◆在宅療養後方支援病院(在宅患者緊急入院診療加算)
◆地域包括ケア病棟入院料(救急・在宅等支援病床初期加算)
◆療養病棟入院基本料(救急・在宅等支援療養病床初期加算)

 

地域包括ケア病棟・病室における救急・在宅等支援病床初期加算について
療養病棟における救急・在宅等支援療養病床初期加算について

>自宅等から患者を直接受け入れた場合に「救急・在宅等支援病床初期加算」が14日を限度として算定できる取扱い

本体プラスは確定ですので、地域包括ケア病棟(病床)の入院基本料は恐らく現状維持。
入院基本料で差をつけるということではなくて、下記のように加算で差をつける流れが有力か。
・地域包括ケア病棟へ直入(ポストアキュート)は「救急・在宅等支援病床初期加算」を算定可能
・院内外DPC病床等からの転棟(サブアキュート)は「救急・在宅等支援病床初期加算」を算定不可
っといった内容。

dai3kai_zaitakuryoyo_kyuhenjinyuintaisei01.jpg

dai3kai_zaitakuryoyo_kyuhenjinyuintaisei02.jpg

dai3kai_zaitakuryoyo_kyuhenjinyuintaisei03.jpg

dai3kai_zaitakuryoyo_kyuhenjinyuintaisei04.jpg

地域包括ケア病棟入院料(救急・在宅等支援病床初期加算)

国立病院機構 経営分析結果を全病院に提供 巻き返し狙う

大きな収入源の入院基本料(新入院対策+病床稼働率)への対応が重要ですね。例えば地域包括ケア病棟(病床)在宅療養後方支援病院の導入などを組織として取り組むなどを大号令とか。

在宅療養後方支援病院  377病院 (H29.10.15現在)
http://wp.me/p6NPV7-2NA

あとQC活動もいいんですが、権限委譲してまかせることも大切。それに費やしていた全職員の時間を病院一丸となって上記の対応をするなど。

↓↓↓

◆【国立病院機構】
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000175769.html
○ 地域のニーズに対応した効率的な経営の推進 (P146)
外部環境や内部環境、経営状況等を分析するための各種分析手法(経営分析ツール)の中で、患者数推計・医療圏の動向等を更新し、全病院に提供した。個別病院への経営指導に当たっては、最新の知見に基づく経営分析を行い、特に、平成28年度は高額薬剤による材料費の高騰に鑑み、経営分析ツールの一環として、診療収益の伸びが実際にはどの程度病院経営に寄与しているかを判断するための分析データを作成し、病院に提供した。

独立行政法人評価
事業年度業務実績評価書
http://www.mhlw.go.jp/wp/seisaku/dokuritu/seisaku-hyouka.html
独立行政法人評価に関する有識者会議
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-seisakuhyouka.html?tid=279420

nho_h28keieijokyo01.jpg

nho_h28keieijokyo-koritsuka.jpg

↓↓↓

TQM活動やBSC活動が無駄な理由
《ムダな会議・委員会・ミーティングに忙殺されてないか》
医療現場の労働生産性は劇的に改善できる
管理型マネジメントの終焉
http://archives.mag2.com/0001588268/20170921070000000.html

九州医事研究会メルマガ 2017年09月25日号
【特集】国立病院機構の決算からみる医事関連データ
http://archives.mag2.com/0001588268/20170925070000002.html

国立病院機構H27決算から見る医事関連データ
医療は労働集約型の産業であるため病院経営は「ヒト」のマネジメントに尽きる
http://archives.mag2.com/0001588268/20170921070000000.html

 

 

国立病院機構 経営分析結果を全病院に提供 巻き返し狙う

(在後病) 在宅療養後方支援病院  377病院

地域包括ケアシステム対応で最重要対策のひとつ「在宅療養後方支援病院」の届出。
地域包括ケア病棟(病床)と「在宅療養後方支援病院」の順調な運用が図れていれば経営安泰。500床以下の病院は必須。とくに中小病院では最重要の取り組み。

既に取り組んでいる先進病院一覧 → zaitakuryoyokouhou201709

zaitaku_dpc

chiikicare_shien-hp

 

■在宅療養後方支援病院の一層推進に「地域包括ケア支援病院」は必要
http://wp.me/p6NPV7-2Ml

■在宅療養後方支援病院を届出している375病院中、地域包括ケア病棟(管理料)の届出をしている病院数(地域包括ケアシステムの基幹病院)
375病院中199病院(53.1%)
1942病院中199病院(10.2%)
http://wp.me/p6NPV7-2fg

■在宅患者の急変時等の入院体制 地域包括ケア病棟
http://wp.me/p6NPV7-1Pg

■自治体病院が策定している病院改革プランの問題点
在宅患者の急変時等の入院体制の診療報酬を届出ているか?
「在宅療養後方支援病院」「地域包括ケア病棟入院料」
http://wp.me/p6NPV7-1Oi

■急性期医療機関対応となる「在宅療養後方支援病院」「地域包括ケア病棟入院料」を届けているかどうか。
経営悪化病院には理由がある→「市場の変化への対応失敗」
http://wp.me/p6NPV7-1Mk

■病院経営悪化・破綻の要因 内部要因52%、外部要因1%
主要なマネジメントエラー「市場の変化への対応失敗」
http://wp.me/p6NPV7-1yZ

■病院経営悪化はマーケティング不足 「在宅療養後方支援病院」の登録営業を行っているか?
http://wp.me/p6NPV7-2rF

(在後病) 在宅療養後方支援病院  377病院

在宅療養後方支援病院の一層推進に「地域包括ケア支援病院」は必要

chiikicare_shien-hp.jpg

病院5団体がH29年9月に設立した「地域医療を守る病院協議会」から「地域包括ケア支援病院」新設の要望が出されましたが、この件にコメント。元々はH28年4月に日本病院会の堺常雄会長が創設構想を明かしたのが始めだったと思います。
この「地域包括ケア支援病院」、実のところ在宅療養後方支援病院の推進で何が問題なのかと疑問を持っていたところでした。医療と介護の連携から在支診・在支病の患者を登録し、いつでも入院OKで3カ月毎の連絡も必須。退院時などには在宅担当の医師と共同で自宅訪問すれば1,500点(往診)など、まさに「地域包括ケア支援病院」が目指している病院とも思っていたんです。ただ考えたら、いかんせん下記を算定している重症患者しか対象になっていませんので、これらから外れる患者にも利用してもらうための新設要望なのかなとも思いました。それと在宅療養後方支援病院の届出は全国で360程度と伸び悩みも。

在宅療養後方支援病院・在宅患者共同診療料
・在宅時医学総合管理料
・施設入居時等医学総合管理料
・在宅がん医療総合診療料
・在宅療養指導管理料

地域医療を守る病院協議会、診療報酬の要望概要を発表
医療資源少ない地域での算定要件緩和など
https://www.m3.com/news/iryoishin/562454

在宅療養後方支援病院の一層推進に「地域包括ケア支援病院」は必要

地域包括ケア病棟(管理料)の「支援病」あり病院数

直近のデータから全病院の最新算定数。
在宅療養後方支援病院375病院中53.1%(199病院)は地域包括ケア病棟(管理料)を算定。

包括ケア病棟、往診・訪問診療は約半数 – CBnewsマネジメント
https://www.cbnews.jp/news/entry/20170727122551

↓↓↓

■地域包括ケア病棟(管理料)の在宅療養支援病院(支援病)算定あり病院数
1942病院中656病院(33.8%)  pdf   chiiki_zaishien
支援病1  99(単独型)(5.0%)
支援病2 201(連携型)(10.4%)
支援病3 356(従来型)(18.4%)
合計 656

■地域包括ケア病棟(管理料)の在宅患者訪問看護・指導料及び同一建物居住者訪問看護・指導料算定あり病院数
1942病院中297病院(15.3%)

■在宅療養後方支援病院を届出している375病院中、地域包括ケア病棟(管理料)の届出をしている病院数
375病院中199病院(53.1%)
1942病院中199病院(10.2%)

地域包括ケア病棟(管理料)の「支援病」あり病院数

国際標準検査管理加算(H29.7現在)80施設

遠隔画像診断(H29.7現在)491施設   170715enkakugazo
遠隔脳波診断(H29.7現在)7施設   170715enkakunouha
国際標準検査管理加算(H29.7現在)80施設   170715kokusai
陽子線治療12施設・粒子線治療15施設(H29.7現在)  170715youshiryushi
地域移行機能強化病棟入院料(H29.7現在)36施設   170715chiikiiko
地域包括診療加算(H29.7現在)4905施設    170715chiikikasan
地域包括診療料(H29.7現在)217施設   170715chiikisinryoka
在宅療養後方支援病院(H29.7現在)375施設    170715kouhoushien

◆自院所在地域の医療機関の施設基準を把握する方法
http://wp.me/p6NPV7-21N
◆H30改定対策「地域包括ケアシステム推進」点数 計18項目取り漏れないか?
H28改定時の「地域包括ケアシステム推進」点数をどれだけ算定できているか?
http://wp.me/p6NPV7-1Uw
H30改定前に行うこと(改定前議論を総合チェック)
http://archives.mag2.com/0001588268/20170710070000000.html

 

 

 

国際標準検査管理加算(H29.7現在)80施設

保護中: 精神科リエゾンチーム加算115施設が届出 九州から4施設 他チーム医療関連の届出状況

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 精神科リエゾンチーム加算115施設が届出 九州から4施設 他チーム医療関連の届出状況