国立病院機構の黒字化要因は「地域包括ケアシステム」と「働き方改革」への対応

新入院患者増加・手術件数増加は地域医療連携強化(紹介件数)と働き方改革によりプラス業務量が可能となった結果

独立行政法人評価に関する有識者会議 国立病院WG(第6回)配布資料
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05539.html
平成30年度 業務実績評価説明資料
https://www.mhlw.go.jp/content/12605000/000532345.pdf

平成30年度 業務実績評価説明資料 国立病院WG(第6回).jpg

“国立病院機構の黒字化要因は「地域包括ケアシステム」と「働き方改革」への対応” の続きを読む

国立病院機構の黒字化要因は「地域包括ケアシステム」と「働き方改革」への対応

【特集】国立病院機構2018決算から見る医事関連データ

(前回から続き)国立病院機構2018決算 経常利益83億円、最終損益17億円の黒字
https://wp.me/p6NPV7-4tn

↓↓↓

【特集】国立病院機構2018決算から見る医事関連データ
前年大幅増減あっ病院をキャッチアップ
経営好調病院・悪化病院には理由あり 要因分析後に自院へ活かす

◆100億円超の入院診療収入がある病院抜粋

100億円超の入院診療収入がある病院抜粋

◆収入増に努力した病院
前年比5%以上の伸び率病院抜粋
前年比5%以上の伸び率病院抜粋.jpg

◆外来診療収入TOP20
外来診療収入TOP20.jpg

◆保険等査定減金額TOP20
保険等査定減金額TOP20.jpg

◆査定率0.5%以上抜粋 国立病院機構平均は0.35
査定率0.5%以上抜粋.jpg

◆医事委託費金額TOP20
医事委託費金額TOP20.jpg

◆経常利益TOP20
経常利益TOP20.jpg

◆当期純利益TOP20
当期純利益TOP20.jpg

 

*************************************

◆経常利益 マイナス3億円以上抜粋
経常利益 マイナス3億円以上抜粋.jpg

埼玉病院は、2018年11月に新館開院&本館の改修工事・外溝工事の影響
https://saitama.hosp.go.jp/construction/

◆経常利益が前年度比でマイナスとなったワースト20

経常利益が前年度比でマイナスとなったワースト20.jpg

 

2018事業報告書
https://nho.hosp.go.jp/files/000108755.pdf

セグメント事業損益の経年比較・分析
セグメント事業損益の経年比較・分析2018.jpg

◆国立病院機構 2018年度投資額は医療機器整備140億円、建物整備557億円

予算、収支計画及び資金計画
○経営の改善
・新入院患者の確保に加え、手術件数の増加による入院患者の診療単価の増等、経営改善に取り組んだ結果、経常収益は前年度比で 285 億円増加した。一方で、職員数の増加による人件費の増や高額な新薬の使用による医薬品費の増等の影響から、経常費用は前年度比で 180 億円増加したものの、収益の伸びが費用の伸びを上回った。経常収支は前年度比で 105 億円改善した 84 億円(経常収支率 100.8%)となり、経常収支率100%以上を達成した。
・資金不足となる病院(108 病院)においては、経営改善計画を作成した。本部においては、個別病院毎の経営改善計画の進捗状況を確認するとともに、定例会議を開催し、病院の課題、対応方針を共有することで、計画を着実に進めるための支援体制を構築した結果、108 病院中 74 病院の経常収支が前年度実績より改善した。
○医療機器・建物整備に関する計画
・地域医療構想に基づく機能変更や法令対応等に係る投資を除き、各病院の資金状況によっては、投資不可とするなど厳しい投資判断を行う方針とし投資を決定した。
・平成 30 年度の投資額は、医療機器整備が 140 億円、建物整備が 557 億円となった。

在宅医療との連携など地域包括ケアシステムへの貢献
・在宅患者の急性増悪時の入院やレスパイト入院に引き続き対応した。
・1 病院が在宅療養支援病院、25 病院が在宅療養後方支援病院、36 病院が地域包括ケア病棟を導入し、在宅医療を担う医療機関と連携を行った。
・地域の要請に応じ、在宅療養患者に対して、36 病院が訪問診療、65 病院が訪問看護を引き続き実施した。
・新たに 1 病院が訪問看護ステーションを開設(計 10 病院に設置)し、在宅医療提供体制の充実に引き続き貢献した。

↓↓↓

国立病院機構 98病院でレスパイト入院に対応 地域包括ケアシステムへの経営対策でV字回復
https://wp.me/p6NPV7-3xY

 

*************************************

◆国立病院機構の中で最大の包括ケア病床(103床)を持つ関門医療センター
包括ケア病棟をこれだけもちながら経営が芳しくない理由はベッドコントロール不足。
地域包括ケア病棟の利用率が77% 急性期病床より低い
現場の意識が未だに急性期志向のためにこのような現象になる
看護必要度マネジメントに移行するか、患者の状態に応じた転床転棟へ方針・運用を固める
経営改善にはタクト振り配置が必要

↓↓↓

関門医療センター 病床利用率(許可病床数基準)

病床機能報告制度2015
http://www.city.shimonoseki.lg.jp/www/contents/1498438435372/files/siryosenmon2802.pdf
30床 高度急性期 50.7%
267床 急性期 87.1%
103床 回復期 59.8% ・・・地域包括ケア2病棟(51床・52床)

病床機能報告制度2017
http://www.city.shimonoseki.lg.jp/www/contents/1537417406145/files/siryo2-4.pdf
30床 高度急性期 50.1%
267床 急性期 85.9%
103床 回復期 77.3% ・・・地域包括ケア2病棟(51床・52床)

↓↓↓

江別市立病院の経営悪化要因
改善にはホーソン工場「選ばれし6人のプライド」
https://wp.me/p6NPV7-43C

 

*************************************

◆4年連続、経常利益を続ける優良30病院
4年連続、経常利益を続ける優良30病院.jpg

熊本医療センターや済生会熊本病院が経営好調な理由は、熊本地震で被災し、多数の入院患者が転院を強いられた市立熊本市民病院の影響。
2019年10月から診療開始のため、これまでのような経常利益確保は困難と思われる。

熊本城モチーフの新病院は地上7階建ての鉄骨造りで、総事業費は約232億円。診療科を34から31に再編し、病床数は556から388に(1床あたり約6,000万円)。

↓↓↓

熊本市民病院
http://www.cityhosp-kumamoto.jp/
new熊本市民病院.jpg

 

 

国立病院機構2017決算から見る医事関連データ
https://wp.me/p6NPV7-3oD

国立病院機構 H28決算から見る医事関連データ(その1)
http://wp.me/p6NPV7-2×0

国立病院機構 H28決算から見る医事関連データ(その2)
http://wp.me/p6NPV7-2zc

国立病院機構 H27決算から見る医事関連データ
http://wp.me/s6NPV7-nho

【特集】国立病院機構2018決算から見る医事関連データ

国立病院機構2018決算 経常利益83億円、最終損益17億円の黒字

済生会グループ2018決算 経常利益5億円、当期利益3億円の黒字
https://wp.me/p6NPV7-4sW

↓↓↓

済生会に続き国立病院機構も黒字です。

H30改定はグループ病院にとって追い風のようです。

国立病院機構グループ経営状況2018.jpg

 

(参考)

2019DPC経営影響額(概算)病院グループ別(国立病院、日赤、済生会、JCHO、労災、等)
https://wp.me/p6NPV7-40T

国立病院機構2019年度事業計画は18億円の黒字予算、診療事業は153億円の純利益予定
https://wp.me/p6NPV7-4dT
国立病院機構 平成31年度計画
診療事業 153億3,600万円
教育事業 ▲27億  600万円
研究事業 ▲18億9,900万円
法人共通 ▲88億8,600万円
合  計  18億4,500万円

DPC病院の査定情報の提出ルール化やPL(損益計算書)勘定科目「保険等査定減」情報収集が必要。
例)国立病院機構・JCHO病院のPL
https://wp.me/p6NPV7-4qX

 

****************************************

【前年度 国立病院機構2017決算まとめ】

国立病院機構2017決算から見る医事関連データ
2年連続赤字も2016年を底にV字回復傾向、消費税問題が響く
https://wp.me/p6NPV7-3oD

国立病院機構の次期中期目標案・次期中期計画案(2019年4月から2024年3月までの5年)
https://wp.me/p6NPV7-3NU

国立病院機構 98病院でレスパイト入院に対応 地域包括ケアシステムへの経営対策でV字回復
https://wp.me/p6NPV7-3xY

2017会計検査院報告 国立病院機構の経営改善に向けた取組の状況
https://wp.me/p6NPV7-3vU

国立病院機構 査定率TOP30(平均0.36%)
https://wp.me/p6NPV7-3p6

国立病院機構 経常利益 前年比経営改善ランキング 岡山医療センターが大幅改善 国病1位!
https://wp.me/p6NPV7-3qA

国立病院機構 医事委託費 前年比委託化ランキング
https://wp.me/p6NPV7-3qQ

国立病院機構 入院収入 前年比増ランキング
https://wp.me/p6NPV7-3qT

国立病院機構 全国の救急車の3.3%を受け入れ
https://wp.me/p6NPV7-3qW

国立病院機構 認定看護師配置数は133病院972人と過去最大 看護師の活躍場所増
https://wp.me/p6NPV7-3qZ

国立病院機構 従事員一人あたりの収益(稼ぎ)1,543万円
https://wp.me/p6NPV7-3r2

国立病院機構 後発医薬品の使用割合 平均83.5%(数量ベース)
https://wp.me/p6NPV7-3rb

国立病院機構 医療材料ベンチマークで約10.5億円の削減効果
https://wp.me/p6NPV7-3re

国立病院機構 医業未収金残高(不良債権相当分)24億9,000万円
https://wp.me/p6NPV7-3rh

国立病院機構 人件費率+委託費率で59.2%の実績 給食業務の全面委託化進む
https://wp.me/p6NPV7-3rk

国立病院機構 技能職の削減 118名の純減・不補充で業務アウトソーシング化
https://wp.me/p6NPV7-3rn

国立病院機構 本部主導で105病院中64病院が経常収支改善(前年度比)
https://wp.me/p6NPV7-3rq

国立病院機構 経営課題は効率的な運営転換とPFM(病床稼働率)
https://wp.me/p6NPV7-3r5

国立病院機構 5800床が耐用年数経過で病棟建替が必要(国立病院機構全体の病床数の11%)
https://wp.me/p6NPV7-3r8

国立病院機構の「地域包括ケア病棟」導入病院
https://wp.me/p6NPV7-3pK

国立病院機構(九州地域)大規模病院2017決算まとめ
https://wp.me/p6NPV7-3qs

国立病院機構 最終損益は▲161億円赤字。2017予算も▲168億円と厳しい見通し
国立病院機構の1000と1日目の七面鳥 回避の答えはいつも『組織』にある
http://wp.me/p6NPV7-2Q1

国立病院機構 H28決算から見る医事関連データ(その1)
http://wp.me/p6NPV7-2×0

国立病院機構 H28決算から見る医事関連データ(その2)
http://wp.me/p6NPV7-2zc

国立病院機構 H27決算から見る医事関連データ
http://wp.me/s6NPV7-nho

 

国立病院機構2018決算 経常利益83億円、最終損益17億円の黒字

国立病院機構2019年度事業計画は18億円の黒字予算、診療事業は153億円の純利益予定

国立病院機構2019年度事業計画は18億円の黒字予算

↓↓↓

国立病院機構 平成31年度計画
https://nho.hosp.go.jp/files/000101322.pdf
診療事業 153億3,600万円
教育事業 ▲27億  600万円
研究事業 ▲18億9,900万円
法人共通 ▲88億8,600万円
合  計  18億4,500万円

国立病院機構2019年度予算計画.jpg

 

*******************************************

2019DPC経営影響額(概算)病院グループ別
https://wp.me/p6NPV7-40T
◆国立病院機構グループ 増額・減額TOP20抜粋
全病院合計で106,931,000円プラスの影響。

 

国立病院機構2017決算から見る医事関連データ
2年連続赤字も2016年を底にV字回復傾向、消費税問題が響く
https://wp.me/p6NPV7-3oD


国立病院機構 98病院でレスパイト入院に対応
V字回復傾向の理由のひとつ。在宅医療との連携など地域包括ケアシステムへの対応で経営改善。
https://wp.me/p6NPV7-3xY

国立病院機構の次期中期目標案・次期中期計画案 独法評価・WG
https://wp.me/p6NPV7-3NU

【国立病院機構2017決算まとめ】

2017会計検査院報告 国立病院機構の経営改善に向けた取組の状況
https://wp.me/p6NPV7-3vU

国立病院機構 査定率TOP30(平均0.36%)
https://wp.me/p6NPV7-3p6
国立病院機構 経常利益 前年比経営改善ランキング 岡山医療センターが大幅改善 国病1位!
https://wp.me/p6NPV7-3qA
国立病院機構 医事委託費 前年比委託化ランキング
https://wp.me/p6NPV7-3qQ
国立病院機構 入院収入 前年比増ランキング
https://wp.me/p6NPV7-3qT
国立病院機構 全国の救急車の3.3%を受け入れ
https://wp.me/p6NPV7-3qW
国立病院機構 認定看護師配置数は133病院972人と過去最大 看護師の活躍場所増
https://wp.me/p6NPV7-3qZ
国立病院機構 従事員一人あたりの収益(稼ぎ)1,543万円
https://wp.me/p6NPV7-3r2
国立病院機構 後発医薬品の使用割合 平均83.5%(数量ベース)
https://wp.me/p6NPV7-3rb
国立病院機構 医療材料ベンチマークで約10.5億円の削減効果
https://wp.me/p6NPV7-3re
国立病院機構 医業未収金残高(不良債権相当分)24億9,000万円
https://wp.me/p6NPV7-3rh
国立病院機構 人件費率+委託費率で59.2%の実績 給食業務の全面委託化進む
https://wp.me/p6NPV7-3rk
国立病院機構 技能職の削減 118名の純減・不補充で業務アウトソーシング化
https://wp.me/p6NPV7-3rn
国立病院機構 本部主導で105病院中64病院が経常収支改善(前年度比)
https://wp.me/p6NPV7-3rq
国立病院機構 経営課題は効率的な運営転換とPFM(病床稼働率)
https://wp.me/p6NPV7-3r5
国立病院機構 5800床が耐用年数経過で病棟建替が必要(国立病院機構全体の病床数の11%)
https://wp.me/p6NPV7-3r8
国立病院機構の「地域包括ケア病棟」導入病院
https://wp.me/p6NPV7-3pK
国立病院機構(九州地域)大規模病院2017決算まとめ
https://wp.me/p6NPV7-3qs

 

国立病院機構2019年度事業計画は18億円の黒字予算、診療事業は153億円の純利益予定

国立病院機構の次期中期目標案・次期中期計画案 独法評価・WG

国立病院機構の次期中期目標案・次期中期計画案 独法評価・WG
高難易設定に経常収支率100%以上達成

 

独立行政法人評価に関する有識者会議 国立病院WG(第5回)配布資料
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000138443_00006.html

■国立病院機構の第4期中期 目標案の概要
(2019年4月から2024年3月までの5年)
https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000476347.pdf
テキスト
https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000476349.pdf
新旧対照表
https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000476352.pdf

■国立病院機構の第4期中期 計画案の概要
(2019年4月から2024年3月までの5年)
https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000476348.pdf
テキスト
https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000476350.pdf
新旧比較表
https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000476353.pdf

国立病院機構の第4期中期 目標案の概要.jpg

中期目標期間を通じた損益計算において、機構全体として経常収支率を100%以上とすること
診療報酬改定等による病院経営を巡る厳しい環境の中で、結核等の不採算医療の提供や働き方改革に対応しながら、中期目標期間を通じた損益計算において、国立病院機構全体として経常収支率100%以上を達成することは難易度が高い。

機構全体として経常収支率を100%以上.jpg

 

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

主な病院グループ2017決算・2018予算等まとめ(第三弾)
https://archives.mag2.com/0001588268/20181003080000000.html
【主なグループ病院の状況】(4)
特集:国立病院機構2017決算まとめ
・労災病院グループ 当期総損失▲63億円
・徳洲会グループ2018改定55億円増収計画、新規プロジェクト
・JA厚生連病院グループ 消費税問題で56億円負担増

 

 

【国立病院機構2017決算まとめ】

2017会計検査院報告 国立病院機構の経営改善に向けた取組の状況
https://wp.me/p6NPV7-3vU

国立病院機構 査定率TOP30(平均0.36%)
https://wp.me/p6NPV7-3p6
国立病院機構 経常利益 前年比経営改善ランキング 岡山医療センターが大幅改善 国病1位!
https://wp.me/p6NPV7-3qA
国立病院機構 医事委託費 前年比委託化ランキング
https://wp.me/p6NPV7-3qQ
国立病院機構 入院収入 前年比増ランキング
https://wp.me/p6NPV7-3qT
国立病院機構 全国の救急車の3.3%を受け入れ
https://wp.me/p6NPV7-3qW
国立病院機構 認定看護師配置数は133病院972人と過去最大 看護師の活躍場所増
https://wp.me/p6NPV7-3qZ
国立病院機構 従事員一人あたりの収益(稼ぎ)1,543万円
https://wp.me/p6NPV7-3r2
国立病院機構 後発医薬品の使用割合 平均83.5%(数量ベース)
https://wp.me/p6NPV7-3rb
国立病院機構 医療材料ベンチマークで約10.5億円の削減効果
https://wp.me/p6NPV7-3re
国立病院機構 医業未収金残高(不良債権相当分)24億9,000万円
https://wp.me/p6NPV7-3rh
国立病院機構 人件費率+委託費率で59.2%の実績 給食業務の全面委託化進む
https://wp.me/p6NPV7-3rk
国立病院機構 技能職の削減 118名の純減・不補充で業務アウトソーシング化
https://wp.me/p6NPV7-3rn
国立病院機構 本部主導で105病院中64病院が経常収支改善(前年度比)
https://wp.me/p6NPV7-3rq
国立病院機構 経営課題は効率的な運営転換とPFM(病床稼働率)
https://wp.me/p6NPV7-3r5
国立病院機構 5800床が耐用年数経過で病棟建替が必要(国立病院機構全体の病床数の11%)
https://wp.me/p6NPV7-3r8
国立病院機構の「地域包括ケア病棟」導入病院
https://wp.me/p6NPV7-3pK
国立病院機構(九州地域)大規模病院2017決算まとめ
https://wp.me/p6NPV7-3qs

国立病院機構2017決算 2年連続赤字
https://wp.me/p6NPV7-3oD

国立病院機構グループ経営状況.jpg

2017決算
■【特集】国立病院機構の2017決算からみる医事関連データ分析 NEW!!
https://wp.me/p6NPV7-3p6

■公的グループ病院2017決算まとめ 経常利益(当期業績)
(国病・日赤・済生会・労災病院・JCHO・JA厚生連)
https://wp.me/p6NPV7-3oR

2016決算
■【特集】国立病院機構の2016決算からみる医事関連データ分析
https://archives.mag2.com/0001588268/20170925070000002.html
■国病とJCHO 明暗分かれる2016決算
https://archives.mag2.com/0001588268/20171212070000000.html

2015決算
■【特集】国立病院機構の2015決算からみる医事関連データ分析
https://archives.mag2.com/0001588268/20161207180000000.html
■経営戦略研究2015 国立病院機構143施設、JCHO57施設
https://archives.mag2.com/0001588268/20161110190000000.html

国立病院機構の次期中期目標案・次期中期計画案 独法評価・WG

国立病院機構 労働基準法違反事案による役員報酬の自主返納について

労働基準法違反事案について
https://nho.hosp.go.jp/news/nw1-1_00057.html
役員報酬の自主返納について
https://nho.hosp.go.jp/news/nw1-1_00058.html

労働基準法違反事案について.jpg

役員報酬の自主返納について.jpg

労基法違反:国立病院機構を略式起訴 上司男性は地検不起訴 都城区検 /宮崎
https://wp.me/p6NPV7-3LR

ブラック企業マップ 病院から2法人
https://wp.me/p6NPV7-3IW

電子カルテ担当男性職員 3カ月で440時間の残業 労働基準法第32条(労働時間)違反
https://wp.me/p6NPV7-3m5

 

国立病院機構 労働基準法違反事案による役員報酬の自主返納について

労基法違反:国立病院機構を略式起訴 上司男性は地検不起訴 都城区検 /宮崎

国立病院機構を略式起訴 NHK 宮崎県のニュース.jpg

違法残業で職員自殺、病院機構を略式起訴.jpg

国立病院機構を略式起訴|NHK 宮崎県のニュース
01月22日 18時44分
https://www3.nhk.or.jp/lnews/miyazaki/20190122/5060002579.html

宮崎県都城市にある国立病院機構が運営する病院で職員が過労自殺した問題で、検察は、職員に労使で取り決めた上限の2倍を超える違法な長時間労働をさせていたとして、機構本体を労働基準法違反の罪で略式起訴しました。

略式起訴されたのは東京に本部がある独立行政法人の国立病院機構です。

検察によりますと、機構は3年前、宮崎県都城市にある都城医療センターで働いていた20代の事務職の男性職員に対し、労使で取り決めた時間外労働の上限の2倍を超える、3か月でおよそ260時間の違法な長時間労働をさせていたとして、労働基準法違反の罪に問われています。

男性職員は病院内で電子カルテの更新を担当していましたが、3年前の7月に自殺し、その後、過重労働による労災と認定されています。

全国で141の病院を運営する国立病院機構が労働基準法違反の罪で略式起訴されるのは初めてです。

国立病院機構では労働時間の把握を手書きの勤務記録簿に頼っていたことが長時間労働を把握できない事態につながったとして、今年度から、都城医療センターなどで試験的にタイムカードの導入を始めています。

国立病院機構の山田康博職員課長は「今後の簡易裁判所からの命令に真摯に対応するとともに、職員の長時間労働の削減を最優先課題として取り組んで参ります」とコメントしています。

UMKテレビ宮崎.jpg
UMKテレビ宮崎 国立病院機構を略式起訴.jpg

ニュース|UMKテレビ宮崎
違法な時間外労働 国立病院機構を略式起訴
https://www.umk.co.jp/news/?news=20190123&no=100301

違法残業で職員自殺、病院機構を略式起訴…都城区検 : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
https://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20190123-OYS1T50014.html

国立病院機構を略式起訴 長時間労働、病院職員が自殺
2019年1月22日 20時34分
https://www.asahi.com/articles/ASM1Q5W04M1QTNAB00C.html

病院機構を略式起訴 職員過労自殺、労基法違反で – Miyanichi e-press
2019年1月23日
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_36700.html

労基法違反:国立病院機構を略式起訴 上司男性は地検不起訴 都城区検 /宮崎
地域 2019年1月24日 (木) 毎日新聞社
https://mainichi.jp/articles/20190123/ddl/k45/040/484000c

 

労基法違反:国立病院機構を略式起訴 上司男性は地検不起訴 都城区検 /宮崎