病床稼働率(利用率)低下の理由

外来移行(化学療法・放射線治療等)(下記の外来単価参照)
平均在院日数の短縮(DPC入院期間ⅠⅡ期間短縮&Ⅰ期間増点等)
③「重症度、医療・看護必要度」導入・要件見直し・厳格化
④「在宅復帰率」の導入・要件見直し・厳格化
⑤短期滞在手術等基本料
⑥機能分化促進(地域医療構想)
⑦その他要因(「市場の変化への対応失敗」等の自院のマネジメント不足)

↓↓↓

病床稼働率年々低下傾向 厳しさが増す病院経営
H30診療報酬改定情報 「入院その1」資料より

nyuingairai

“病床稼働率(利用率)低下の理由” の続きを読む

病床稼働率(利用率)低下の理由