健康保険組合の保険料 3年後には約55万円 『2022年危機』

高齢者医療費問題。とくに急性期医療制度の抜本的改革が必要。
救急車有料化。病院入院・外来の機能分化促進など徹底。
DPC改革などもちんたらやってられない。

現役世代に極端に冷たい社会 高齢者向け支出(年金・介護)は福祉国家スウェーデン以上の日本。選挙に行かない若者が悪いのか?
https://wp.me/p6NPV7-43f

↓↓↓

健康保険組合の保険料 3年後には約55万円に 高齢化で
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190429/k10011900491000.html
> 3年後の2022年度には、いわゆる「団塊の世代」が、75歳以上の後期高齢者になり始めることにより、高齢者医療費の負担金が、今年度と比べて、およそ5000億円増加する見通しです。

健保4割で保険料10%以上=22年度、解散の可能性も-連合会試算
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041800838&
> 健保組合の平均保険料率は19年度の9.2%から9.8%に上昇。1人当たりの年間保険料負担は約55万円となる見通し。
> 保険料率10%以上の組合数は19年度の302から601組合とほぼ倍増し、約1390組合ある全体の約43%になると試算される。

介護保険料、年10万円超に 会社員、平均6%増加
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43898900Y9A410C1MM8000/

2019年04月22日
平成31年度健保組合予算早期集計結果を発表
https://www.kenporen.com/press/
健保連は2019年4月22日、「平成31年度健保組合予算早期集計結果」と「『2022年危機』に向けた見通し等について」を発表しました。
平成31年度健保組合予算早期集計結果の概要について (PDF)

クリックして201904221.pdfにアクセス


2019年度_健康保険組合予算早期集計結果と「2022年危機」に向けた見通し等について (PDF)

クリックして201904222.pdfにアクセス

『2022年危機』に向けた健保連の取組み

『2022年危機』に向けた健保連の取組み.jpg

///////////////////////////////////////////////////////////////

 

現役世代に極端に冷たい社会.jpg

健康保険組合の保険料 3年後には約55万円 『2022年危機』