保険診療係数(0.05点減点)で医事課の業務の質ランキング化促進

現在、ほぼ横一列の保険診療係数ですが、項目も増えているためこれらの加減から病院の運用体制の比較ができるようになります。合算での掲載か、項目別での掲載かによりますが、矛盾間比較や傷病名コード率などでは実質、レセプト請求の質ランキング化が促されることになりそうです。

“保険診療係数(0.05点減点)で医事課の業務の質ランキング化促進” の続きを読む

保険診療係数(0.05点減点)で医事課の業務の質ランキング化促進

「病院情報の公表」0.05点加算により、中小病院では年約40万円~80万円増収か

《推測》 図より
保険診療指数 1 = 係数 0.00812
保険診療指数 0.9 = 係数 0.00730

指数0.1差で係数0.00082差        ・・・0.05で0.00041と判断。
今回の0.05加点では、 0.0004ほどの係数付与と考えられる。
年包括20億円ほどの200~300床規模病院では
約80万円ほどの影響。

年包括10億円ほどの100~200床規模病院では
約40万円ほどの影響。        と推測できる。

kouhyo02

“「病院情報の公表」0.05点加算により、中小病院では年約40万円~80万円増収か” の続きを読む

「病院情報の公表」0.05点加算により、中小病院では年約40万円~80万円増収か