医科電子レセプトコンピュータチェック効果2018年8月審査分40.2%過去最低に

平成30年10月29日 平成30年8月審査分の医科電子レセプトコンピュータチェック効果について
http://www.ssk.or.jp/pressrelease/pressrelease_h30/press_301029_2.html
平成30 年8 月審査分の医科電子レセプトにおける、請求1 万点当たりの原審査査定点数は27.7 点となっています。このうち、コンピュータチェックを契機とした原審査査定点数は11.1 点であり、全体の40.2%を占めています。

医科電子レセプトコンピュータチェック効果201808.jpg

医科電子レセプトコンピュータチェック効果2018年8月審査分40.2%過去最低に

レセプトコンピュータチェック効果、ルール件数激減で大幅低下

最新7月情報では41.8%まで低下。

↓↓↓

支払基金の支部独自ルール、1年間で半減  規制改革推進会議に報告へ
社会保険診療報酬支払基金のレセプト審査を巡り、各都道府県の支部で独自に設定していたコンピューターチェックルールの見直し作業を進めた結果、2017年10月に14万1384件だったルール件数が18年4月には11万6868件、18年9月には7万2707件となり、この1年間でほぼ半減したことが分かった。 支払基金は19年9月までにさらに5万件程度を廃止し、遅くとも新たな審査システムの稼働時までに独自ルー・・・続きはMEDIFAX web(メディファクス ウェブ)参照。
https://mf.jiho.jp/article/191630

------------------------

平成30年9月28日 平成30年7月審査分の医科電子レセプトコンピュータチェック効果について
http://www.ssk.or.jp/pressrelease/pressrelease_h30/press_300928_2.html

規制改革推進会議 会議情報
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/meeting.html

 

医科電子レセプトコンピュータチェック効果201807.jpg

レセプトコンピュータチェック効果、ルール件数激減で大幅低下

資格関係誤りレセプトの発生件数が減少

理由は「オンラインによる請求前の資格確認(請求前資格確認)」の実施が浸透してきたため。

↓↓↓

平成29年度 資格関係誤りレセプトの発生防止に向けて
月刊基金平成29年10月号
http://www.ssk.or.jp/goannai/kohoshi/gekkankikin/h29/h29_10.html

shikakukankeirese.jpg

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

高額レセプト・査定対策、症状詳記マニュアル化

九州医事研究会の会員同士でオンラインレセプトファイルを持ち合い高額レセプト・査定対策
オンラインレセプトファイル(RECEIPTC.UKE)から症状詳記テンプレートを作成
まだこの機能を活用していない医療機関が多いみたいですね。
病院グループがこのデータを活用するようになったら大幅に医事業務や病院経営は改善されます。
時代は動いている。マーケットも変化している。病院も変わらなければなりません。

H28年度版 個別指導指摘事項「DPC関連」 アップコーディングと適正DPC請求の差額返還事例
http://wp.me/p6NPV7-2Hu
H28年度版 個別指導指摘事項「電子カルテ関連」
http://wp.me/p6NPV7-2HW
————————————–
H28年度 福岡県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2FL
H28年度 佐賀県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2G7
H28年度 長崎県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2Gj
H28年度 熊本県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2Gw
H28年度 大分県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2GK
H28年度 宮崎県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2GV
H28年度 鹿児島県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2H6
H28年度 沖縄県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2Hj

 

資格関係誤りレセプトの発生件数が減少

コンピュータチェック審査完結90%(H34年度)、現在60%

橋田教授提出資料は必見! 医事課はH34年度に備えよ!

↓↓↓

第3回医療・介護ワーキング・グループ 議事次第 平成29年10月2日(月)
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/wg/iryou/20171002/agenda.html
審査支払業務の効率化・高度化(イメージ)
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/wg/iryou/20171002/171002iryou05-2.pdf

◆コンピュータチェックによる審査の完結9割程度を目指す(H34年度)
現在6割(H29年度) → 9割へ(H34年度)

shinsashiharaigyoumu.jpg
支払基金業務効率化・高度化計画
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000170011.html
平成29年7月4日 厚生労働省は4日、2つの計画を公表
http://www.ssk.or.jp/pressrelease/pressrelease_h29/press_290704_1.html
支払基金業務効率化・高度化計画 工程表
改革により、支払基金の年間の運営経費約800億円削減。国民に還元へ。
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/wg/iryou/20171002/171002iryou05-1.pdf

 

電子レセプトコンピュータチェック割合60%超に
http://wp.me/p6NPV7-1V5
支払基金と国保連合会のコンピュータチェック設定の概要
http://wp.me/p6NPV7-14M

 

 

コンピュータチェック審査完結90%(H34年度)、現在60%