新潟県行財政改革推進会議 県立病院の徹底した経営改善に取り組む

新潟県行財政改革推進会議
https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/zaisei/1356916532581.html

新潟県 社会保障関係経費等の推移
新潟県 社会保障関係経費等の推移.jpg

財政難の新潟県で「行財政改革行動計画(案)」が決定
10日午前に開かれた新潟県行財政改革推進会議
https://www.niikei.jp/22109/

【公営企業における経営改善の推進】
・県立病院は、経常損益の黒字化や一般会計からの繰入金の縮減をめざし、県立病院経営委員会の意見なども踏まえ、役割(民間との役割分担など)や、あり方(適正規模・機能など)を整理していく。
・他県と比べて高い人件費や医療材料比率の見直しも検討する。
・県央基幹病院も、役割、あり方、機能、規模などについて医療関係者が議論する場を設け、年内のとりまとめをめどに検討を進めていく。

【見直しの方向性】
https://www.pref.niigata.lg.jp/uploaded/attachment/188172.pdf
病院をはじめとした公営企業については、経営改善に取り組み、より一層効率的な経営を行って一般会計負担を縮減します。
特に病院事業については、経常損益の黒字化及び一般会計繰出金の縮減を目指し、徹底した経営改善に取り組むとともに、県立病院の役割・あり方や機能・規模を整理し、患者数等に見合った経営となるよう経営改革に取り組みます。

対策

① 人口減少による患者減少、医師の不足・偏在の進行など厳しい医療環境の下、県立病院に対する一般会計繰出金が県財政の大きな負担となっていることもあることから、経常損益の黒字化及び一般会計繰出金の縮減を目指し、県立病院経営委員会の意見等を踏まえ、県立病院の役割やあり方を整理します。

② その上で、持続可能な経営を確保していくため、他医療機関や市町村等との役割分担や機能分化と連携の下、県立病院が本来担うべき役割に重点化を図るとともに、あり方や機能・規模について検討します。
また、他県に比べて人件費比率や医療材料費比率が高い状況なども踏まえ、人件費や経費を見直すなど、一層の効率的な経営について検討します。

③ 上記のほか、県央医療圏における基幹病院を含めた県立病院の役割・あり方や機能・規模について、医療関係者により議論する場を設け、年内を目途に検討を進めます。

————————————————

2023年度の開院を目指す県央基幹病院(三条市)の建設計画や、赤字が膨らみ、県の財政負担が大きい県立13病院に関しては在り方や機能、規模の検討を進める。

↓↓↓

県歳出削減 年最低110億円 19~23年度 行動計画案を発表
https://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20190910494050.html

新潟県行財政改革推進会議 県立病院の徹底した経営改善に取り組む

新オレンジプランと「認知症施策推進大綱」の比較 事業の拡大目標(2020年度末)

第81回社会保障審議会介護保険部会
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06659.html

認知症施策の総合的な推進

クリックして000547176.pdfにアクセス

認知症施策の総合的な推進<参考資料>

クリックして000547179.pdfにアクセス

新オレンジプランと「認知症施策推進大綱」の比較

新オレンジプランと「認知症施策推進大綱」の比較.jpg

新オレンジプランにおける事業の拡大

新オレンジプランにおける事業の拡大.jpg

新オレンジプランと「認知症施策推進大綱」の比較 事業の拡大目標(2020年度末)

第8期介護保険計画策定に向けサービス基盤整備や認知症で議論

第81回社会保障審議会介護保険部会
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06659.html

総人口における75歳以上の割合

クリックして000547177.pdfにアクセス

総人口における75歳以上の割合.jpg

高齢者向け住まい・施設の利用者数

クリックして000547178.pdfにアクセス

高齢者向け住まい・施設の利用者数.jpg

介護医療院等(開設状況)について

クリックして000547178.pdfにアクセス

介護医療院等(開設状況)について20190913.jpg

 

第8期介護保険計画策定に向けサービス基盤整備や認知症で議論

医師の過労死 月平均177.3時間の時間外労働、84日連続勤務

今の時代、よくこれで控訴したなと思った記事。
こういうのはすぐ現場の士気やモチベーションに直結します。
がむしゃらに頑張っても組織は庇ってくれない、報われないなら給与分だけ渋々働いてやるってなるんじゃないか容易に想像。
係争続けることでブラック病院の印象定着も免れない・・・。案の定、厚労省ヒアリングでも取り上げられる。
経営判断を誤っているなぁーの印象。木を見て森を見ず。誰かが修正してあげないと突き進みそう。
今後、機構としてホワイト500(ホワイト病院認定)や「えるぼし」最高段階取得など、他グループ病院等の働き方改革を参考にして、どのように取り組めるかが問われます。

プロ経営者・カルビー元会長(松本晃)が副理事長を務める組織とはとても思えない経営判断。

この事実がありながらなぜ控訴?

↓↓↓

33歳男性医師の過労死、1億6700万円の賠償命令 -長崎地裁判決◆Vol.1
事案の概要:請求から1年で公務災害認定
https://www.m3.com/news/iryoishin/697177
> 医師の時間外労働時間は、死亡の2~6カ月前は月平均177.3時間に上り、直前1カ月は159時間で、7月26日から10月17日には84日連続で働いていた

【長崎地裁判決】
Vol.1 33歳男性医師の過労死、1億6700万円の賠償命令
Vol.2 時間外労働時間や安全配慮義務で対立
Vol.3 宿日直55回、オンコール81回、8カ月間で
Vol.4 平均仮眠3~6時間の当直業務は全体が労働時間
Vol.5 過労死1カ月前、時間外159時間
Vol.6 過失相殺または素因減額すべきとは言えず

*******************************************

医師の労働環境の厳しさ、患者も感じる
「働き方改革推進」で厚労省ヒアリング
https://www.m3.com/news/iryoishin/695846
> 2014年に長崎みなとメディカルセンターの医師が急死し、長崎地裁が過労死と認めた判決(病院側が控訴)・・・された件など、夫の死後も医師の過労死がなくならない現状を厳しく指摘。

医師の働き方改革の推進に関するヒアリング
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06237.html
「働き方改革」医師の働き方を考える ストップ過労死
東京過労死を考える家族の会 中原 のり子
https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000539456.pdf

内科医師過労死で病院賠償命令.jpg

経営戦略としての健康経営 デロイト トーマツ

「健康経営」で病院が変わる(働き方改革)病院価値

働き方改革、ホワイト病院(ホワイト500)の健康経営優良法人2020認定要件を公開

病院経営指標として必要な「キラーストレス対策」従業員エンゲージ指標

ブラック病院レベルをチェック 働き方改革

九州医事研究会メルマガ 第275号
https://www.mag2.com/m/0001588268.html

■【特集】働き方改革で病院経営安定事例

2018決算 聖隷福祉事業団グループの1,200億円事業、経常利益39億円黒字
https://wp.me/p6NPV7-4AN

働き方改革で病院経営安定

・「ホワイト500」認定
・「えるぼし」最高段階取得
・女性管理職42%以上目標

全国の医療機関が見習うべき聖隷グループの働き方改革。

医師の過労死 月平均177.3時間の時間外労働、84日連続勤務

令和元年診療報酬改定シミュレーション、増加したマスター866行為一覧

令和元年 診療報酬改定用増減シミュレーション(医科診療・薬価・材料等試算表)ファイル
https://wp.me/p6NPV7-5aV

■増加したマスター866行為一覧
医科診療行為 点数差が大きいマスタTOP30

点数差が最も大きいマスタ.jpg

■医薬品 点数差が大きいマスタTOP30

医薬品 点数差が最も大きいマスタTOP30.jpg

■医薬品 減少幅が大きいマスタTOP30

医薬品 減少幅が大きいマスタTOP30.jpg

■特定器材 点数差が大きいマスタTOP30

特定器材 点数差が最も大きいマスタTOP30.jpg

■特定器材 減少幅が大きいマスタTOP30

特定器材 減少幅が大きいマスタTOP30.jpg

(関連)

◆「5分で出来るシミュレーションシリーズ」
https://kanrisi.wordpress.com/about/
■ DPCシミュレーション NEW!!
【入院診療密度(単価)分析】
■ 5分で出来る地域包括ケア病棟転換シミュレーション
【外来診療密度(単価)分析】
■ 5分で出来る外来機能分化促進シュミレーション
【診療報酬改定シミュレーション】

2018診療報酬改定影響度シミュレーション(新旧点数比較表)ツール

院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ

◆2018診療報酬改定影響度シミュレーション(新旧点数比較表)ツール
DPC改定比較(新旧DPC点数比較)ツールなど分析ツールの活用
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ82

H30介護保険改定 影響額シミュレーション

H28診療報酬改定用増減シミュレーション(簡易) 影響調査用エクセルファイル

肺炎040080分類のDPC点数変遷(14日入院のケース)

病院経営シミュレーション『PROJECT HOSPITAL』

令和元年診療報酬改定シミュレーション、増加したマスター866行為一覧

保護中: 令和元年 診療報酬改定用増減シミュレーション(医科診療・薬価・材料等試算表)エクセルファイル

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 令和元年 診療報酬改定用増減シミュレーション(医科診療・薬価・材料等試算表)エクセルファイル

診療報酬不正請求(付増請求)、患者からの通報で発覚

近畿厚生局
保険医療機関等及び柔道整復師等において不正請求等が行われた場合の取扱いについて
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kinki/gyomu/gyomu/hoken_kikan/fusei_seikyu/index.html
保険医の登録の取消及び元保険医療機関の指定の取消相当について
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kinki/gyomu/gyomu/hoken_kikan/fusei_seikyu/000109474.pdf

平成30年1月19日、個別指導

監査を行うに至った経緯

当該保険医療機関を受診した患者の家族から近畿厚生局兵庫事務所に対し、慢性疾患で月に1回受診し、その際に14日分の薬剤の処方せんを2枚もらっているが、2枚のうち1枚は交付日が14日後の日付になっている旨の情報提供があった。
(2)平成30年1月19日、個別指導を実施し、上記(1)の情報提供内容について確認したところ、当該保険医療機関の開設管理者である保険医から、複数の慢性疾患の患者について、実際には月に1回しか来院していないにもかかわらず、来院日に加え14日程度経過した日に診療したものとして、診療報酬を不正に請求していた旨の申述があった。
このことから、当該保険医療機関では複数の患者について、実際には行っていない保険診療を行ったものとし、診療報酬を不正に請求していた疑いが生じたものの、指導対象患者の診療録を持参しておらず、上記の疑義の詳細が確認できないことから個別指導を中断した。
(3)平成30年1月31日、当該保険医療機関から同月23日を廃止日とする保険医療機関廃止届が提出された。
(4)以上のことから、平成30年3月16日から平成31年2月1日まで計8日間の監査を実施した。

取消処分及び取消相当の主な理由
監査において判明した取消処分及び取消相当の理由となる主な事実は、以下のとおり。
(1)実際に行った保険診療に行っていない保険診療を付け増して、診療報酬を不正に請求していた。(付増請求)

不正請求金額
監査において判明した不正請求金額は、監査で使用した平成29年4月分から平成29年9月分までのレセプトのうち以下のとおり。
・ 不正請求金額 33名分 144件 456,933円
なお、監査において判明した分以外についても、不正請求のあったものについては、監査の日から5年前まで遡り、保険者等へ返還させることとしている。

再指定等
原則として、登録の取消の日及び指定の取消相当の日から5年間は、保険医の再登録及び保険医療機関の再指定は行わない。

(参考)取消処分の根拠条文
○ 保険医療機関の指定の取消
健康保険法第80条第1号、第2号、第3号及び第6号
○ 保険医の登録の取消
健康保険法第81条第1号及び第3号

 

診療報酬不正請求(付増請求)、患者からの通報で発覚

東北厚生局2018個別指導適時調査指摘事項

東北厚生局
個別指導及び適時調査において保険医療機関等に改善を求めた主な指摘事項について
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/tohoku/shido_kansa/shidoubumonn/omonashitekijikou.html

個別指導において保険医療機関等に改善を求めた主な指摘事項について

東北厚生局 個別指導において保険医療機関等.jpg

東北厚生局2018個別指導適時調査指摘事項

九州厚生局  地域共生社会サイトを創設

2019年9月13日
九州厚生局  地域共生社会サイトを創設しました NEW!!

地域共生社会
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kyushu/0000chiikikyouseisyakai.html

九州厚生局における地域共生社会構築の取組
九州厚生局における地域共生社会構築の取組.jpg

「九州・沖縄地域共⽣社会官⺠ネット」の創設

「九州・沖縄地域共⽣社会官⺠ネット」の創設.jpg
九州厚生局  地域共生社会サイトを創設

全世代型社会保障検討会議トップに安倍晋三首相

全世代型社会保障改革担当相の西村康稔氏が内閣府で会見
「全世代型社会保障改革は安倍内閣最大のチャレンジ」
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201909/562266.html
西村経済再生相 全世代型社会保障 議論は政府与党一体で
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190913/k10012080541000.html

閣僚からは加藤勝信厚生労働相、麻生太郎財務相、高市早苗総務相、菅原一秀経済産業相、菅義偉官房長官がメンバー入り。

有識者メンバーは政府の経済財政諮問会議の民間議員、厚労省の関連審議会の委員を務める企業経営者や大学教授から人選を進めている。

第4次安倍第2次改造内閣
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/meibo/index.html

全世代型社会保障検討会議トップに安倍晋三首相