AMIA・AHIMA 患者エンゲージメント推進

患者のアクセス権 “right of access”対応。
日本も米国のように専門組織が連携してこの分野対応しないと実現は難しいでしょうね。
研究と実務にて今後は2学会でデータセットにも対応と先へ進みます。
医療機関との患者エンゲージメントを推進させる役割。
HIPAAからHITECH法まで患者のデータアクセス権に応じる担当者・研究者。
これまでのAMIA・AHIMAの共同政策声明やコメント、白書等もまとめられています。
必見サイト。

↓↓↓

AMIA-AHIMA Hill Briefing on Strikingly
http://amiahill18-patientaccess.strikingly.com/
Unlocking Patient Data
Pulling the Linchpin of Data Exchange and Patient Empowerment

Recommendations to Improve Individuals’ Health Data Access
Joint Recommendations to Modernize HIPAA
https://uploads.strikinglycdn.com/files/7ef70518-71dc-4794-9d57-f68ef4c8fd30/AMIA%20AHIMA%20Recommendations%20to%20Improve%20Patient%20Data%20Access.pdf

AMIA-AHIMA Hill Briefing on Strikingly.jpg

AMIA / AHIMA Recommendations
1. Converge HIPAA with Certification
・ Establish a new term, “Health Data Set,” or
・ Revise and clarify HIPAA Designated Record Set definition
2. Extend the HIPAA right of access to NCEs
3. Encourage note sharing with patients
4. Clarify existing regulatory guidance

ミラー AMIA AHIMA Hill Briefing Slides_Unlocking Patient Data

////////////////////////////////////////

AHIMA, AMIA Push for Modernization of HIPAA Rules in Congressional Briefing | Journal of AHIMA
Posted By Mary Butler on Dec 5, 2018
https://journal.ahima.org/2018/12/05/ahima-amia-push-for-modernization-of-hipaa-rules-in-congressional-briefing-2/
Heard on the Hill: AHIMA and AMIA Call for Better Patient Access to Health Information in Congressional Briefing – MRO
by Rita Bowen, MA, RHIA, CHPS, CHPC, SSGB | Dec 10, 2018
https://mrocorp.com/ahima-amia-push-for-better-patient-access-to-healthcare-on-capitol-hill/

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AMIA and AHIMA 役割分担を明確化 2012年1月16日にお互いのフィールドを確認・共同声明公開
https://wp.me/p2Xv05-1z
AHIMA 2017年に「健康情報学(HEALTH INFORMATICS)」(CPHI)認定開始
https://wp.me/p6NPV7-Mk
バイオミメティクスなどへ用途が広がる医療オントロジー  日本が世界をリード
https://wp.me/s6NPV7-ontology
医療機関のデータ・ポータビリティ対応 AMIA・AHIMA連携を見習え!
https://wp.me/p6NPV7-2V7
米国AHIMAのようにPHR・患者ポータル等の支援・サポート役がいないと普及しません。
https://wp.me/p6NPV7-3f7
今後10年で生まれる「未来の仕事」21選 医療関連は?
https://wp.me/p6NPV7-2Zr
「Road Block」に対する構成員からの主な意見 データ移送・標準化/匿名化
https://wp.me/p6NPV7-3C6

 

 

 

レポート推進者はリタ・ボーエン氏(Rita Bowen)。2010年AHIMA会長です。こういう歴代が外部から組織を盛り上げていく手法も欧米って感じですね。

↓↓↓

電子カルテ・患者ポータルの導入状況
http://wp.me/p2Xv05-gF

DPCデータをベースとした経営改善方法 「労働分配率」指標のマネジメント
https://wp.me/p2Xv05-mN

★「KMRA and AHIMA(U.S.A) signed MOU on RHIA and RHIT curriculum in 2010.」が重要コメント。
3年前にAHIMA歴代会長のお二人(Rita Bowen and Bonnie Cassidy)を招いてKMRAとAHIMAはRHIA・RHITの教育カリキュラム連携済み。HIM学校卒業後に次のステップアップが実現。結語ではEMR・EHRシステムを熟知したknowledge managerを目指されていますが、AHIMAキャリアマップChief Knowledge Officer (CKO)と合致。
http://kanrisi.wordpress.com/2013/01/25/careerstep/

Faye Brown ICD-10 Handbooks (ICD-10CM/PCSフェイブラウンハンドブック‏)
https://kanrisi.wordpress.com/2013/03/09/faye-brown/
2010 Rita K . Bowen, MA, RHIA, CHPS Orlando

 

 

 

AMIA・AHIMA 患者エンゲージメント推進

腕の良いコーダーいつも需要があり、業界はまだコーダー不足に直面している

腕の良いコーダーいつも需要があり、業界はまだコーダー不足に直面しているようです。
コンピュータ支援コーディング(CAC)も併用して質の高いコーディングが求められています。
コーダー一人当たりの生産性を高める指標も研究中。いやはや。

↓↓↓

Computer-Assisted Coding: Helpful or Hurtful? | Journal of AHIMA
Posted By AHIMA Staff on Dec 12, 2018
Tune in to this monthly online coding column, facilitated by AHIMA’s coding experts, to learn about challenging areas and documentation opportunities for ICD-10-CM/PCS.
By Elena Miller, MPH, RHIA, CCS
http://journal.ahima.org/2018/12/12/computer-assisted-coding-helpful-or-hurtful/

> good quality coders are as in demand as ever, and the industry still faces a coder shortage.

 

Computer Assisted Coding Helpful or Hurtful.jpg

腕の良いコーダーいつも需要があり、業界はまだコーダー不足に直面している

「妊婦加算」廃止へ 2020年改定で名称変え新たに加算を創設

「妊婦税」と大炎上した「妊婦加算」は当面残すが、妊婦の自己負担が増えないように手当てを設ける方針。その上で、2020年度に控える診療報酬改定に向けて、「妊婦加算」を廃止し、妊婦向けの新たな加算を創設検討。

↓↓↓

妊婦加算、自己負担ゼロに 「妊婦税」批判受け検討
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38872580T11C18A2EE8000/

妊婦加算、厚労省が廃止検討 「少子化対策に逆行する」など批判、自民厚労部会も認識一致
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/181213/mca1812131143009-n1.htm

京都新聞 社説 – 妊婦加算 まず凍結、制度の検証を
https://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/20181209_2.html

自民党厚労部会、「妊婦加算」“今後廃止すべき”
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3548004.html

自民党厚労部会、「妊婦加算」“今後廃止すべき”.jpg

 

妊婦加算 厚労省・根本大臣会見H30.11.30
https://wp.me/p6NPV7-3Ae

「妊婦税」と批判炎上中の「妊婦加算」 根本匠厚労相が必要性を説明H30.11.13
https://wp.me/p6NPV7-3xa

大炎上中の「妊婦加算」妊婦税・少子化推進税など批判多く、遂に担当部局が事務連絡通知
https://wp.me/p6NPV7-3vD

「妊婦加算」が炎上した理由 「事実上の妊婦税」か「周産期医療の充実」か?
https://wp.me/p6NPV7-3pA

「妊婦加算」廃止へ 2020年改定で名称変え新たに加算を創設

横浜市立市民病院の移転整備総事業費482億円

横浜市立市民病院の事業収益は約230億円。
650床ですので大学病院並みの医療整備と考えれば482億円は許容範囲という考え方もあります。
各大学医局・教室からの医師派遣・確保ですので大学の意向に沿った整備は仕方なしか。でも巨額であることは確か。市民・議会等での説明・理解をしてもらう他ない。

↓↓↓

横浜市民病院、移転整備費用32億円増 黒字化も後ろ倒し
市会から批判「見通し甘い」
http://www.kanaloco.jp/article/377248

 

新病院整備|病院のご紹介|横浜市立市民病院
https://yokohama-shiminhosp.jp/introduction/saiseibi.html

事業費・収支シミュレーション

基本計画の策定にあたり、事業規模や施設整備計画、経済情勢などを踏まえて試算した結果、現時点で見込まれる事業費は次のとおりとなります。

約426億円(建設関連経費:324億円、機器等購入費:58億円など)

現時点で見込まれる事業費などをもとに、再整備前後の市民病院の収支についてシミュレーションを行った結果、平成31年度、32年度は、新しい市民病院への移転に向けた診療抑制などにより、経常収支・資金収支は赤字となりますが、平成33年度以降は黒字を見込んでいます。

横浜市立市民病院再整備基本計画(原案)市民意見一覧
https://yokohama-shiminhosp.jp/pdf/introduction/saiseibi_pdf02.pdf

横浜市医療局病院経営本部:予算・決算
http://www.city.yokohama.lg.jp/byoin/kyoku/yosan-kessan/

saiseibi01.jpg

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

自治体病院 新病院建設による赤字の深刻化
https://wp.me/p6NPV7-3BC

高騰する新病院建設費は大問題。とくに地元議員の影響力行使なども。
自身にコネある建設業者・医療機器メーカー等との癒着により高騰する建設費。
その建設費の減価償却で泣きを見る自治体病院。その忖度状況を知っている職員はコスト削減に無気力へ。

大震災や東京オリンピックの影響で建材費高騰等にて病院収入×1.2~1.5倍程度が妥当か。大学病院では2倍~2.5倍ほど。
一般病院の収入100億円であれば建設費120億円~150億円など。
地域包括ケアシステムの中で、身の丈に合った病院経営・運営が重要となるが、どの自治体病院も「大学病院」並み2倍やそれ以上の規模が存在する・・・。自治体病院が赤字な理由。

横浜市立市民病院の移転整備総事業費482億円

2020年診療報酬改定「AIの実装に向けた取組の推進」

重点6領域を中心に必要な研究事業等を実施し、AI開発を加速化するとともに、AI開発に必要な医用画像のデータベースを構築。

①ゲノム医療
②画像診断支援
③診断・治療支援
④医薬品開発
⑤介護・認知症
⑥手術支援

2020年診療報酬改定「AIの実装に向けた取組の推進」.jpg

ロボット・IoT・AI・センサーの活用

ロボット・IoT・AI・センサーの活用.jpg

保健医療分野AI開発加速コンソーシアム報告書(2018年度末取りまとめ予定)に基づき今後のAIの社会実現に向けた研究事業等に反映。
保健医療分野AI開発加速コンソーシアム
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-kousei_408914_00001.html

--------------------

平成30年第16回経済財政諮問会議
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2018/1210/agenda.html
新経済・財政再生計画 改革工程表2018(原案)
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2018/1210/shiryo_01-1.pdf
新経済・財政再生計画 改革工程表2018(原案)(概要)
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2018/1210/shiryo_01-2.pdf
新改革工程表の取りまとめに向けて(有識者議員提出資料)
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2018/1210/shiryo_02.pdf
健康寿命延伸、医療・福祉サービス改革に関する新たな取組
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2018/1210/shiryo_03.pdf

2020年診療報酬改定「AIの実装に向けた取組の推進」

2020年診療報酬改定「アウトカムに基づく支払いの導入促進」盛り込む

ADLの改善などアウトカムを評価した報酬体系の構築を目指すもの。
2018年4月実施の診療報酬改定の影響を検証しつつ、20年4月実施の次期診療報酬改定に向けて必要な対応を検討するとした。

2018年度診療報酬改定の影響を検証しつつ、アウトカムに基づく支払いの導入等を推進する観点から、2020年度診療報酬改定に向けて必要な対応を検討。

介護報酬において、ADL の改善等アウトカムを評価する加算を含めこれまで設けられた各種加算について、サービスの質の反映状況等の検証を通じて、より効果的な加算の在り方に関して、関係審議会等において検討。

介護事業所の経営実態等を適切に把握できるよう、介護報酬改定において参照される経営実態調査等について、調査・集計方法等の改善や有効回答率の向上を通じて精度を向上。

 

2020年診療報酬改定「アウトカムに基づく支払いの導入促進」盛り込む.jpg

--------------------

平成30年第16回経済財政諮問会議
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2018/1210/agenda.html
新経済・財政再生計画 改革工程表2018(原案)
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2018/1210/shiryo_01-1.pdf
新経済・財政再生計画 改革工程表2018(原案)(概要)
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2018/1210/shiryo_01-2.pdf
新改革工程表の取りまとめに向けて(有識者議員提出資料)
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2018/1210/shiryo_02.pdf
健康寿命延伸、医療・福祉サービス改革に関する新たな取組
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2018/1210/shiryo_03.pdf

2020年診療報酬改定「アウトカムに基づく支払いの導入促進」盛り込む

医療診断支援AIの富士フイルムの戦略

IBMのWatsonは実用レベルにはほど遠いと酷評されてかなり後退しましたが、富士フイルムは攻めの姿勢を継続中。この分野、日本・中国が急速に市場を伸ばしつつあるようです。欧米の巻き返しが来るか要注目。

↓↓↓

医療診断支援AI、主導権狙う富士フイルム 画像システムを19年度にも実用化
肺の3次元画像。AI技術で臓器の領域認識機能の開発を目指す
https://newswitch.jp/p/15572
>富士フイルムは、病院内にある医療用画像管理システム(PACS)に搭載する人工知能(AI)プラットフォーム(基盤)の開発を急ぐ。

cover.jpg

---------------------------

米国で冷却している医療でのAI活用が、なぜ中国で急速に加熱しているのか
https://www.recordchina.co.jp/b666607-s0-c20-d0054.html
>「Watson(ワトソン)」が、医療診断への応用においては実用的なレベルにはほど遠いという主張が専門家から出ており、ワトソンプロジェクトは今年に入ってから大規模な人員削減やテキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターを含む主要な顧客の喪失など一連の挫折に見舞われていることを紹介した。

↓↓↓

IBMの人工知能「Watson(ワトソン)」による医療診断システムは「実用に耐えうるものではない」という主張
https://gigazine.net/news/20180816-watson-expose-current-ai-limit/
「IBMは人工知能Watsonを活用できていない」と解雇された元従業員が窮状を語る
https://gigazine.net/news/20180626-ibm-problem-with-ai/

///////////////////////////

富士フイルム、AIで医薬品候補化合物を自動設計  :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36163740V01C18A0000000/
画像診断支援、各社投資急ぐ  :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO38685760X01C18A2LKB000/
富士フイルム、内視鏡の診断にAI活用 医師の見落とし減らす  :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38133390T21C18A1TJC000/
富士フイルム、医療を伸ばす3つの秘策  :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33721310S8A800C1X13000/

 

医療診断支援AIの富士フイルムの戦略