収入は15年で倍増でも利益は出にくい環境に 日経メディカル記事

必見記事。国立大学病院長会議委員長の山本修一先生や産業医科大の松田晋哉先生などのコメントもあります。当研究会調べのデータも掲載。

臨床編●続々と増える赤字の大学病院
収入は15年で倍増でも利益は出にくい環境に
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t341/202002/564293.html

日経メディカル
岐路に立つ 大学医学部/大学病院
https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/doctor/

岐路に立つ 大学医学部/大学病院

収入は15年で倍増でも利益は出にくい環境に 日経メディカル記事

令和2年度 診療報酬改定解説資料

無料グループウェアでメンバーに改定資料公開。
疑義照会票がUPされたら分からないことはどんどん質問です。
がんばって改定を乗り切りましょう。

[kyushu_ijiken:2489] 令和2年度診療報酬改定 地方厚生局サイト
[kyushu_ijiken:2488] 診療報酬改定資料pptx
[kyushu_ijiken:2487] 2020年度診療報酬改定の解説
[kyushu_ijiken:2486] Re: 2020年度診療報酬改定、点数出たらどう動くか

九州医事研究会Googleグループ
https://groups.google.com/group/kyushu_ijiken

令和2年度 診療報酬改定のポイント ~入院編~
令和2年度 診療報酬改定のポイント ~外来編~
令和2年度 診療報酬改定のポイント ~DPC編~

令和2年度 診療報酬改定のポイント

“令和2年度 診療報酬改定解説資料” の続きを読む

令和2年度 診療報酬改定解説資料

地域包括ケア病棟(管理料)届出 2562病院(87,139床)

地域包括ケア病棟(管理料)届出 2562病院(87,139床)
2020年2月17日現在

包括ケア病棟20200217

地域包括ケア病棟(管理料)届出 2562病院(87,139床)

新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて

新型コロナウイルス感染症について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

令和2年2月14日事務連絡
新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて

【事務連絡】新型コロナウイルス感染症の発生に伴う診療報酬上の臨時的な取扱いについて

 

新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて

“未病院”を街に! ハコを持たない病院を

日本でも本格化するヘルスケアリテライゼーション
欧米に比べ日本のチェーン薬局の動きは低調。
イオンの独走かこういった福井県の動きが活発化するか。

“未病院”を街に! ハコを持たない病院を
福井県福井市で2021年度中に本格オープンへ
https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/feature/00004/021000150/

九州医事研究会 第287号
https://www.mag2.com/m/0001588268.html
■Retailization of Healthcare(身近な医療)実現で医療サービスの質向上へ
米国発「Retailization of Healthcare」が世界拡散、日本はイオンが先行

イオン増収増益 経常利益は過去最高を更新 日本版ヘルスケアリテライゼーションに成功したイオン
https://wp.me/p6NPV7-5rJ
イオングループのヘルスケアリテライゼーション
https://wp.me/p6NPV7-4q4
イオンモール、健康指南で誘客 ウオーキング講座など
世界一のヘルスケアリテライゼーション活動(医療費削減の切り札)
https://wp.me/p6NPV7-4EP

世界の小売業ランキング2019、Amazonが4位にランクイン
Walmartは21年連続1位、日本企業最上位は13位イオン

CVSはソーシャルケアネットワークに進出。
Healthネットワーク強化戦略。
しかしイオンは既に「イオンヘルスケアアプリ」で独自サービス展開中。
CVSの先を行くイオン。イオンのヘルスケア戦略は世界一。

イオンが進める「地域包括ケアを実現する新たなまちづくり」
日本版ヘルスケアリテライゼーションの展開
http://wp.me/p6NPV7-2Dk

Retailization of Healthcare 患者(消費者)中心経験価値への進化(深化)
https://wp.me/p6NPV7-5YL

 

医療保険や薬価上昇が寄与 米CVSヘルス決算
https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/news/post_196415

アメリカのドラッグストア大手、CVSヘルスの去年10月から12月期の決算は医療保険会社エトナの買収に伴う費用を計上し、赤字となった1年前から黒字に転換し、一株利益も市場予想を上回りました。エトナの医療保険事業が大きく貢献したほか、薬の価格の上昇が業績を押し上げました。

医療保険や薬価上昇が寄与 米CVSヘルス決算

CVS Health 2020年に6700万ドルをホームレス等へ住居支援

CVSのヘルスケアリテライゼーション改革
薬局が医療・生活を変える

↓↓↓

CVS Health Invests $67 Million in Affordable Housing Across the Country in 2019
https://cvshealth.com/newsroom/press-releases/cvs-health-invests-67-million-affordable-housing-across-country-2019

“未病院”を街に! ハコを持たない病院を

海外とのスイッチ・ラグ 日本で未承認の成分

日本のOTC薬は高すぎる。受診したほうが安上がり。

規制改革推進会議 会議情報
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kisei/meeting/meeting.html

第3回規制改革推進会議 令和2年2月12日(水)
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kisei/meeting/committee/20200212/agenda.html
医療・介護ワーキング・グループの進捗について
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kisei/meeting/committee/20200212/200212honkaigi06.pdf
今後の主な議題
■医療・介護関係職のタスクシフト
■介護サービスの生産性向上
■保険外医薬品(スイッチOTC等)選択肢の拡大
■医療等分野におけるデータ利活用の促進(フォローアップ)
■オンライン医療の普及促進(フォローアップ)
■社会保険診療報酬支払基金に関する見直し(フォローアップ)

第6回医療・介護ワーキング・グループ  議事次第
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kisei/meeting/wg/iryou/20200213/agenda.html
議題1.医療用医薬品から一般用医薬品への転用(スイッチOTC化)の促進
議題2.体外診断用医薬品から一般用検査薬への転用(スイッチOTC化)の促進

海外とのスイッチ・ラグ ①日本で未承認の成分
海外とのスイッチ・ラグ ①日本で未承認の成分

海外とのスイッチ・ラグ ②日本で承認済の成分
海外とのスイッチ・ラグ ②日本で承認済の成分

「病院の薬は市販薬より安く済む」は本当か
https://diamond.jp/articles/-/141473

海外とのスイッチ・ラグ 日本で未承認の成分

保護中: 市立上天草総合病院の事業管理者を罷免、外科の診療は継続

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 市立上天草総合病院の事業管理者を罷免、外科の診療は継続

電子レセプトに係る傷病名コードの記録について

電子レセプトに係る傷病名コードの記録について(お願い)
https://www.ssk.or.jp/shibu/11_saitama/index.files/11_saitama_osirase.pdf

保険医療機関(医科)が電子レセプトで請求する場合の傷病名レコードは、「診療報酬明細書記載要領」において原則として、厚生労働大臣が定めた傷病名マスターに収載された傷病名コードを用いて記録することとされています。
下表は、支払基金埼玉支部に提出されたレセプトデータにおいて、傷病名マスターに収載されている傷病名コードを使用せず未コード化傷病名コード「0000999」で記録されたものの中で、インフルエンザ関連の傷病名コードの一部を抜粋したものです。
なお、「疑い」や「重症」等は修飾語コードを組合せてご使用いただくことで未コード化傷病名コードを使用することなく、記録できます。
該当する傷病名については、傷病名コードを記録していただくようご協力をお願いします。(診療開始日が同日であっても、1傷病ずつ記録してください。)

インフルエンザ 4871001
インフルエンザA香港型 8842081
インフルエンザAソ連型 8842079
インフルエンザA型 8842080
インフルエンザ脳症 8843828
インフルエンザB型 8842082
インフルエンザ気管支炎 8830710
インフルエンザ肺炎 8830731

電子レセプトに係る傷病名コードの記録について(お願い)

電子レセプトに係る傷病名コードの記録について

令和二年診療報酬改定 答申

コスパ最強の急性期一般2の門戸が開かれる。
10対1配置で収入は急性期一般1に近いというコスパ最強の急性期一般2は看護必要度Ⅰでも届出が可能となった。

中央社会保険医療協議会 総会(第451回) 議事次第
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000193003_00002.html
医科診療報酬点数表 (新設)388項目 000593368
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000593372.pdf
医科診療報酬点数表 ミラー000593372
個別改定項目(短冊)2020(令和二年)000593388

*****************************************

藤井事務部長様の資料がとても分かりやすいです。必見。

そして3月8日セミナー開催!

2020年度診療報酬改定 答申(点数付き)まとめ
https://ameblo.jp/fujiimasashi/entry-12573637945.html

 

20年度改定、点数出たらどう動くか
3月8日にセミナー、ポイントと具体策を解説
https://www.cbnews.jp/news/entry/20200124161752

20年度改定、貴院はどう動く?
https://www.cbnews.jp/seminar/entry/20200124115540

■ 日時 2020年03月08日(日)15:00-18:30
■ 場所 住友浜松町ビル1F Seminar Room (東京都港区浜松町1-18-16)
■ 対象者 経営者・管理者・リーダー・全職員
■ 受講料 一般価格:23,100円 (税込)  会員価格:17,600円 (税込)

プログラム
14:30 開場
15:00 開演 ご挨拶
15:00-17:00【第1部講演】(120分)
酒井 麻由美 氏(株式会社リンクアップラボ 代表取締役)
17:00-17:15 休憩(15分)
17:15-18:30【第2部講演】(75分)
藤井 将志 氏(特定医療法人谷田会 谷田病院 事務部長)
18:30 閉演(予定)
18:30-18:50 名刺交換会 ※ご希望者のみ

急性期から回復期、慢性期、さらに在宅までを見据えたコンサルティングを行う
酒井麻由美氏(株式会社リンクアップラボ代表取締役)が、
2020年度診療報酬改定のポイントを徹底解説します。

さらに、地域の中小病院でさまざまな改革を進めてきた
“スーパー事務長”藤井将志氏(特定医療法人谷田会 谷田病院 事務部長)が、
現場視点で今回の改定で病院はどのように動くべきか、具体的な方策を挙げます。

あなたの病院が、4月から前に進む上で欠かせない情報が詰まったセミナーです。

 

令和二年診療報酬改定 答申

Retailization of Healthcare 患者(消費者)中心経験価値への進化(深化)

九州医事研究会メルマガ 第287号
https://www.mag2.com/m/0001588268.html
■Retailization of Healthcare(身近な医療)実現で医療サービスの質向上へ

準備ができているかどうかにかかわらず、ヘルスケアの消費者時代が到来
この5~10年後が日本の姿でしょう。

2020 is a year of Retailization’ for the healthcare industry

Global Healthcare Market Outlook, 2020: Key Predictions & Growth Opportunities for the $2+ Trillion Industry
https://www.globenewswire.com/news-release/2020/01/23/1974132/0/en/Global-Healthcare-Market-Outlook-2020-Key-Predictions-Growth-Opportunities-for-the-2-Trillion-Industry.html

Predictions for the global healthcare market in 2020 include:

・SDOH analytics platform gains traction in 2020
・AI both develops more use cases and faces more ethical challenges, beginning with radiology
・Annuity-based model catapults gene therapy commercialization
・Continued VC funding mega-rounds make 2020 a banner year for Digital Health Unicorn’s IPO exits
・Interoperability by pure-play solution vendors gain ground against standalone systems
・Telehealth gains mainstream adoption in the overall mix of healthcare services
・Precision medicine-led approaches pave the way for next-gen health data analytics solutions
・2020 is a year of Retailization’ for the healthcare industry, promoting Comparison Shopping’ consumer mindset

4. Key 2020 Healthcare Market Predictions
Prediction 1 – SDOH Analytics Platform to Gain Traction in 2020
Prediction 2 – AI Both Develops More Use Cases and Faces More Ethical Challenges, Beginning With Radiology
Prediction 3 – Annuity-based Model to Catapult Gene Therapy Commercialization
Prediction 4 – Continued VC Funding Mega-rounds Make 2020 a Banner Year for Digital Health Unicorn’s IPO Exits
Prediction 5 – Interoperability by Pure-play Solution Vendors Will Gain Ground Against Standalone Systems
Prediction 6 – Telehealth Will Gain Mainstream Adoption in the Overall Mix of Healthcare Services
Prediction 7 – Precision Medicine-led Approaches Will Pave the Way for Next-gen Health Data Analytics Solutions
Prediction 8 – 2020 Will be a Year of Retailization’ for the Healthcare Industry, Promoting the Comparison Shopping’ Consumer Mindset

*****************************************

Disruption and the “Retailization” of Healthcare: Strategies to Compete and Succeed – Industry Analysis by Loyale Healthcare
https://markets.businessinsider.com/news/stocks/disruption-and-the-retailization-of-healthcare-strategies-to-compete-and-succeed-industry-analysis-by-loyale-healthcare-1028855622

Disruption and the “Retailization” of Healthcare: Strategies to Compete and Succeed – Industry Analysis by Loyale Healthcare | Benzinga
https://www.benzinga.com/pressreleases/20/01/p15208102/disruption-and-the-retailization-of-healthcare-strategies-to-compete-and-succeed-industry-analysis

1. Social Determinants of Health (SDOH) analytics platform gains traction during 2020 – Social determinates weigh more heavily on overall health outcomes than Medical care determinants. It’s predicted that by the end of 2020, 40% of U.S. Health Systems and commercial payers will use this data “in making risk assessments, patient outreach and business decisions.”
2. Artificial Intelligence (AI) develops more use case studies and faces more ethical challenges, beginning with radiology – As AI for diagnosing and detecting disease becomes more advanced, physicians will be challenged to decide where and when and how to apply it while managing liability.
3. An Annuity-based model to catapult gene therapy commercialization – High costs with virtually no reimbursements, Frost & Sullivan predicts that an annuity-based reimbursement model will “unlock commercialization potential of gene therapies to achieve revenue of $2 Billion by the end of 2020.”
4. Continued Venture Capital (VC) funding mega rounds will make a banner year for Digital Health Unicorns’ Initial Public Offer (IPO) exits – “Five digital health unicorns will exit via IPOs by the end of the year.”
5. Interoperability by pure-play solution vendors will gain ground against standalone systems – “Interoperability will finally take s major step forward in terms of government policies, vendor acceptance and strategic focus.”
6. Telehealth will gain mainstream adoption in the overall mix of healthcare services and will expand beyond the current focus on chronic conditions – “Progressive health systems will start to view telehealth as a standard of care option for primary care virtual consultation.”
7. Precision medicine-led approaches will pave the way for next-gen health data analytics solutions – “Cognitive analytics programs will bridge the last mile for precision medicine into clinical practice…The precision medicine informatics service market will cross the $5 Billion mark by the end of 2020.”
8. 2020 will be a year of “Retailization” for the healthcare industry, promoting the ‘Comparison Shopping’ consumer mindset – “2020 will be the year of new or expanded health services offerings from new ‘entrants'” – A topic we’ve written about extensively as healthcare consumers’ continue to embrace the role of empowered consumer.
Key 2020 trends for payers and providers
https://www.healthcaredive.com/news/key-2020-trends-for-payers-and-providers/570245/

Hospitals under pressure
Traditional health systems are under intense pressure as their operating model is under threat from the rise in consumerism and the shift in reimbursement.

This rise in the retailization of healthcare is a massive driver of change. “You can’t underestimate it,” Patrick Pilch, who leads BDO’s healthcare advisory practice, told Healthcare Dive.

Health systems operate in an environment now where consumers are accustomed to seamless customer experiences in other sectors. From an app on their phones, consumers can order groceries or a ride to a particular destination, and they have come to expect that packages containing their orders for just about anything will arrive on their doorstep in just two days or sooner thanks to Amazon.

“Retailization of Healthcare 患者(消費者)中心経験価値への進化(深化)” の続きを読む

Retailization of Healthcare 患者(消費者)中心経験価値への進化(深化)