病院再編 総務省大臣・厚労省大臣が理解を求める

 

高市総務大臣閣議後記者会見の概要
http://www.soumu.go.jp/menu_news/kaiken/01koho01_02000851.html

地域医療構想の実現
問:
厚生労働省が、診療実績が少ない公立病院などの名称について公表しまして、再編統合を求めました。総務省としては、こうした動きに対してどのように今後対応されるお考えでしょうか。

答:
「骨太の方針2019」の中で、地域医療構想の実現に向け、全ての公立・公的病院にかかる診療実績データの分析を行い、適切な基準を新たに設定した上で、原則として2019年度中に対応方針の見直しを求めるとされたことを受けて、厚生労働省において検討が重ねられてきたのだと思っております。
他方、地域医療構想の実現には、地域の実情を十分に踏まえた議論が行われることが重要でございます。国と地方が共通の認識を持って取り組みを進めることが必要でございます。
そこで、厚生労働省の動きを受けまして、自治財政局長に指示をいたしました。本日付で、局長名で地方団体に向けまして、国と地方が協力をして地域医療構想を推進していくことを求める通知を発出いたしました。
また、地方の意見を良くお聞きするために、国と地方の協議の場を新たに立ち上げるように指示したところでございます。
少子高齢化が進行していく中で、地域医療構想の実現は必要でございます。地域の実情を踏まえて取組ができますように、総務省としてもスピード感を持って取り組んでまいります。

 

 
************************************

加藤大臣会見概要
(令和元年9月27日(金)11:07 ~ 11:23 省内会見室)
https://www.mhlw.go.jp/stf/kaiken/daijin/0000194708_00153.html

記者:
昨日の地域医療構想ワーキングで再編、統合について地元で議論が特に必要な病院のリストが公表されましたけれども、大臣の言葉でねらいを改めてお聞かせください。

大臣:
地域医療の関係では今年の骨太方針の中でも方向性が出されているわけでありますから、それに沿った作業の一環ということで、まさに医療改革の三本柱ですね、地域医療構想、それから働き方改革、それから医師の偏在対策、この三つ、これをしっかり進めていかなければ、次の時代に対応した医療、国民の皆様の色々な不安に対応できる体制ができていかないわけでありますから、それの一番目の項目について既に地域ごとには2年前に出していただきました。ただ、それに向けて現状が進んでいるのかどうかということに関しては、色々なご意見がありますから、そのためにデータを出して、そしてそれに基づいてまた地域で議論していただく、したがって今回の基準で出したものを全部機械的にこうしろとかああしろとかということを私たちは言うつもりはありません。それに加えてさらに地域における特性とか今回見ていない範囲の話もあると思いますから、いずれにしてもそれらを含めてそれぞれの地域医療協議会の中でしっかりと議論をしていただいてそれぞれ地域でまとめていただいたその構想やあるべき姿に近づくべく努力をして欲しいと思っておりますし、我々は必要なサポートはしっかりとさせていただきたいと思います。

記者:
そうすると機械的に再編、統合するべきだということではないと理解しているのですけれども、今回公表した病院の中には静岡てんかん神経医療センターだとか、筋ジストロフィーなど慢性筋疾患の治療を行っている仙台西多賀病院ですとか、専門的な治療を行っている病院も含まれています。そうした点で戸惑いの声が患者等から上がる可能性もあるのですがその点について大臣の考えを教えてください。

大臣:
そこは今回の視点、特に新公立病院改革ガイドラインあるいは経済運営、要は骨太2018を踏まえてがん、救急、小児、周産期、災害医療などの高度急性期あるいは急性期機能等に着目をして分析をしておりますから、先ほど申し上げた漏れている分野、それは今ご指摘の病院にも当てはまるのではないかと思いますけれど、そこはそれぞれの地域でそれを加味してご議論いただきたいと思っておりますし、またそういうことと今言ったご心配もあります。しっかりと我々としても説明していきたいと思います。

-------------------

都道府県地域医療構想
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000080850.html

検証元データ(2017全病院データ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/open_data_00002.html

 

 

病院再編 総務省大臣・厚労省大臣が理解を求める

再検証要請対象医療機関 主なグループ病院まとめ

■再検証要請対象医療機関 主なグループ病院まとめ
国立病院機構 31病院
JA厚生連病院 30病院
赤十字病院 24病院
済生会病院 20病院
JCHO病院 18病院

(関連)
2018決算 診療報酬改定後のグループ病院経営
https://wp.me/p6NPV7-4Qj
2018決算 グループ病院の明暗分かれる
https://wp.me/p6NPV7-4yY

———————————

■国立病院機構 31病院公表の衝撃

北海道     独立行政法人国立病院機構函館病院
岩手県     独立行政法人国立病院機構盛岡病院
宮城県     独立行政法人国立病院機構仙台西多賀病院
宮城県     独立行政法人国立病院機構宮城病院
茨城県     独立行政法人国立病院機構霞ケ浦医療センター
栃木県     独立行政法人国立病院機構宇都宮病院
埼玉県     独立行政法人国立病院機構東埼玉病院
千葉県     独立行政法人国立病院機構千葉東病院
東京都     独立行政法人国立病院機構村山医療センター
神奈川県    独立行政法人国立病院機構神奈川病院
新潟県     独立行政法人国立病院機構西新潟中央病院
新潟県     独立行政法人国立病院機構新潟病院
福井県     独立行政法人国立病院機構あわら病院
長野県     独立行政法人国立病院機構まつもと医療センター松本病院
長野県     独立行政法人国立病院機構まつもと医療センター中信松本病院
静岡県     独立行政法人国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター
愛知県     独立行政法人国立病院機構東名古屋病院
京都府     独立行政法人国立病院機構宇多野病院
兵庫県     独立行政法人国立病院機構兵庫中央病院
島根県     独立行政法人国立病院機構松江医療センター
岡山県     独立行政法人国立病院機構南岡山医療センター
広島県     独立行政法人国立病院機構広島西医療センター
山口県     独立行政法人国立病院機構山口宇部医療センター
徳島県     独立行政法人国立病院機構東徳島医療センター
香川県     独立行政法人国立病院機構高松医療センター
愛媛県     独立行政法人国立病院機構愛媛医療センター
福岡県     独立行政法人国立病院機構大牟田病院
佐賀県     独立行政法人国立病院機構東佐賀病院
熊本県     独立行政法人国立病院機構熊本南病院
宮崎県     独立行政法人国立病院機構宮崎東病院
宮崎県     独立行政法人国立病院機構宮崎病院

■JA厚生連病院 30病院公表の衝撃

北海道     JA北海道厚生連美深厚生病院
北海道     JA北海道厚生連常呂厚生病院
北海道     JA北海道厚生連摩周厚生病院
秋田県     湖東厚生病院
福島県     福島県厚生農業協同組合連合会鹿島厚生病院
福島県     福島県厚生農業協同組合連合会高田厚生病院
福島県     福島県厚生農業協同組合連合会坂下厚生総合病院
新潟県     新潟県厚生農業協同組合連合会新潟医療センター
新潟県     豊栄病院
新潟県     三条総合病院
新潟県     厚生連小千谷総合病院
新潟県     新潟県厚生農業協同組合連合会けいなん総合病院
富山県     富山県厚生農業協同組合連合会滑川病院
長野県     長野県厚生農業協同組合連合会佐久総合病院小海分院
長野県     長野県厚生農業協同組合連合会鹿教湯三才山リハビリテーションセンター鹿教湯病院
長野県     長野県厚生農業協同組合連合会下伊那厚生病院
岐阜県     岐阜県厚生農業協同組合連合会岐北厚生病院
岐阜県     岐阜県厚生農業協同組合連合会西美濃厚生病院
岐阜県     岐阜県厚生農業協同組合連合会東濃厚生病院
静岡県     JA静岡厚生連リハビリテーション中伊豆温泉病院
静岡県     JA静岡厚生連清水厚生病院
静岡県     JA静岡厚生連静岡厚生病院
静岡県     JA静岡厚生連遠州病院
三重県     三重県厚生農業協同組合連合会三重北医療センター菰野厚生病院
三重県     三重県厚生農業協同組合連合会大台厚生病院
山口県     厚生農業協同組合連合会小郡第一総合病院
徳島県     阿波病院
徳島県     阿南医師会中央病院
香川県     香川県厚生農業協同組合連合会滝宮総合病院
高知県     JA高知病院
鹿児島県    鹿児島厚生連病院

■赤十字病院 24病院公表の衝撃

北海道     函館赤十字病院
北海道     栗山赤十字病院
北海道     小清水赤十字病院
北海道     清水赤十字病院
神奈川県    秦野赤十字病院
神奈川県    相模原赤十字病院
長野県     川西赤十字病院
長野県     下伊那赤十字病院
長野県     安曇野赤十字病院
長野県     飯山赤十字病院
静岡県     伊豆赤十字病院
静岡県     浜松赤十字病院
滋賀県     大津赤十字志賀病院
京都府     舞鶴赤十字病院
大阪府     高槻赤十字病院
兵庫県     多可赤十字病院
兵庫県     柏原赤十字病院
広島県     総合病院三原赤十字病院
広島県     総合病院庄原赤十字病院
山口県     小野田赤十字病院
福岡県     嘉麻赤十字病院
長崎県     日本赤十字社長崎原爆病院
長崎県     日本赤十字社長崎原爆諫早病院
鹿児島県    鹿児島赤十字病院

■済生会病院 20病院公表の衝撃

福島県     済生会福島総合病院
福島県     済生会川俣病院
群馬県     群馬県済生会前橋病院
東京都     社会福祉法人恩賜財団済生会支部東京都済生会中央病院
東京都     社会福祉法人恩賜財団東京都済生会向島病院
神奈川県    社会福祉法人恩賜財団    済生会平塚病院
神奈川県    社会福祉法人恩賜財団済生会神奈川県病院
神奈川県    社会福祉法人恩賜財団済生会若草病院
三重県     恩賜財団済生会明和病院
大阪府     富田林病院
大阪府     社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会新泉南病院
奈良県     社会福祉法人恩賜財団済生会奈良病院
奈良県     社会福祉法人恩賜財団済生会中和病院
奈良県     社会福祉法人恩賜財団済生会御所病院
和歌山県    済生会和歌山病院
鳥取県     鳥取県済生会    境港総合病院
広島県     社会福祉法人恩賜財団広島県済生会済生会呉病院
香川県     社会福祉法人恩賜財団済生会支部香川県済生会病院
福岡県     飯塚嘉穂病院
鹿児島県    済生会鹿児島病院

■JCHO病院 18病院公表の衝撃

北海道     独立行政法人地域医療機能推進機構    登別病院
宮城県     独立行政法人地域医療機能推進機構    仙台南病院
秋田県     独立行政法人地域医療機能推進機構    秋田病院
福島県     独立行政法人地域医療機能推進機構    二本松病院
栃木県     独立行政法人地域医療機能推進機構    うつのみや病院
埼玉県     独立行政法人地域医療機能推進機構    埼玉北部医療センター
千葉県     独立行政法人地域医療機能推進機構    千葉病院
東京都     独立行政法人地域医療機能推進機構    東京城東病院
富山県     独立行政法人地域医療機能推進機構    高岡ふしき病院
石川県     独立行政法人地域医療機能推進機構    金沢病院
福井県     独立行政法人地域医療機能推進機構    若狭高浜病院
山梨県     独立行政法人地域医療機能推進機構    山梨病院
静岡県     独立行政法人地域医療機能推進機構    桜ヶ丘病院
滋賀県     独立行政法人地域医療機能推進機構    滋賀病院
島根県     独立行政法人地域医療機能推進機構    玉造病院
高知県     独立行政法人地域医療機能推進機構    高知西病院
佐賀県     独立行政法人地域医療機能推進機構    伊万里松浦病院
宮崎県     独立行政法人地域医療機能推進機構    宮崎江南病院

再検証要請対象医療機関 主なグループ病院まとめ

疾病・介護の予防 未来投資会議(第30回)

未来投資会議(第30回) 配布資料
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai30/index.html
疾病・介護の予防
○ 国民健康保険制度について保険者努力支援制度の抜本強化、介護保険制度について介護インセンティブ交付金の抜本強化について、具体策の検討
○ 疾病・介護予防について、エビデンスに基づく政策推進のための実証事業の具体的方針決定(ナッジ理論の活用含む)

 

成長戦略実行計画(令和元年6月21日閣議決定)における宿題
成長戦略実行計画(令和元年6月21日閣議決定)における宿題.jpg

時間当たり実質労働生産性の対米国比水準(2017年)

時間当たり実質労働生産性の対米国比水準(2017年).jpg

疾病・介護の予防 未来投資会議(第30回)

保護中: 茅ヶ崎市立病院の経営改革(茅ヶ崎市立病院リバイバル・ロードマップ)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 茅ヶ崎市立病院の経営改革(茅ヶ崎市立病院リバイバル・ロードマップ)

みんなで医療を考える月間

「医療のかかり方を考える月間」の名称を 「みんなで医療を考える月間」に決定しました。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06945.html

「医療のかかり方を考える月間」の名称を 「みんなで医療を考える月間」に決定しました。
上手な医療のかかり方について我々国民に普及させるため、毎年11月を月間として各種キャンペーンを集中的に行うことを目的とし、「医療のかかり方を考える月間(仮称)」の名称募集を行った結果、「みんなで医療を考える月間」に名称が決定しましたので、お知らせいたします。
当月間の名称公募は、令和元年6月28日から7月19日まで募集を行い、厚生労働省医政局において選定の上、本日公表されたものとなります。今後は、医療機関に掛かる患者が多くなる冬に向け、思い出すための機会を作るため、毎年11月を「みんなで医療を考える月間」とし、各種キャンペーンや付随するポスターやリーフレット、ホームページへの掲載など医療のかかり方の周知・広報に積極的に活用していきます。

1 選定名称:「みんなで医療を考える月間」

2 応募者:野上麻理さん 会社役員

3 本事業に関連する資料
〇上手な医療のかかり方を広めるための懇談会
(https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_01491.html)

〇「医療のかかり方に関する月間(仮称)」の名称公募について
(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/quality/)

4 お問合せ先
厚生労働省 医政局 医療経営支援課 医療勤務環境改善推進室 高梨、金谷、星野
電話番号:03(5253)1111(内線2630、2623、2671)

 

************************************************

みんなで医療を考える月間

医師臨床研修マッチング2019中間結果(9月19日時点)

医師臨床研修マッチング協議会 -Japan Residency Matching Program-
https://www.jrmp.jp/

■定員充足率300%以上の18病院
トップは武蔵野赤十字病院の540%

定員充足率300%以上.jpg

 

■1位希望30人以上の53病院
トップは東京医科歯科大学医学部附属病院の76人

1位希望30人以上の53病院.jpg

 

■「大学」(附属・関連等含)ランキング

「大学」(附属・関連等含)ランキング.jpg

 

■「国立」ランキング

「国立」トップは国際医療研究センター病院.jpg

 

■「赤十字病院」ランキング

「赤十字病院」ランキング.jpg

 

■「済生会」ランキング

「済生会」ランキング.jpg

 

■1位希望ゼロの病院一覧
魅了あるプログラムに変貌できるか

1位希望ゼロの病院一覧.jpg

 

■プログラム設定最多14の広島大学病院
協力型病院名を載せたユニークなプログラム
100%超の人気プログラム(病院の魅力)がある一方でゼロ%病院はプレッシャー

プログラム最多14設定の広島大学病院.jpg
続いて多いプログラム数は
高知大学医学部附属病院10
佐賀大学医学部附属病院10 など

 

■プログラム別 充足率

プログラム別 充足率.jpg

 

■プログラム別 1位希望数

プログラム別 1位希望数.jpg

【医師臨床研修マッチング2019】中間結果ランキング
マッチング中間、東京医科歯科大1位も希望者減
市中病院は2年連続虎の門病院が首位に
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201909/562396.html

東京医科歯科大、2年ぶり1位―2019年度マッチング中間
大阪医大が急伸し2位タイ、東大は2位タイに後退
https://www.m3.com/news/iryoishin/701075

虎の門病院、2年連続1位-マッチング中間
国際医療研究C、横浜市立市民病院が躍進
https://www.m3.com/news/iryoishin/701095

医師臨床研修マッチング2019中間結果(9月19日時点)

医療機器業界の世界ランキング2018

医療機器メーカー売上世界ランキング
業界誌Medical Design and Outsourcingがリスト作成。
3兆円売上のメドトロニックが業界首位

↓↓↓

The 10 largest medical device companies in the world
https://www.medicaldesignandoutsourcing.com/10-largest-medical-device-companies-world-2019/
The 20 largest medical device companies in the world | Medical Design and Outsourcing
https://www.medicaldesignandoutsourcing.com/20-largest-medical-device-companies-2019/
Download an Excel sheet of the full Big 100 list
https://www.medicaldesignandoutsourcing.com/2019-big-100/
The 20 largest medical device companies in the world
2018 revenues
1. Medtronic $30,557,000,000
2. Johnson & Johnson $27,000,000,000
3. Royal Philips $21,413,585,700
4. GE Healthcare (General Electric) $19,784,000,000
5. Fresenius $19,553,589,900
6. Siemens Healthineers $15,864,322,500
7. Cardinal Health $15,633,000,000
8. Danaher $15,573,500,000
9. Stryker $13,600,000,000
10. EssilorLuxottica $12,761,178,300
11. Abbott (medical device segment) $11,400,000,000
12. Baxter $11,127,000,000
13. Owens & Minor $9,838,708,000
14. Boston Scientific $9,823,000,000
15. Henry Schein $9,400,000,000
16. Becton, Dickinson (medical segment) $8,616,000,000
17. B. Braun Melsungen $8,163,301,770
18. Zimmer Biomet $7,932,900,000
19. Alcon $7,149,000,000
20. 3M Co. (healthcare segment) $6,021,000,000

(関連)
医療機器業界の世界ランキング2014
https://www.sbbit.jp/article/cont1/29676

Medtronic plc.jpg

医療機器業界の世界ランキング2018