黒字病院を分析して自院に取り込む(追随型)

九州医事研究会メルマガ第278号より抜粋
https://www.mag2.com/m/0001588268.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■黒字病院を分析して自院に取り込む(追随型)

2018決算 診療報酬改定後の病院経営 勝ち組・負け組の要因
https://wp.me/p6NPV7-4Qj

◆地域医療構想への迅速な対応
→病床区分変更
→地域包括ケア病棟への転換
→医師・看護師の適正配置

◆診療報酬改定への迅速な対応
→地域包括ケアシステム(病床機能・入退院支援・医療介護連携など)
(とくに新設の入院基本料への対応など 例:急性期一般入院料2ほか)
→医療従事者の負担軽減、働き方改革(とくに看護補助、医師事務など)
→質の高い医療(とくに、がん疾患・認知症・救急・口腔疾患など)
→効率化(とくに後発医薬品、外来医療の機能分化、重症化予防など)

◆病院経営に大きく響く指標への対策
→新入院数
→病床稼働率(ベッドコントロール)
→効果的な経営対策への素早い対応(追随型)
(例)他病院(グループ病院等)のマネジメントの取り入れ
5年連続黒字JCHOの経営改善(PDF48)など
https://www.mhlw.go.jp/content/10901000/000535834.pdf

↓↓↓

国立病院機構・公的病院・独法化病院などは情報公開しているので、
自院と同規模の良好な黒字経営病院を常にキャッチアップしておく
経営悪化理由や経営改善できない理由を自院だけで悩まない
ヒント(成功事例)はたくさん落ちている
( 医事課長や役職者の業務 → マーケティング活動 )

過去メルマガ参照

九州医事研究会メルマガ第275号
「2018決算 改定後の病院経営、明暗分かれる」

九州医事研究会メルマガ第271号
「DPC平均単価60,890円 特定機能病院の平均外来単価26,411円」

九州医事研究会メルマガ第270号
「2019年の各グループ病院の事業計画(経営戦略)を読み解く」

九州医事研究会メルマガ第267号
「DPC経営の先進取組事例:ホリスティック・マーケティング」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

例) コスパ最強の急性期一般入院基本料2
https://wp.me/p6NPV7-50n

1と2の差では100床あたりで看護師配置20人程度の差がでる。
500万円×20人=1億円の人件費の回収が出来ないのに1へ留まるので赤字経営。
改定の風に迅速対応できる病院とできない病院の差

黒字病院を分析して自院に取り込む(追随型)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中