フォーミュラリ導入で約3,100億円の薬剤費削減額

2019年08月23日
次期診療報酬改定に向けた政策提言を発表
https://www.kenporen.com/press/

健保連は2019年8月23日、「次期診療報酬改定に向けた政策提言(政策立案に資するレセプト分析に関する調査研究結果Ⅳ)」について厚生労働省で記者会見を行いました。

「政策立案に資するレセプト分析に関する調査研究Ⅳ」 ―調査結果報告の要旨― (PDF)

「政策立案に資するレセプト分析に関する調査研究Ⅳ」 概要版 (PDF)

「政策立案に資するレセプト分析に関する調査研究Ⅳ」 本文 (PDF)

 

フォーミュラリ導入で約3,100億円の薬剤費削減額

フォーミュラリ導入で約3,100億円の薬剤費削減額.jpg
リフィル処方導入で、年間約362億円の医療費適正化効果

リフィル処方導入で、年間約362億円の医療費適正化効果.jpg

 

OTC類似薬の保険適用範囲を見直しで年間最大600億円程度の薬剤費削減効果

OTC類似薬の保険適用範囲を見直しで年間最大600億円程度の薬剤費削減効果

・花粉症治療薬の保険適用範囲について

クリックして201908231.pdfにアクセス


▽OTC類似薬を1分類のみ投薬する場合、当該薬剤について保険適用から除外する
▽OTC類似薬全てについて、フランスの制度にならい、患者自己負担率を7割に引き上げる
▽OTC類似薬全てを保険適用から除外する-と見直した場合の薬剤費削減効果(全国推計値)は、年間 36 億円~597 億円程度と見込まれた。

知っておくべき8つの薬局トレンド

8 key pharmacy trends to know & more: 4 Qs with BroadJump’s Cloe Talamini
https://www.beckershospitalreview.com/pharmacy/8-key-pharmacy-trends-to-know-more-4-qs-with-broadjump-s-cloe-talamini.html

In short the eight trends to know are:

・Increased specialty drug cost
・Drug shortages
・Creating a standard formulary
・Creating a plan for nonformulary items
・340B performance
・Biosimilars of biologics
・Using data to increase performance and lower cost
・Learning to manage the high dollar expenses

 

フォーミュラリ導入で約3,100億円の薬剤費削減額

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中