個別指導指摘事項「手術について不適切な例」

近畿厚生局   更新日:2019年7月22日
個別指導及び適時調査において保険医療機関等に改善を求めた主な指摘事項
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kinki/iryo_shido/kobetsushitekijikou.html

手術について、次の不適切な例が認められたので改めること。
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kinki/iryo_shido/000104619.pdf
① 手術の内容、合併症及び予後等を文書を用いて詳しく説明していない。
② 説明した内容について、文書で交付又は診療録に添付していない。
③ 手術記録について、適切に記載していない。

点数表にない手術

◆DPC出来高報酬 点数表にない手術の実施はNG
https://wp.me/p6NPV7-4O0

「特殊な療法、新しい療法等については、厚生労働大臣の定めるもののほか行ってはならない」
(療養担当規則第18条) (例外)先進医療

特殊な手術の手術料は、保険医の判断で勝手に準用せず、医療機関の医事部門を通じて地方厚生(支)局へ照会すること。

・点数表にあっても、手技が従来の手技と著しく異なる場合
・従来一般的に開胸又は開腹で行われていた手術を内視鏡下で行った場合 等

※ 保険適用の腹腔鏡下手術以外の手術で腹腔鏡を用いた場合、当局から準用が通知されたもの以外については、手術を含む診療全体が保険適用とならない。胸腔鏡下手術も同様。

******************************************

コンピューターチェック対象事例更新、18年度改定に対応 新規追加3,595事例
https://wp.me/p6NPV7-3ML
「マスク又は気管内挿管による閉鎖循環式全身麻酔5」のみで腹腔鏡を用いた手術若しくは検査が算定された場合にチェックを実施。
再診料(注5、注6及び注16)又は外来診療料(注8、注9及び注11)の前日に入院料等(医科点数表第1章第2部第4節に規定する短期滞在手術等基本料を算定する患者を含む。)が算定された場合にチェックを実施。
対称器官に係る特に規定する場合(手術の告示名の末尾に両側と記入したもの(移植用肺採取術(死体)(両側)を除く))の手術が1日で2回以上算定された場合にチェックを実施。
同日に短期滞在手術等基本料1と再診料又は外来診療料が算定された場合にチェックを実施。
(Ⅱ)又は在宅患者共同診療料が算定された場合にチェックを実施。
同日に複数手術の特例に該当しない手術が100分の50の点数で算定された場合にチェックを実施。
入院年月日から5日以内に短期滞在手術等基本料3と短期滞在手術等基本料3に含まれる診療行為(第1章基本診療料及び第2章特掲診療料に掲げるもの(当該患者に対して行った第2章第2部第2節在宅療養指導管理料、第3節薬剤料、第4節特定保険医療材料料、J038に掲げる人工腎臓及び退院時の投薬に係る薬剤料並びに除外薬剤・注射薬の費用を除く。))が算定された場合にチェックを実施。
認知症のみで認知症地域包括診療加算又は認知症地域包括診療料が算定された場合にチェックを実施。
複数手術に係る費用の特例により、100分の50に相当する点数で算定された従たる手術に注加算が算定された場合にチェックを実施。
複数手術に係る費用の特例により100分の50に相当する点数で算定された従たる手術が、同日に算定された主たる手術の回数を超えて算定された場合にチェックを実施。

DPC/PDPS制度の問題点 アウトカム評価を急性期医療に反映させなかった顛末
もし死亡率や医療の質のアウトカム評価・チェック制度がDPCに導入されていれば、群馬大学病院の腹腔鏡手術後死亡事件などは起きなかった
https://wp.me/p6NPV7-4hI

アウトカム評価制度の重要性
https://wp.me/p6NPV7-4hI
医療関係者からは「もし死亡率や医療の質のアウトカム評価・チェック制度がDPCに導入されていれば、群馬大学病院の腹腔鏡手術後死亡事件などは起きなかっただろうし、抗生剤の過剰使用や院内感染、繰り返される再入院「ぐるぐるDPC病院」などの数々のインシデント事例は抑制されていたはずだ。日本の急性期医療包括制度(DPC)はアウトカムを無視した穴だらけの欠陥制度」と話す。

DPC病院別の術式別死亡率「○○手術、Kコード○○、○.○○%」
https://wp.me/p6NPV7-4jp
このようなデータを厚労省や病院幹部が知っているという情報発信だけで術後死亡を繰り返すモンスター・リピート医師の抑止力になる。DPC病院は院内の医療安全チームやガバナンス体制として役職者にこの情報を管理運営に役立てるとした施設基準要件にすれば良い。
これら以外に手術に関連した多数のアウトカム指標、再入院率、感染症率、合併症率、抗生剤使用率など、民間のベンチマークサービスでもある程度情報収集できるものは、DPC調査事業として行うべきである。
早期からアウトカム評価の取り組みがあれば、数々のインシデント事例・事件は抑制されただろう。
少なくとも群馬大学医学部附属病院で2010年から2014年の間に腹腔鏡による肝臓切除手術を受けた患者が相次いで死亡した事故はなかったはずだ。
もう一歩踏み込めば、外来・入院のEFファイルには医師別コードも入力可能なため、医籍番号の入力を必須要件とすれば医師別の死亡率の把握も可能となる。全国平均より高い医師や上位1%などには通知する制度を設けるなどいかようにも対応方法はある。
DPCには患者の視点を早期に導入するべきである。

管理料・加算等、医事課部門のみの判断で一律請求を行わないこと
https://wp.me/p6NPV7-4Pu

査定を防ぐためには摘要欄及び症状詳記で補う
https://wp.me/p6NPV7-4Pj

医療情報システム(電子カルテ等)の注意点(適時調査・個別指導)
https://wp.me/p6NPV7-4Pp

オンライン診療の指針とQAの改訂
https://wp.me/p6NPV7-4QE

**************************************

各地方厚生局最新情報
個別指導及び適時調査において保険医療機関等に改善を求めた主な指摘事項

北海道厚生局
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/hokkaido/shido_bumon.html

東北厚生局
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/tohoku/shido_kansa/shidoubumonn/omonashitekijikou.html

関東信越厚生局
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/gyomu/gyomu/hoken_kikan/hoken_shiteki.html
千葉事務所
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/gyomu/bu_ka/chiba/

東海北陸厚生局
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/tokaihokuriku/iryo_shido/shitekijikou_ika.html

近畿厚生局
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kinki/iryo_shido/kobetsushitekijikou.html

中国四国厚生局
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/chugokushikoku/chousaka/chousaka02.html

四国厚生支局
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/shikoku/chosa/shitekijiko.html

九州厚生局
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kyushu/shinsei/shido_kansa/shitei_kijun/kobetsushidou_tekijichousa_shitekijikou.html

個別指導指摘事項「手術について不適切な例」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中