平成30年度適時調査指摘事項/関東信越厚生局

個別指導及び適時調査において保険医療機関等に改善を求めた主な指摘事項について/関東信越厚生局
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/gyomu/gyomu/hoken_kikan/hoken_shiteki.html
平成30年度
平成30年度に実施した適時調査において保険医療機関に改善を求めた主な指摘事項

クリックして30tekiji.pdfにアクセス

平成30年度に実施した適時調査/関東信越厚生局.jpg


地域包括ケア病棟入院料・地域包括ケア入院医療管理料
① 地域包括ケア病棟入院料・地域包括ケア入院医療管理料について、次の不適切な例が認められたので改めること。
○ 通知に示されたリハビリテーションを提供する患者について、1日平均2単位以上提供していない。もしくは、1患者1日につき9単位を超えて実施している。
○ 当該病棟又は病室を含む病棟における1日に看護を行う看護職員の数が、常時、 入院患者の数が(13・15)又はその端数を増すごとに1 以上となっていない。
② 地域包括ケア病棟入院料の[ 「注3」の看護職員配置加算 ・「注4」の看護補助者配置加算 ・ 「注7」の看護職員夜間配置加算 ]について、次の不適切な例が認められたので改めること。
○ 看護補助者配置加算について、当該病棟(地域包括ケア入院医療管理料を算定する場合は、当該病室を有する病棟)において、1日に看護補助を行う看護補助者の数が、当該入院料の施設基準の最小必要人数に加え、常時、当該病棟の入院患者の数が25又はその端数を増すごとに1以上となっていない。

平成30年度適時調査指摘事項/関東信越厚生局

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中