女性就業者、初の3000万人突破も管理職は欧米に比べ各段に少ない

大戦前の男性社会が続く発展途上国の日本。
女性管理職の育成が急務。男性側の意識改革も必要。
女性の聖域職種の管理職・教職員ポストを奪う、恥ずべき男性の存在。
これまでの日本の男性社会イズムに守られた子供部屋おじさん達。

↓↓↓

労働力調査(基本集計) 2019年(令和元年)6月分 (2019年7月30日公表)
https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/index.html
女性就業者、初の3000万人突破 6月労働力調査
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47942650Q9A730C1000000/

> 男女合わせた就業者は6747万人。女性の就業者が全体の44.5%を占め、09年平均と比べて2.6ポイント上昇した。欧米の主要先進国の大半は40%台後半で、日本もその水準に近づきつつある。

—–

> 人手不足を補う性格が根強いため、例えば女性管理職の割合は欧米と比べて低い。独立行政法人の労働政策研究・研修機構によると、日本の管理職に占める女性の比率は16年時点で12.9%。一方、米国は43.8%、フランスは32.9%だ。

データブック国際労働比較2018
https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/databook/2018/index.html
3-3 就業者及び管理職に占める女性の割合

データブック国際労働比較2018 管理職に占める女性の割合.jpg

女性就業者、初の3000万人突破も管理職は欧米に比べ各段に少ない
https://wp.me/p6NPV7-4L4

3千万人突破の女性就業者、半分は非正規雇用 賃金低く
https://www.asahi.com/articles/ASM7Z5471M7ZULFA025.html
<働き方改革の死角>高齢ワーキングプア誘発 定年後の再雇用「ザル法」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201906/CK2019062202000157.html

省庁横断組織の「就職氷河期世代支援推進室」が2019年7月31日、内閣官房に設置
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48019330R30C19A7PP8000/

米メディア「日本人は真面目だが貧困率が高い」にネット「ぐうの音も出ない」「日本の闇が浮き彫りだ」
https://news.careerconnection.jp/?p=76040

社会の『男尊女卑』を描いた風刺画

f0ef3527-s

女性就業者、初の3000万人突破も管理職は欧米に比べ各段に少ない

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中