日本整形外科学会のタスク・シフティング → 医師事務作業補助者

医師の働き方改革を進めるためのタスク・シフティングに関するヒアリング(第2回)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05753.html
日本整形外科学会
https://www.mhlw.go.jp/content/10803000/000528271.pdf
①1件あたり15~20分
②1名あたり15~30分以上
③1名あたり15~30分以上
④1名あたり15~30分以上
⑤1人当たり5~10分程度

↓↓↓

10項目中、5項目は医師事務作業補助者。

医師事務作業補助者の活躍で65分~120分の時短が可能。

高齢者の転倒・骨折は年々増加
圧迫骨折等も含めて入院患者増で現場はパンク・疲弊原因

・整形外科医が足りないので入院患者横ばい、または減少
・医師不足でこれ以上の新入院が診れない

上記は通用しない理由。
働き方改革を実践すれば新入院増・延べ患者数増

(関連)
国立病院機構の黒字化要因は「地域包括ケアシステム」と「働き方改革」への対応
https://wp.me/p6NPV7-4Hg
聖隷グループ 働き方改革で病院経営安定
https://wp.me/p6NPV7-4AN

日本整形外科学会2.jpg

日本整形外科学会3.jpg

日本整形外科学会4.jpg

日本整形外科学会5.jpg

日本整形外科学会6

 

 

 

日本整形外科学会のタスク・シフティング → 医師事務作業補助者

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中