大同病院、「医療の質」向上にRPAを導入 年間8000時間削減を試算

とうとう本格的に医療機関でも導入。興味津々。

サマリー自動作成ロボット
QIデータの自動抽出・作成ロボット

凄いなあ~。

↓↓↓

大同病院、「医療の質」向上にRPAを導入 年間8000時間削減を試算――RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を活用
愛知県の大同病院は、医師業務や間接事務の効率化に向け、RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を導入。年間8000時間の業務をRPAに置き換えられると試算する。将来的には、検査結果などを基に医師にアラートを提示するシステムの構築などにもRPAとAIの組み合わせを活用していく。
https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1907/16/news075.html

BizRobo!とは
https://rpa-technologies.com/products/first/

BizRobo!とは.jpg
RPA導入事例
https://rpa-technologies.com/products/

社会医療法人宏潤会 大同病院・だいどうクリニック
https://daidohp.or.jp/

************************************

ヒューマンリソシア 特定機能病院に初導入 医療機関向けRPA導入支援サービスを本格開始
~日本医科大学付属病院にRPAソリューションを提供し、病院事務業務の生産性向上を支援~
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000773.000005089.html

名大病院、RPAロボで病院の定型業務を自動化 約9800時間の効率化へ――RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を導入
名古屋大学医学部附属病院は、RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を導入し、院内の全事務部門で定型業務のRPA化を推進する。会議メールの自動送信や医師の勤務時間集計などの定型業務を自動化することで、職員がより付加価値の高い業務にシフトできる体制を整える。
https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1904/17/news071.html

札幌東病院がRPA用い業務改善 患者体験価値の向上目指す
札幌東徳洲会病院は佐々木寿希・医事課課長兼システム管理課課長を中心に、RPA(Robotic Process Automation)を活用した業務改善を積極的に進めている。RPAとは、これまで人間が行ってきた事務作業の一部を、パソコン内にあるソフトウェア型のロボットが代行・自動化する取り組みだ。
https://www.tokushukai.or.jp/media/newspaper/1172/article-8.php

大同病院、「医療の質」向上にRPAを導入 年間8000時間削減を試算

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中