KKR病院グループ2018決算 経常利益19億円(前年比17億円増)

国立病院機構や他グループ病院と同様に、28年度を底に回復基調

国家公務員共済組合連合会(KKR)病院 2018決算.jpg

国家公務員共済組合連合会(KKR)病院
(直営病院・旧令共済病院:旧海軍病院)全国33か所の医療施設の運営

◆直営病院
(全国に23か所の直営病院と2か所の介護老人保健施設)
KKR札幌医療センター
斗南病院
東北公済病院
水府病院
立川病院
九段坂病院
虎の門病院
虎の門病院分院
三宿病院
北陸病院
名城病院
東海病院
枚方公済病院
大手前病院
六甲病院
高松病院
広島記念病院
吉島病院
新小倉病院
千早病院
浜の町病院
新別府病院
熊本中央病院

経常損益
経常収益の総額は185,158百万円で、前年度に比べ370百万円の減少(△0.2%)となっている。
このうち「患者収入」は177,833百万円で、患者数は減少したものの診療単価が増加し、前年度に比べ38百万円の増加(0.0%)となっている。
その他、「国庫補助金収入」は1,145百万円で、前年度に比べ142百万円の減少(△11.0%)、「保健経理より受入」は1,733百万円で、前年度に比べ23百万円の増加(1.3%)、「施設収入」は1,171百万円で、前年度に比べ5 百万円の減少(△0.4%)、「その他の収入」は3,275百万円で、前年度に比べ284百万円の減少(△8.0%)となっている。
一方、経常費用の総額は182,956百万円で、前年度に比べ1,495百万円の減少(△0.8%)となっている。
このうち「職員給与」は54,133百万円で、前年度に比べ49百万円の増加(0.1%)となっている。
また、「材料費」は50,474百万円で、前年度に比べ1,911百万円の減少(△3.6%)となり、その内訳をみると、「薬品費」が1,337百万円の減少(△3.9%)、「医療材料費」が552百万円の減少(△3.2%)、「飲食材料費」が23百万円の減少(△2.6%)となっている。「減価償却費」は8,535百万円で、前年度に比べ40百万円の増加(0.5%)となり、「支払利息」は101百万円で、前年度に比べ6百万円の減少(△5.3%)、「その他の経費」は69,714百万円で、前年度に比べ333百万円の増加(0.5%)となっている。この結果、経常損益は2,201百万円となった。

特別損益
特別利益の総額は1,054百万円で、前年度に比べ854百万円の減少となっている。
このうち「前期損益修正益」は1,054百万円で、前年度に比べ157百万円の増加、「固定資産売却益」は前年度に比べ1,011百万円の減少となった。
一方、特別損失の総額は3,064百万円で、前年度に比べ759百万円の増加となっている。
このうち「前期損益修正損」は1,144百万円で、前年度に比べ29百万円の減少となり、「固定資産除却損」は1,920百万円で、前年度に比べ787百万円の増加となった。
この結果、特別損益は△2,010百万円となった。

当期損益
以上の結果、当期損益は191百万円となった。
(立川病院病棟等新築工事(5/24 竣工)及び虎の門病院建替整備工事を引き続き実施)

************************************************

◆旧令共済病院
(全国に10か所の管理病院と2か所の介護老人保健施設)
東京共済病院
横須賀共済病院
横浜南共済病院
横浜栄共済病院
平塚共済病院
舞鶴共済病院
呉共済病院
呉共済病院忠海分院
佐世保共済病院
舞鶴こども療育センター

経常損益
経常収益の総額は103,466百万円で、前年度に比べ1,687百万円の増加(1.7%)となっている。
このうち「患者収入」は100,348百万円で、診療単価の増加等により、前年度に比べ1,253百万円の増加(1.3%)となっている。
「施設収入」は1,129百万円で、前年度に比べ41百万円の増加(3.7%)となり「その他の収入」は1,989百万円で、前年度に比べ394百万円の増加(24.7%)となっている。
一方、経常費用の総額は103,681百万円で、前年度に比べ1,059百万円の増加(1.0%)となっている。このうち「職員給与」は43,383百万円で、前年度に比べ885百万円の増加(2.1%)となっている。「材料費」は28,695百万円で、前年度に比べ28百万円の減少(△0.1%)となり、その内訳は、「薬品費」が445百万円の増加(3.1%)、「医療材料費」が464百万円の減少(△3.5%)、「飲食材料費」が9百万円の減少(△1.1%)となっている。「減価償却費」は5,921百万円で、前年度に比べ164百万円の増加(2.9%)となり、「支払利息」は42百万円で、前年度に比べ9百万円の減少(△17.5%)となり、「その他の経費」は25,639百万円で、前年度に比べ47百万円の増加(0.2%)となっている。
この結果、経常損益は△216百万円となった。

特別損益
特別利益の総額は841百万円で、前年度に比べ76百万円の増加となっている。
一方、特別損失の総額は1,148百万円で、前年度に比べ394百万円の増加となっている。
この結果、特別損益は△307百万円となった。

当期損益
以上の結果、当期損益は△523百万円となった。
(横浜栄共済病院の病棟新築その他工事を引き続き実施)

 

*****************************************

 

KKR病院グループ2018決算 経常利益19億円(前年比17億円増)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中