DPC病院への査定情報収集の必要性

査定(減点)されてもいいのでとりあえず請求する。
「係数」に関係する算定項目をどうにかしてEFファイルへ反映させようとする悪質病院の存在。マルメ(包括)項目も実施したように細工する。

診療密度の過剰演出(とくに複雑性係数・救急医療係数等)。
こうした傾向はDPC特定病院群(旧Ⅱ群病院)やDPC特定病院群を目指す予備群および総合入院体制加算1算定病院に多い。

DPC分類のアップコーディング問題やこうしたデータ不正操作病院を退出させない限り「DPC制度疲労」は改善されない。
DPC病院の査定情報の提出ルール化やPL(損益計算書)勘定科目「保険等査定減」情報収集が必要。

*********************************************

(例) ※上記とは関係ありません。
◆PLから査定状況を確認する参考例 病床数や病院群等表示は2017年時点。

DPC病院への査定情報収集の必要性.jpg

JCHO病院 査定減データ

JCHO病院 査定減データ.jpg

 

DPC/PDPS制度の不都合な真実

DPC病院への査定情報収集の必要性

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中