セラノス裁判 2020年8月開始 20年の懲役刑と数百万ドル罰金の可能性

サンノゼ連邦地方裁判所で2020年8月から開始。11の刑事訴訟で最高20年の懲役刑と275万ドル+数百万ドルの賠償判決の可能性があるという。ユニコーン企業の恐ろしいところ。セラノスは9億ドルを調達し、エリザベス・ホームズの推定資産は一時45億ドルとされたが疑惑が解明されることはなく2018年9月に会社を清算。騙したのは悪いので罪は償う。まだ35歳だしアイデア枯渇してなければ捲土重来がんばってほしい。

 

セラノスの没落を描いたドキュメンタリーは、誰かの不幸をむさぼる“快感”に満ちていた:映画レヴュー
https://wired.jp/2019/06/29/the-inventor-theranos-and-multiplatform-schadenfreude/

↓↓↓

Theranos founder Elizabeth Holmes to stand trial in 2020 | TechCrunch

Theranos founder Elizabeth Holmes to stand trial in 2020


The Elizabeth Holmes Theranos trial will start next summer
https://www.engadget.com/2019/06/28/theranos-elizabeth-holmes-trial-date-2020/
Theranos founder Elizabeth Holmes’ trial set for summer 2020
https://edition.cnn.com/2019/06/28/tech/theranos-elizabeth-holmes-trial-date/index.html
Elizabeth Holmes: Theranos founder’s fraud trial set to start in summer 2020 – CBS News
https://www.cbsnews.com/news/elizabeth-holmes-theranos-founder-fraud-trial-set-to-start-in-summer-2020-announced-today-2019-06-28/
Theranos founder Elizabeth Holmes to stand trial next summer on charges that she defrauded investors | Daily Mail Online
https://www.dailymail.co.uk/news/article-7194561/Theranos-founder-Elizabeth-Holmes-stand-trial-summer-charges-defrauded-investors.html

29 June 2019 (left) and in 2015 (right).jpg

28 June 2019 (left) and in 2015 (right)

 

有名企業ばかり

↓↓↓

Theranosの元従業員を雇っている会社一覧(リンクトインで調査)
https://qz.com/work/1621292/apple-google-uber-where-former-theranos-employees-work-now/

Company Number of ex-Theranos employees
Apple 20
Roche 20
Cepheid 14
Alphabet 11
Facebook 11
Thermo Fisher Scientific 10
Amazon 8
Iora Health 8
Microsoft 8
BD 6
Verb Surgical 6
Illumina 5
Maricopa Integrated Health Systems 5
Tesla 5
Uber 5

Theranos内部告発者がベンチャー起業
https://edition.cnn.com/2019/04/02/tech/theranos-whistleblowers-ethics-in-entrepreneurship/index.html
「詐欺会社」セラノスが目指した血液検査、イスラエル企業が実用化
https://forbesjapan.com/articles/detail/27747

2018年、14億ドルとともに消えたスタートアップ12社
https://www.businessinsider.jp/post-178817

 

セラノスが目指した血液検査技術は不可能ではない
https://wp.me/p6NPV7-36B

ヘルスケアリテライゼーション革命
FinTechが医療を変える 非侵襲的な簡易検査キットなど検診やアプリ検査の導入
https://wp.me/p6NPV7-gJ

セラノスによる価格破壊 250の検査項目の150以上は10ドル未満で手軽に検査可能

セラノスの復活はあるか 米国臨床化学会では黒のタートルネックシャツ封印
https://wp.me/p6NPV7-z1

DNA検査の寵児、エリザベス・ホームズの墜落
マティス元国防長官もアフガン・イラクの戦場でセラノスの診断キット利用を強く要求
https://wp.me/s6NPV7-wired

セラノス・エリザベスホームズのポーズ ツイッターハッシュタグで流行
https://wp.me/p6NPV7-13

 

セラノス裁判 2020年8月開始 20年の懲役刑と数百万ドル罰金の可能性

JCI認定医療機関 全74カ国一覧

上位5カ国
1.UAE 205病院
2.中国 105病院
3.サウジアラビア 103病院
4.タイ 67病院
5.ブラジル 62病院

日本 28病院
*****************************
JCI認定医療機関 全74カ国一覧 jci201907

JCI認定医療機関 TOP20カ国

jci201907-top20.jpg

 

日本のJCI認定28施設、世界で1067施設(2019年7月現在)
https://wp.me/s2Xv05-jci

JCI認定医療機関 全74カ国一覧

病院の建設費、平米単価は7年連続上昇の36.5万円 福祉医療機構

調査・レポート(R1年度) | WAM
https://www.wam.go.jp/hp/keiei-report-r1/
病院および老健の平米単価の推移
https://www.wam.go.jp/hp/wp-content/uploads/190628_No003.pdf
平米単価は、平成 23 年度からおおむね上昇傾向にあり、平成 30 年度においても病院、老健ともに上昇していた(図表 9)。平成 30 年度は病院では 365 千円と前年度の 347 千円から19 千円上昇し、老健では 312 千円と前年度の273 千円から 39 千円上昇した。

病院の建設費、平米単価は7年連続上昇の36.5万円.jpg

***************************************

建設受注、20年ぶり16兆円超え 病院の新築工事や改修工事が目立つ
https://wp.me/p6NPV7-46c

霧島市立医師会医療センターの建替えPFI方式候補、1床あたり5,236万円
https://wp.me/p6NPV7-4hr

建替時の苦労や障害は「医療関係法令」や「建築・都市計画関係法令」の知識
https://wp.me/p6NPV7-3yd

新病院建設後の赤字の深刻化 事業収益の2倍超の建設事業費で破綻の恐れ強まる
https://wp.me/p6NPV7-3BC

横浜市立市民病院の移転整備総事業費482億円 年事業収入2倍超で危険水域!?許容範囲!?
https://wp.me/p6NPV7-3Ck

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

自治体病院 新病院建設による赤字の深刻化
https://wp.me/p6NPV7-3BC

高騰する新病院建設費は大問題。とくに地元議員の影響力行使なども。
自身にコネある建設業者・医療機器メーカー等との癒着により高騰する建設費。
その建設費の減価償却で泣きを見る自治体病院。その忖度状況を知っている職員はコスト削減に無気力へ。

大震災や東京オリンピックの影響で建材費高騰等にて病院収入×1.2~1.5倍程度が妥当か。大学病院では2倍~2.5倍ほど。
一般病院の収入100億円であれば建設費120億円~150億円など。
地域包括ケアシステムの中で、身の丈に合った病院経営・運営が重要となるが、どの自治体病院も「大学病院」並み2倍やそれ以上の規模が存在する・・・。自治体病院が赤字な理由。

 

病院の建設費、平米単価は7年連続上昇の36.5万円 福祉医療機構

医療情報の提供内容等のあり方に関する検討会

欧米のように第三者評価の認定がなければ保険診療ができないくらいまで事業が成長してほしいですね。
JCIぐらいまで評価基準を求めていいのでは。

↓↓↓

医療情報の提供内容等のあり方に関する検討会
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-isei_335126.html
第13回医療情報の提供内容等のあり方に関する検討会資料
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05432.html

医療の質向上のための体制整備事業~事業概要と今後の進め方~

公益財団法人日本医療機能評価機構
https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000522074.pdf
<事業目的(案)>
臨床指標の活用を通じて、
・現場の自主的な質改善活動を充実させる。
・医療の客観性を高め信頼性を向上させる。

医療の質向上のための体制整備事業 事業内容(案)
医療の質向上のための体制整備事業.jpg

医療の質向上のためのコンソーシアム
医療の質向上のためのコンソーシアム

医療の質向上のためのコンソーシアム 今年度スケジュール(検討中)
“医療の質向上のための協議会”設置に向けて

医療の質向上のためのコンソーシアム 今年度スケジュール(検討中).jpg

 

「2018年度 患者満足度・職員やりがい度 活用支援プログラム【年報】」
https://www.jq-hyouka.jcqhc.or.jp/support/satisfaction/case/

↓↓↓

日本版ICHOM調査で「Pay for value」を実現へ
患者にとっての価値に基づく医療
https://wp.me/p6NPV7-4lR

 

医療の質の評価・公表と医療情報提供の推進に関する研究
共通QIセット: 23種類の36指標
https://www.mhlw.go.jp/content/10801000/000462044.pdf
①入院患者満足度 ②外来患者満足度 ③職員満足度 ④転倒・転落発生率⑤インシデント・アクシデント発生率 ⑥褥瘡発生率⑦中心静脈カテーテル挿入時の気胸発生率 ⑧キャンサーボードの開催⑨麻薬処方患者における痛みの程度の記載⑩急性心筋梗塞患者におけるアスピリン投与⑪Door-to-Balloon ⑫早期リハビリテーション⑬誤嚥性肺炎患者に対する喉頭ファイバースコピーあるいは嚥下造影検査の実施率⑭血糖コントロール ⑮予防的抗菌薬の投与 ⑯服薬指導 ⑰栄養指導⑱手術患者での肺血栓塞栓症予防・発生率 ⑲30日以内の予定外再入院率⑳職員の予防接種率 ㉑高齢者における事前指示(ACP)㉒広域抗菌薬使用時の血液培養 ㉓地域連携パスの使用率

共通QIセット 23種類の36指標.jpg

H29年度実績では1664病院中1629病院と約98%が公表。
しかし患者や住民が全く利用していない「病院情報の公表」データ。
明らかに患者の視点不足。

↓↓↓

病院の診療内容の公開について
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000334430.pdf
病院情報の公表
患者や住民に対して積極的に自施設の診療に関する情報を提供

患者や住民に対して積極的に自施設の診療に関する情報を提供.jpg

 

満足度が低いのはアウトカム評価の視点が足りないため。
「現場は問題の宝庫」でありながら、他産業との交流が少ないため医療機関に応用が効かない。
産学官民連携促進こそが真の医療改革に繋がり、地域創生実現となる。

————————————-

日本人はなぜ医療に満足できないのか
~ISSP国際比較調査「健康」から~
https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/research/report/2014_11/20141104.pdf

↓↓↓

イギリスのプライマリケアから日本の在宅医療を考える
http://www.jri.co.jp/MediaLibrary/file/report/jrireview/pdf/11153.pdf

8.在宅医療のアウトカム評価

イギリスの医療と日本の在宅医療をざっとみてきたが、どういったことを考えていったらいいのかなという一つに、やはりきちんとした評価が必要である。ストラクチャーやプロセスを評価するのも大事であるが、やはりアウトカムを評価していかなくてはいけないということである。

アウトカム指標というのは、2時点、あるいはそれ以上の時点の間に生じる心身の健康状態や生活状態の変化、あるいは、費用対効果をみるものであると考えている。どういったものが在宅ケアでアウトカム評価できるかというと、健康状態の肯定的・否定的な変化であったり、提供されたケア、疾病や身体障害の経過により生ずる変化であったり、利用者のケアに対する満足度であったりする。もう一つ大事なのは、やはり家族である。家族の満足度であったり家族力、介護力、負担力、負担の程度、そういったものが非常に重要な指標になるかなと思う。もちろん費用対効果も大事になってくると思う。高齢者の栄養状態を測るには、さらに細かい指標があるかもしれない。

アウトカム評価の課題としては、何を本当のアウトカムにするのかきちんと決めるという部分と、何をもってそれを測定するか。個々でそういう研究はなされているが、共通認識のある測定用具を用いることが大事ではないかなということと、在宅の場合は、本当に患者の状態だったり環境であったり、アウトカムというのが複雑に絡み合っているので、分析するのも容易ではないと思う。だからこそ、きちんとしたデザインのもとで評価していく必要があると思う。

そういった意味で現場は問題の宝庫ではあり、これらをもっとリサーチしていかなくてはというアイデアは沢山あるが、残念ながらそういったノウハウであったり、リサーチの基盤というのが非常に乏しい環境にある。なので、デザインの段階から、行政や大学、シンクタンク等と密にコミュニケーションをとり、現場の課題をうまくリサーチに結びつけていくことが大事と考えている。研究のノウハウや実行力に乏しいというのが現状である。なので、イギリスから学んだ在宅医療の推進力としては、もちろん医療の部分も大事であるが、人をつくるであったり、エビデンスをつくるであったり、そして、それをもとに意識を変えていくというところが非常に大事である。

人をつくるためには、大学や学会の専門医制度、教育の制度が大事になると思うし、エビデンスをつくるという意味では、まずは現状の把握をし、きちんとしたクオリティ・インディケーターを用いてリサーチ環境を充実したうえで、ネットワークを構築していく。そのネットワークが構築できているのがイギリスの強みである。日本はそこの部分がどうしても弱いので、とくに開業医レベルのリサーチ・ネットワークというのをどうつくっていけるかというところが課題と思っている。それから、意識を変えるという意味では、地域包括ケアとかまちづくり、そういったところが現在進行形で進んでいるので、そのもとになるリサーチであったり、そういったところが本当に重要になってくると思う。

イギリスのプライマリケアの原点という点では、公正な医療というところに非常に基づいているということ。それから、日本のプライマリケア、あるいは在宅医療を発展させるという意味では、やはり在宅のエビデンスがなさ過ぎて何の説得力のある訴えもできていないというのが現状なので、そこが今後必要になってくるかなと思っている。

日本の医療は「世界最下位」?最新調査が示すものとは
https://news.yahoo.co.jp/byline/mamoruichikawa/20160628-00057418/
日本医師会「日本の医療の満足度」に関するロイター通信の報道について
http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20100526_2.pdf

「価値に基づく医療」化が進む米国、医師らの報酬増が続く
https://forbesjapan.com/articles/detail/28574

医療情報の提供内容等のあり方に関する検討会

看護職員確保策まとめ 多様化・働き方改革等を盛り込む 看護需給分科会

日経の記事にもある「専門+α」の充実や発症前に予測して予防的介入を行う「先制医療」等も特定行為看護師などで対応してほしいですよね。結果として医療費削減の切り札ヘルスケアリテライゼーションにかかわる看護師育成。

↓↓↓

看護職員需給分科会
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-isei_338805.html
Ⅰ.看護職員確保を取り巻く現状
(1) 看護職員に求められる役割の多様化等
(2) 看護職員の就業・離職・復職の推移、働き方改革等
Ⅱ.検討課題と方策
1.新規養成
2.復職支援
(1) 届出制度の改善
(2) ナースセンターの機能強化
3.定着促進
(1) 勤務環境改善(夜勤従事者の確保等)
(2) 医療現場におけるハラスメント対策の推進
(3) 看護補助者の確保・活用
(4) 看護管理者によるマネジメント
4.訪問看護、介護分野等における看護職員の確保
5.地域間、領域間における偏在への対応
6.看護職員の確保策推進の仕組み
Ⅲ.今後のとりまとめに向けて
現在、都道府県において看護職員需給推計に関する作業が進められている。都道府県から報告された需給推計の集約の結果を踏まえて、本分科会のとりまとめに向け、引き続き確保策について議論を深めていく。

**************************************

看護師、医療外でも活躍
災害対応や芸術への橋渡し 「専門+α」の人材育成広がる
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO46549650V20C19A6TCN000/
従来の医療現場だけでなく、様々な場面や状況で活躍できる看護師を育てる取り組みが広がっている。大学や大学院の授業で、看護系科目のほかに自然災害の発生時や外国人への対応、医療における芸術の役割などを学ぶ機会を設ける。医療従事者として求められる専門性に加え、様々な視点から看護に携われる「看護+α」の人材の育成を目指す新たな動きだ。

認知症治療、医療制度の準備不足がネックに
発症前に予測して予防的な治療を行う「先制医療」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46591890W9A620C1000000/

 

看護職員確保策まとめ 多様化・働き方改革等を盛り込む 看護需給分科会

DPC単価 全国平均は60,890円 前年比2,268円増(DPC分類995円増、手術区分861円増)

◆2019 入院単価  全国平均

前年比2,268円増(DPC分類995円増、手術区分861円増)。
単価増にはDPC点数に直結する係数対策と手術適応患者の集患(地域医療連携の強化等)。

↓↓↓

DPC1日単価 全国平均は60,890円(平成30年)

DPC1日単価 全国平均は60,890円(平成30年).jpg

DPC単価  診療行為別内訳(平成30年)

DPC単価  診療行為別内訳(平成30年).jpg
DPC1日単価 全国平均は60,890円(平成30年)2.jpg

******************************************

出来高病院1日単価 全国平均は23,327円(平成30年)

出来高病院1日単価 全国平均は23,327円(平成30年)1.jpg

出来高病院入院単価  診療行為別内訳(平成30年)
出来高病院入院単価  診療行為別内訳(平成30年).jpg
出来高病院1日単価 全国平均は23,327円.jpg

******************************************
外来単価まとめ(平成30年)

外来単価まとめ(平成30年).jpg

◆2019 外来単価  全国平均 まとめ

特定機能病院 26,411円
一般病院 16,215円
療養病床病院 10,583円
精神科病院 8,738円
診療所 6,666円

一般病院外来単価 全国平均は16,215円

一般病院外来単価 全国平均は16,215円.jpg

 

特定機能病院外来単価 全国平均は26,411円
特定機能病院外来単価 全国平均は26,411円.jpg

療養病床病院単価 全国平均は10,583円
療養病床病院単価 全国平均は10,583円.jpg

精神科病院外来単価 全国平均は8,738円

精神科病院外来単価 全国平均は8,738円.jpg

 

診療所外来単価 全国平均は6,666円

診療所外来単価 全国平均は6,666円.jpg

 

DPC病院の経営悪化の理由(係数対策不足)
https://wp.me/p6NPV7-28U

dpc_keisutaisaku

経常損益はDPC機能評価係数Ⅱ増減に相関
https://wp.me/p6NPV7-2bQ

dpc2taisaku

h30kinouhyokakeisu2

増収対策「新入院患者数の増加」概要 機能評価係数Ⅱ対策
https://wp.me/p6NPV7-2n8

①長期入院患者さんの転院
②紹介からの新入院増
③救急からの新入院増
④外来患者数の増加
上記を推進するために
①院内外での医療講演や企業・団体への訪問活動
②病病・病診連携の強化
③行政や消防署などに対するアプローチを積極化する

DPC単価 全国平均は60,890円 前年比2,268円増(DPC分類995円増、手術区分861円増)

地域包括ケア病棟 8万2千床まで拡大 夜間配置加算の算定は7%

地域包括ケア病棟算定2,431病院
地域包括ケア病棟算定2,431病院.jpg

拡大を続ける地域包括ケア病棟算定病院
拡大を続ける地域包括ケア病棟算定病院.jpg

看護職員夜間配置加算の算定は7.3%
看護職員夜間配置加算の算定は7.3%.jpg

地域包括ケア病棟入院料 算定病床数 約8万2千床
地域包括ケア病棟入院料 算定病床数 約8万2千床.jpg

地域包括ケア病院 35病院
(許可病床数=地域包括ケア病棟だけで構成される病院)

地域包括ケア病院 35病院.jpg

 

 

2020診療報酬改定「地域包括ケア病棟」情報
第5回地域包括ケア病棟研究大会
2019年7月27日(土)東京・大手町サンケイプラザ
事前参加登録期間 7月1日(月)正午 迄
http://www.gakkai.co.jp/jahcc5/

 

CARBの定義

在宅復帰支援のための院内多職種協働の取り組み
補完代替リハビリテーション:CARB(Complementary and Alternative Rehabilitation)

CARB(Complementary and Alternative Rehabilitation)
地域包括ケア病棟協会が提唱するPOC(Point Of Care)リハ※2や集団リハ、院内デイケア・デイサービス、自主トレーニング、運動療法指導(疾患別リハでは算定対象外だが糖尿病などの疾患特性を踏まえた指導)など、疾患別リハ・がん患者リハを補完代替するリハを総称して、「CARB」と呼んでいます。リハ科医の指示と処方の下に、リハ療法士が実施するものを指します。分単位のリハビリ記録の記載が必要で、疾患別リハ・がん患者リハと同時実施できず、1日平均2単位以上の要件にも含まれません。

※2:POC(Point Of Care)リハ
地域包括ケア病棟では、スケジュールと提供量を管理された疾患別・がん患者リハ(20分1単位)以外の取り組みとして、リハ包括算定を活かした時間・単位・場所に縛られないリハを提供できます。このうち、患者の傍らで、個別に短時間、オンデマンドでリアルタイムに直接介入するリハをPOC(Point Of Care)リハと呼んでいます。OTは生活回復リハ、PTは廃用・褥瘡予防と機能回復リハを主に担当します。

 

———————————————

地域包括ケア病棟・病室における患者の流れ
https://wp.me/p6NPV7-4mT
地域包括ケア病棟入院料の重症度、医療・看護必要度の該当患者割合
【全国平均】
地域包括ケア病棟入院料1は必要度Ⅰ24.5%、必要度Ⅱ17.5%
地域包括ケア入院医療管理料1は必要度Ⅰ26.7%、必要度Ⅱ11.9%
地域包括ケア病棟入院料2は必要度Ⅰ24.1%、必要度Ⅱ11.7%
地域包括ケア入院医療管理料2は必要度Ⅰ22.4%、必要度Ⅱ17.6%

地域包括ケア病棟 8万2千床まで拡大 夜間配置加算の算定は7%