医療情報化支援基金の対象となる電子カルテは「国の指定する標準規格」を実装する電子カルテ

社会保障ワーキング・グループ
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/wg1/index.html
医療情報化支援基金について
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/wg1/20190523/shiryou1-1.pdf

地域医療情報連携ネットワークの取組から見えた課題
〇費用負担:医療情報を連携させるために必要なシステム導入に費用がかかる
〇医療情報の標準化:電子カルテの仕様がベンダーごとに異なり、医療機関によって使用している用語やコードが異なることから、近隣医療機関間の情報連携に手間がかかる

こうした課題を解決するため、
①医療情報化支援基金を創設し、医療機関に対して電子カルテ導入の財政支援を行う
②ただし、支援基金の対象となる電子カルテは、「国の指定する標準規格」を実装する電子カルテとし、医療機関間の情報連携等の医療分野のデータ利活用に資するものとする。

(参考3)医療情報化支援基金について.jpg

医療情報化支援基金の活用議論 参院厚生労働委員会
https://wp.me/p6NPV7-48w

医療情報化支援基金の対象となる電子カルテは「国の指定する標準規格」を実装する電子カルテ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中