2019DPC改定影響度(病床数別・看護体制等)

全病院合計の前年度比較
機能評価係数Ⅱの増減では▲0.2068マイナス
激変緩和係数の増減では0.8747プラス
合計0.6679プラス(約10億円)。
DPC該当1727病院で按分すると1病院0.0003係数プラス。

どのグルーピングが最大増減になるか試行錯誤。

病床別では400床クラスのみマイナスの結果。
看護配置や病床区分別等は一昨年データのため多少差異あり。

2019DPC改定影響度(病床別).jpg

 

 

2019DPC改定影響度(病床数別・看護体制等)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中