治療用装具療養費の不正請求 総額1億1,700万円

不正内容
簡易加工しただけの市販メーカー靴(オーダーメイドのインソールを挿入)2足を患者に販売(※この場合、保険対象となるのはインソール1足分のみ)しながら、保険(療養費)申請時に必要な領収書には「オーダーメイドの靴型装具1足」と不実記載し、実際の保険対象額よりも過大な額を受け取っていた。
また今回の事案では、保険(療養費)申請に必要な医師の証明書(作製指示と装着証明)も「オーダーメイドの靴型装具1足」と不実記載されていた。

↓↓↓

治療用装具療養費に関する不正請求事案について
https://www.kenporen.com/include/press/2019/20190404.pdf
松本義肢製作所
https://www.pomgs.co.jp/

東京新聞:<税を追う>治療装具、確認甘く 相次ぐ不正請求 医師証明書、社員が偽造:社会(TOKYO Web)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201904/CK2019040502000144.html
東京新聞:<税を追う>医療保険 不正受給 不正「氷山の一角」:社会(TOKYO Web)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201904/CK2019040402000136.html
足の装具巡り国民健康保険などから1億1700万円不正受給 愛知・小牧市のメーカー- 名古屋テレビ【メ~テレ】
https://www.nagoyatv.com/news/?id=198114
義肢メーカーが1億円超の不正受給 装具特注と偽り
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000151436.html

治療用装具療養費に関する不正請求事案について.jpg

参考:事例紹介(今回の案件とは別)不適切な事例
現物写真の審査から判明した既製品靴を治療用装具療養費として納品していた不適切な事例
現物写真の審査から判明した既製品靴を治療用装具療養費として納品していた不適切な事例.jpg

任意でおこなった現物写真の審査から判明した不適切な事例

任意でおこなった現物写真の審査から判明した不適切な事例.jpg

治療用装具療養費の不正請求 総額1億1,700万円

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中