日本人の食事摂取基準(2020 年版)策定の方向性

もっと過剰摂取の注意喚起をしたほうがいいですね。
ラーメン○×郎とか、明らかに1食で1日分消費カロリーを超える食事には高い税なり何らかの規制を設けるべきでしょう。
かなりの確率で病気になるわけですから何の規制もない現状が問題かと。
そして病気になったら医療費(国民負担)がかかるんです。
シュガータックスは当然導入したほうがいいですが、高カロリー税とかも設定してほしい。
TVの大食い企画なども倫理違反で中止すべき。
飽食時代、しっかりとした制度枠組みで生活習慣病は予防できます。

↓↓↓

「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-kenkou_539644.html
日本人の食事摂取基準(2020 年版)策定の方向性
https://www.mhlw.go.jp/content/10901000/000482088.pdf
>過剰摂取による健康障害の回避を目的として、「耐容上限量」(tolerable upper intake level:UL)を設定する。十分な科学的根拠が得られない栄養素については設定しない。
日本人の食事摂取基準(2020年版)策定の方向性.jpg

栄養素の指標の目的と種類
栄養素の指標の目的と種類.jpg

基準を策定した栄養素と指標(1歳以上)

基準を策定した栄養素と指標(1歳以上).jpg

九州医事研究会メルマガ2018年12月17日号
https://archives.mag2.com/0001588268/20181217080000000.html
消費税の次は「シュガータックス(砂糖税)」か
https://wp.me/p6NPV7-3As

日本人の食事摂取基準(2020 年版)策定の方向性

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中