地域医療連携推進法人のメリット(医師確保)

平成31年1月25日(金)開催 地域医療連携推進法人連絡会議資料
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03397.html

地域医療連携推進法人の医師確保のメリット.jpg

人材確保・人材派遣・人事交流
・医師の確保
・社会福祉法人が経営する老人保健施設では特に困難であった医師の確保などのメリットに大きな期待を抱いている。
・職員の派遣
・医師、看護師、コメディカル等の人事交流
・グループ内施設間における医療・介護従事者等の相互派遣
・医師を含め医療及び介護に携わる職員の人材不足に対して、連携推進法人内から支援を受けられること。
・医師確保については、特に大学医局人事の影響は大きく当院単独での交渉より連携法人としての交渉力が大きい。そして連携法人内でスムーズな派遣体制ができる。また、コ・メディカルの確保についても派遣体制を整備することで確保しやすい。
・看護師や介護士等職員の採用が困難な状況下、採用時における連携法人のブランド力に期待している。

 

連携法人に参加して良かった点・期待を上回った点(主な意見)医師確保.jpg

連携法人に参加して良かった点・期待を上回った点(主な意見)医師確保
人材確保・人材派遣・人事交流
・連携法人により専門的知識のある事務員を派遣してもらい、当法人のスキルアップ研修を行う事が出来た。
・医師については、連携法人での交渉により地域全体としての医師の確保ができ、当院の医師確保及び連携法人内での派遣体制がスムーズにできた。
・医師確保の難しい診療科(複数)への定期的な医師の派遣を受けている。
・当院も医師派遣を受ける一方、自院の医師を巡回診療や他病院へ当直へ派遣している。
・常勤医の確保ができ、出産医療を再開することができた。連携法人の間で助産師と看護師の相互派遣をすることにより助産師も確保できた。
・医師確保対策、ふるさと枠医師派遣などに力を結集できている。
・医師不在時の代診等の協力依頼を行った。
・訪看の活用促進。診療看護師をコミュニティーナースとして離島に配置できた。
・連携法人内における看護師等の人事交流(出向)が進み、人材確保に苦戦している法人においては、助かっているものと評価しています。
・訪問看護ステーションにおいて、マンパワー不足で危機的な状況に陥ったが、看護師の支援を受けて、その危機を乗り切ることができた。
・確保しにくい診療科医師の急な欠員に対し、連携法人内の病院から嘱託契約の支援を得られた。
・産業医が不在となった時には、連携法人内の総合病院より配慮していただき産業医との契約に至った。
・老人保健施設における夜間帯に勤務できる看護師が不足となり、総合病院から出向していただている。
・連携推進法人参加の法人単独で運営してきた訪問看護ステーションを統合することによって安定した人材の確保と経営が期待されている。

 

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

1.法制度上のメリット
(1)病床融通…病床過剰地域においても、地域医療構想の達成のために必要な病床融通を、参加法人間で行うことを可能とする
【現行制度上の扱い】
・病床の地理的偏在を是正するため、都道府県は、各医療圏の基準病床数を算定し、医療計画に規定
・病床過剰地域では、病床再編に伴い、地域全体の病床数が増加しない場合にも、病床の融通を行うことは認められない
(2)資金貸付…参加法人に対する資金貸付を可能とする
【現行制度上の扱い】
・医療法人は、医療法上、剰余金の配当が禁じられており、剰余金の貸付は、原則として認めない取扱い
2.法人運営上のメリット(医療連携推進業務の一例)
(3)患者紹介・逆紹介の円滑化…カルテの統一化、重複検査の防止、スムーズな転院
(4)医薬品・医療機器等の共同購入…経営効率の向上
(5)医師・医療機器の再配置…法人内の病院間での適正配置

 

医師不足解消に「ふるさと納税」で寄付金を募る取り組み
https://archives.mag2.com/0001588268/20190205070000000.html

米沢市立病院と三友堂病院建替(地域医療連携推進法人移行)進捗状況
https://wp.me/p6NPV7-3O5

■地域医療連携推進法人の最新動向
https://archives.mag2.com/0001588268/20181121080000000.html

日光地域で地域医療連携推進法人設立へ 7病院等勉強会
https://wp.me/p6NPV7-3v6

海老名総合病院を中心とした地域医療連携推進法人設立の動き
https://wp.me/p6NPV7-3wZ

地域医療連携推進法人「日本海ヘルスケアネット」推奨医薬品策定・集約、地域コスト管理の一環
https://wp.me/p6NPV7-3vd

岡山県に地域包括ケア病院が多い理由を推測  岡山大学メディカルセンター構想
https://wp.me/p6NPV7-3xK

地域医療連携推進法人制度で米国メイヨークリニックを目指す日本
http://wp.me/p6NPV7-Hu

米国病院ランキング メイヨークリニックの5年推移
https://wp.me/p6NPV7-OJ

https://qmir.wordpress.com/page/2/?s=地域医療連携推進法人

地域医療連携推進法人のメリット(医師確保)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中