自転車事故で救急救命室に、医療費請求222万円 全米に怒り

自転車事故で救急救命室に、医療費請求222万円 全米に怒り
http://www.afpbb.com/articles/-/3208206?act=all
http://a.msn.com/01/ja-jp/BBSKBdg

そのVoxシニア記者サラ・クリフ(Sarah Kliff)氏がまとめた米国の医療制度が破綻している7つの理由

↓↓↓

Sarah Kliff answers 7 key questions about why American health care is so screwed up – Vox
Vox senior policy correspondent Sarah Kliff has spent the past year exposing the nightmare that is ER billing in the US.
By Lauren Katz@Laur_Katzlauren.katz@vox.com Jan 24, 2019, 12:00pm EST
https://www.vox.com/2019/1/24/18194709/emergency-room-fees-health-care-sarah-kliff-ama
1) The key thing hospitals know — that the rest of us don’t
2) How you end up with an out-of-network bill at an in-network hospital
3) Surprise bills seem like a huge issue. Why isn’t Congress fixing it?
4) The real reason insurers can’t negotiate lower prices
5) The most complicated but important health care policy issue
6) Will making prices public fix all these problems?
7) How to keep your ER costs down

Health Care – Vox
https://www.vox.com/health-care/

 

病院価格表に大混乱、マンモ価格が最高5,841ドルから最低50ドル!?
https://wp.me/p6NPV7-3L2

米国、オンライン上で入院費用等の公開義務づけ、早速問題山積
https://wp.me/p6NPV7-3JQ

米国、オンライン上で入院費用等の公開義務づけ トランプ政権が推し進めるメディケア透明化改革
https://wp.me/p6NPV7-3Hy

トランプ VS 民主党の大統領候補の医療政策 中間選挙で共和党の牙城を崩すまで迫った3人等
https://wp.me/p6NPV7-3Hh

米国、救急外来における暴力、オピオイド問題の増加と一致
https://wp.me/p6NPV7-3JK

米国、オピオイド過剰摂取 最大の増加は中年女性層
https://wp.me/p6NPV7-3HH

自転車事故で救急救命室に、医療費請求222万円 全米に怒り

オープンデータを活用した地域医療分析に基づく中・長期的な戦略策定セミナー

「オープンデータを活用した地域医療分析に基づく中・長期的な戦略策定」と題し、東京医科歯科大学大学院 伏見 清秀教授、国際医療福祉大学 石川 ベンジャミン 光一教授によるセミナーを開催!!
2019/01/22 14:00PR TIMES
https://news.nicovideo.jp/watch/nw4705855

オープンデータを活用した
地域医療分析に基づく中・長期的な戦略策定

【セミナー詳細】
http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19087.html

【開催日時】
2019年 2月25日(月) 午後2時~午後5時

【会場】
SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F

【講師】

東京医科歯科大学大学院 医療政策情報学分野 教授
同医学部附属病院 クオリティ・マネジメント・センター長
国立病院機構本部 総合研究センター 診療情報分析部長
伏見 清秀氏

国際医療福祉大学 赤坂心理・医療福祉マネジメント学部 医療マネジメント学科
同 大学院 医学研究科 教授
石川 ベンジャミン 光一氏

【重点講義内容】

I. DPCデータ活用による医療評価と地域医療構想の方向性【14:00~15:20】

東京医科歯科大学大学院 医療政策情報学分野 教授
同医学部附属病院 クオリティ・マネジメント・センター長
国立病院機構本部 総合研究センター 診療情報分析部長
伏見 清秀氏

平成30年度の診療報酬改定では、DPC制度の改定と共に、
病床機能報告制度と地域医療構想に「寄り添う」改定が行われた。
地域医療提供体制の変革が予想される中、本演では、
DPCデータに基づく診療報酬評価、医療の質評価、病院機能評価等の現状をまとめ、
さまざまな医療データを活用した地域医療構想の考え方とその方向性を示したい。

1.CCPマトリックス、質指標などのDPCデータによる医療評価のあり方
2.地域医療構想と急性期病院の今後
3.病床機能報告と医療機能分析による機能分化の方向性
4.地域医療需要推計と病床機能分化の課題
5.質疑応答

II. オープンデータを活用した地域医療分析に基づく中・長期的な戦略の検討【15:30~17:00】

国際医療福祉大学 赤坂心理・医療福祉マネジメント学部 医療マネジメント学科
同 大学院 医学研究科 教授
石川 ベンジャミン 光一氏

平成30年度の診療報酬改定では、DPC制度の改定と共に、
病床機能報告制度とDPC調査や病床機能報告の結果が
オープンデータとして公開されることにより、
今までにないレベルで地域の医療提供体制を把握することが可能になっている。
本講演ではBIツールにより可視化したデータに基づいて
SWOT/PPMなどの視点から分析した事例を用いて、
中・長期的な外部環境の変化を見越した戦略策定の方法論を示す。
1.実効性のある戦略を策定するために必要なステップ
2.地域の医療提供体制における自院のポジショニング
3.今後の医療需要の変化を見越した戦略の調整
4.地域全体での最適化に向けての課題
5.質疑応答

オープンデータを活用した地域医療分析に基づく中・長期的な戦略策定セミナー

保護中: 医療ツーリズム外国患者数1位メキシコ、2位タイ、3位マレーシア、4位トルコ、5位韓国

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 医療ツーリズム外国患者数1位メキシコ、2位タイ、3位マレーシア、4位トルコ、5位韓国

2021年からEU全体(22加盟国)で電子処方箋発行・共通患者サマリー参照可能

Warum französische Patienten mit ihrem Arzt chatten dürfen.jpg

遠隔医療、フランス人は医師との会話は可能だがドイツ人は許可されていない
フランスは遠隔医療のビジネスモデル化に成功してが、それとは対照的にドイツは依然として停滞。

↓↓↓

TELEMEDIZIN
Warum französische Patienten mit ihrem Arzt chatten dürfen – und deutsche nicht
Frankreichs Versicherer haben die Zeichen der Zeit erkannt und machen Telemedizin zum Geschäftsmodell. Deutsche Wettbewerber zögern hingegen noch.
Christian Schnell
Thomas Hanke
13.11.2018 – 03:50 Uhr  3 x geteilt
https://www.handelsblatt.com/finanzen/banken-versicherungen/telemedizin-warum-franzoesische-patienten-mit-ihrem-arzt-chatten-duerfen-und-deutsche-nicht/23622434.html

(関連)
フランスDMPが軌道に乗る 5週間で利用者300万人増 薬局で開設が42%
https://wp.me/p6NPV7-3L7

2021年からEU全体(22加盟国)で処方可能、国境を越えたデジタル医療サービス開始
フィンランドとエストニアで先行している電子処方箋パイロット事業の横展開
共通患者サマリーも参照となり、重複処方・検査等を回避。

↓↓↓

IlFattoQuotidiano.it / Tecnologia
Al via le prescrizioni mediche valide in tutta l’UE, primo passo verso i servizi sanitari digitali transfrontalieri – Il Fatto Quotidiano
Sono attive da ieri le prime prescrizioni mediche valide anche presso le farmacie di Paesi UE differenti da quello di provenienza. A questo e alle cartelle cliniche elettroniche condivise si dovranno allineare tutti i Paesi UE entro il 2021, Italia compresa. Ecco i dettagli.
di Tom’s Hardware per il Fatto | 22 Gennaio 2019
https://www.ilfattoquotidiano.it/2019/01/22/al-via-le-prescrizioni-mediche-valide-in-tutta-lue-primo-passo-verso-i-servizi-sanitari-digitali-transfrontalieri/4915249/

Electronic cross-border health services – European Commission
https://ec.europa.eu/health/ehealth/electronic_crossborder_healthservices_en
Electronic cross-border health services
The electronic cross-border health service is an infrastructure ensuring the continuity of care for European citizens while they are travelling abroad in the EU. This gives EU countries the possibility to exchange health data in a secure, efficient and interoperable way.

The following two electronic cross-border health services are currently progressively introduced in all EU countries:

・ePrescription (and eDispensation) allows EU citizens to obtain their medication in a pharmacy located in another EU country, thanks to the online transfer of their electronic prescription from their country of residence where they are affiliated, to their country of travel.

・Patient Summary provides information on important health related aspects such as allergies, current medication, previous illness, surgeries, etc. The digital Patient Summary is meant to provide doctors with essential information in their own language concerning the patient, when the patient comes from another EU country and there may be a linguistic barrier.
Both ePrescriptions and Patient Summaries can be exchanged between EU countries thanks to the new eHealth Digital Service Infrastructure (eHDSI).

By 2021, both services will gradually be implemented in 22 EU countries: Austria, Belgium, Croatia, Cyprus, Czechia, Estonia, Finland, France, Germany, Greece, Hungary, Ireland, Italy, Lithuania, Luxembourg, Malta, the Netherlands, Poland, Portugal, Slovenia, Spain and Sweden.

 

First EU Citizens Using ePrescriptions in other EU Country
http://www.ehealthnews.eu/development/5728-first-eu-citizens-using-eprescriptions-in-other-eu-country

Final Report: Provision of a Market Study on Telemedicine
http://www.ehealthnews.eu/download/publications/5729-final-report-provision-of-a-market-study-on-telemedicine

La satisfaction des patients pourrait être prise en compte pour la rémunération des médecins
Par Charlotte Arce
Publié 30.01.2019 à 10h56
Alors que la ministre de la Santé Agnès Buzyn doit présenter le 13 février prochain le projet de loi Santé, l’une des propositions prévoit un vaste changement dans la rémunération des médecins et des hôpitaux : celle-ci serait en partie basée sur la satisfaction des patients.
https://www.pourquoidocteur.fr/Articles/Question-d-actu/28139-La-satisfaction-patients-pourrait-prise-compte-remuneration-des-medecins

Financement, rémunérations : ce que propose le rapport Aubert pour les médecins et les établissements
Anne Bayle-Iniguez, Martin Dumas Primbault
| 29.01.2019
https://www.lequotidiendumedecin.fr/actualites/article/2019/01/29/financement-remunerations-ce-que-propose-le-rapport-aubert-pour-les-medecins-et-les-etablissements_865410

Des nouvelles sur la stratégie de transformation du système de santé
https://www.finances-hospitalieres.fr/des-nouvelles-sur-la-strategie-de-transformation-du-systeme-de-sante_679A4D813976B7.html

“Ma santé 2022” : les 10 mesures phare de la stratégie de transformation du système de santé – Ministère des Solidarités et de la Santé
https://solidarites-sante.gouv.fr/actualites/actualites-du-ministere/article/ma-sante-2022-les-10-mesures-phare-de-la-strategie-de-transformation-du-systeme

2018vs2022.jpg

2021年からEU全体(22加盟国)で電子処方箋発行・共通患者サマリー参照可能

167,000人のフランス人妊婦が産科医院へのアクセスに苦しむ

167,000人のフランス人妊婦が産科へのアクセスに苦しむ.jpg

日本ではここ数年、フランスの出生率の高さからフランスを見習え記事が多かったと思いますが、最近のフランスの出産事情は少し変わってきたようです。
原因は産科医や助産師のなり手不足。
インターンシップ中の暴力など労働環境の悪化により、産科医希望の医学生10人のうち7人がうつ病に苦しんでいるとのこと。

↓↓↓

167,000人のフランス人妊婦が産科へのアクセスに苦しむ
車で45分以内に産科なし、助産師も不在

167 000 Françaises vivent dans un désert obstétrique – Top Santé
PAR MATHILDE RAGOT
LE 24 JAN 2019 À 14H28 MIS À JOUR 24 JAN 2019 À 15H41
https://www.topsante.com/medecine/votre-sante-vous/acces-aux-soins/167-000-francaises-vivent-dans-un-desert-obstetrique-630253
Selon une étude, 167 000 Françaises en âge de procréer n’ont pas de sage-femme ni de maternité à proximité de leur domicile, c’est-à-dire à moins de 45 minutes de chez elles. Les inégalités territoriales diminuent, mais subsistent.

Santé : 167 000 Françaises sans sage-femme ni maternité à proximité de leur domicile
C’est ce que montrent les données de la Drees, le service statistique des ministères sociaux.
franceinfo avec AFP
France Télévisions
Mis à jour le 24/01/2019 | 11:16
publié le 24/01/2019 | 06:46
https://www.francetvinfo.fr/sante/professions-medicales/sages-femmes/sante-167-000-francaises-sans-sage-femme-ni-maternite-a-proximite-selon-une-etude_3159551.html

167 000 Françaises vivent dans un désert obstétrique
https://www.lequotidiendumedecin.fr/actualites/article/2019/01/24/167-000-francaises-vivent-dans-un-desert-obstetrique_865279

Manque de considération, violences gynécologiques : sept étudiants sages-femmes sur dix souffrent de dépression, selon une enquête
https://www.francetvinfo.fr/sante/professions-medicales/sages-femmes/manque-de-consideration-violences-gynecologiques-sept-etudiants-sages-femmes-sur-dix-souffrent-de-depression-selon-une-enquete_3084695.html

La satisfaction des patients pourrait être prise en compte pour la rémunération des médecins
Alors que la ministre de la Santé Agnès Buzyn doit présenter le 13 février prochain le projet de loi Santé, l’une des propositions prévoit un vaste changement dans la rémunération des médecins et des hôpitaux : celle-ci serait en partie basée sur la satisfaction des patients.
https://www.pourquoidocteur.fr/Articles/Question-d-actu/28139-La-satisfaction-patients-pourrait-prise-compte-remuneration-des-medecins
En 20 ans, la moitié des maternités ont disparu en France – Top Santé
Dans une enquête, le Journal du Dimanche révèle comment ces dernières années, le nombre d’établissements hospitaliers a diminué en France. Et les maternités sont particulièrement concernées.
https://www.topsante.com/medecine/votre-sante-vous/acces-aux-soins/en-20-ans-la-moitie-des-maternites-ont-disparu-en-france-630542
167,000人のフランス人妊婦が産科医院へのアクセスに苦しむ

労基法違反:国立病院機構を略式起訴 上司男性は地検不起訴 都城区検 /宮崎

国立病院機構を略式起訴 NHK 宮崎県のニュース.jpg

違法残業で職員自殺、病院機構を略式起訴.jpg

国立病院機構を略式起訴|NHK 宮崎県のニュース
01月22日 18時44分
https://www3.nhk.or.jp/lnews/miyazaki/20190122/5060002579.html

宮崎県都城市にある国立病院機構が運営する病院で職員が過労自殺した問題で、検察は、職員に労使で取り決めた上限の2倍を超える違法な長時間労働をさせていたとして、機構本体を労働基準法違反の罪で略式起訴しました。

略式起訴されたのは東京に本部がある独立行政法人の国立病院機構です。

検察によりますと、機構は3年前、宮崎県都城市にある都城医療センターで働いていた20代の事務職の男性職員に対し、労使で取り決めた時間外労働の上限の2倍を超える、3か月でおよそ260時間の違法な長時間労働をさせていたとして、労働基準法違反の罪に問われています。

男性職員は病院内で電子カルテの更新を担当していましたが、3年前の7月に自殺し、その後、過重労働による労災と認定されています。

全国で141の病院を運営する国立病院機構が労働基準法違反の罪で略式起訴されるのは初めてです。

国立病院機構では労働時間の把握を手書きの勤務記録簿に頼っていたことが長時間労働を把握できない事態につながったとして、今年度から、都城医療センターなどで試験的にタイムカードの導入を始めています。

国立病院機構の山田康博職員課長は「今後の簡易裁判所からの命令に真摯に対応するとともに、職員の長時間労働の削減を最優先課題として取り組んで参ります」とコメントしています。

UMKテレビ宮崎.jpg
UMKテレビ宮崎 国立病院機構を略式起訴.jpg

ニュース|UMKテレビ宮崎
違法な時間外労働 国立病院機構を略式起訴
https://www.umk.co.jp/news/?news=20190123&no=100301

違法残業で職員自殺、病院機構を略式起訴…都城区検 : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
https://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20190123-OYS1T50014.html

国立病院機構を略式起訴 長時間労働、病院職員が自殺
2019年1月22日 20時34分
https://www.asahi.com/articles/ASM1Q5W04M1QTNAB00C.html

病院機構を略式起訴 職員過労自殺、労基法違反で – Miyanichi e-press
2019年1月23日
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_36700.html

労基法違反:国立病院機構を略式起訴 上司男性は地検不起訴 都城区検 /宮崎
地域 2019年1月24日 (木) 毎日新聞社
https://mainichi.jp/articles/20190123/ddl/k45/040/484000c

 

労基法違反:国立病院機構を略式起訴 上司男性は地検不起訴 都城区検 /宮崎

不適切なオンライン診療の例

平成30年度第1回 オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03345.html
資料
資料1 「オンライン診療の適切な実施に関する指針」見直しの背景と検討会の方向性
資料2 1.「指針の対象」の見直し案 オンライン受診勧奨と遠隔健康医療相談等の整理
資料3 黒木構成員提供資料
参考資料
参考資料1 オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会開催要綱
参考資料2 オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会構成員名簿
参考資料3 オンライン診療の適切な実施に関する指針
参考資料4 オンライン診療における不適切な診療行為の取扱いについて(平成30年12月26日付け医政医発1226第2号厚生労働省医政局医事課長通知)
参考資料5 「オンライン診療の適切な実施に関する指針」に関するQ&A(平成30年12月26日付け医政医発1226第3号厚生労働省医政局医事課長通知の別添)

「オンライン診療の適切な実施に関する指針」見直しの背景と検討会の方向性
今後のオンライン診療の充実のために
https://www.mhlw.go.jp/content/10803000/000473051.pdf

今後のオンライン診療の充実のために.jpg

不適切なオンライン診療の例
https://www.mhlw.go.jp/content/10803000/000473051.pdf

不適切なオンライン診療の例.jpg

不適切なオンライン診療の例

病院機能評価認定2,181病院 医療機能評価機構

2009年ピーク時2574病院から381病院減少

↓↓↓

2019年1月認定状況 2,181病院
http://www.report.jcqhc.or.jp/

病院機能評価データブック 平成 28 年度 – 病院機能評価事業
https://www.jq-hyouka.jcqhc.or.jp/wp-content/uploads/2018/03/20180228-1_databook_for_web2.pdf

受審病院数の年度別推移

受審病院数の年度別推移2016.jpg

病院機能評価認定2,181病院 医療機能評価機構

赤字病院約6割、増収減益傾向続く 2018年度病院経営定期調査結果

/////////////////////

赤字病院約6割で横ばい、増収減益傾向続く  3病院団体合同の初調査
https://mf.jiho.jp/article/193853
日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会は23日、2018年度病院経営定期調査結果を公表した。回答病院の約6割が赤字で17年度とほぼ横ばいの状況にあり、依然として増収減益の傾向が続いて …続き

/////////////////////

■地域包括ケア病棟導入“先行”病院の不振傾向

その理由は
・送り先側(DPC病院等の急性期病院)が、地域包括ケア病棟持ち病院の増加により転院先選択肢増加
・地域包括ケアシステム、地域医療構想の機能分化促進により自院で入院治療後に在宅等の転帰で完結
など

増収増益へのチャレンジのひとつは「認知症」対策。

↓↓↓

地域包括ケア病棟に転換した病院の最新トレンド2018
新オレンジプラン(2015年)後の2016年から取り組み病院が増加
https://archives.mag2.com/0001588268/20181121080000000.html

地域包括ケア病棟2,329医療機関77,628病床
https://wp.me/p6NPV7-3Ki

赤字病院約6割、増収減益傾向続く 2018年度病院経営定期調査結果

JCHOの次期中期目標案・次期中期計画案 独法評価・WG

独立行政法人評価に関する有識者会議 地域医療機能推進WG(第5回)配付資料
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000138443_00004.html
議事
【地域医療機能推進機構】
・次期中期目標案・次期中期計画案について
○配付資料
【地域医療機能推進機構】

独立行政法人評価に関する有識者会議 地域医療機能推進WG(第4回)配布資料
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000190827_00003.html
独立行政法人評価に関する有識者会議 地域医療機能推進WG(第3回)配布資料
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000175710.html
独立行政法人評価に関する有識者会議 地域医療機能推進WG(第2回)配布資料
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000138431.html
独立行政法人評価に関する有識者会議 地域医療機能推進WG(第1回)配布資料
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000098348.html

//////////////////////////////

九州医事研究会メルマガ
業務実績等報告書から読み解く病院経営
https://archives.mag2.com/0001588268/20181217080000000.html

■業務実績等報告書から読み解くJCHO病院グループの経営戦略

JCHO病院「経営改善のために取り組むべき課題」上半期9項目・下半期11項目
https://wp.me/p6NPV7-3zQ

JCHO病院 臨床評価指標130項目まで拡大(2018年度)
https://wp.me/p6NPV7-3zV

JCHO病院 新人事労務制度「病院業績評価制度」の導入状況
https://wp.me/p6NPV7-3zS

JCHO病院 看護師の特定行為研修134名(13行為10区分)
https://wp.me/p6NPV7-3zJ

JCHO病院 委託外注化(アウトソーシング)状況
https://wp.me/p6NPV7-3zC

JCHO病院 病院経営分析システム(Libra)で黒字化(経常収支率101.3%)
https://wp.me/p6NPV7-3zw

JCHO病院 事務職員(常勤職員)等の削減状況
https://wp.me/p6NPV7-3zo

JCHO病院 インシデント・アクシデント報告 医師の件数及び報告率
https://wp.me/p6NPV7-3zl

JCHO病院 退院・退所調整、居宅系サービス等との円滑な連携
https://wp.me/p6NPV7-3zj

JCHO病院 急性期・回復期リハの充実状況
https://wp.me/p6NPV7-3zf

JCHO病院 従事員一人あたりの収益(稼ぎ)1,461万円
https://wp.me/p6NPV7-3z5

JCHO病院 救急搬送患者数90,227人(日本の救急車の1.57%を受け入れ)
https://wp.me/p6NPV7-3z1

JCHO病院 クラウド型病院基幹システム「JCHOnet」23病院に統一電子カルテ導入
https://wp.me/p6NPV7-3Aj

JCHO病院 クラウド・プロジェクト最適化計画「JCHO統一モデル」
https://wp.me/p6NPV7-3zz

JCHOの次期中期目標案・次期中期計画案 独法評価・WG