疑義解釈資料の送付について(その11)「向精神薬の適正使用に係る研修」事項掲載

在宅気管切開患者指導管理料、喉頭摘出も算定可能。
ベンゾジアゼピン受容体作動薬の長期処方に伴う減算に関連する事項も掲載。

疑義解釈資料の送付について(その11)
https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000475442.pdf

医療保険 |厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/index.html
平成30年度診療報酬改定について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188411.html
平成31年度診療報酬改定について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188411_00026.html
【処方料、処方箋料】
問2 不安若しくは不眠の症状を有する患者に対して1年以上継続してベンゾジアゼピン受容体作動薬の投薬を行った場合に算定する処方料、処方箋料について、「疑義解釈資料の送付について(その1)」(平成 30 年3月 30 日付け事務連絡)別添1の問 171 で「不安又は不眠に係る適切な研修」として示したもの以外に、以下の研修を修了した医師は、「不安又は不眠に係る適切な研修」を修了した医師と考えてよいか。
・公益社団法人全日本病院協会による「向精神薬の適正使用に係る研修」
(答)よい。

「向精神薬の適正使用に係る研修」eラーニング研修のご案内

クリックして190115_1.pdfにアクセス

お申し込み受付開始
2019年1月21日(月)
配信開始
2019年1月21日(月)
受講・修了証発行期間(アカウントの有効期限)
(個人申込)決済日から60日
(法人申込)申込日から60日
※決済日・申込日が配信開始前の場合、配信開始日を起点とします
受講料
10,000円(税別)/1アカウント(60日間有効)

gigi20190130.jpg

疑義解釈資料の送付について(その11)「向精神薬の適正使用に係る研修」事項掲載

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中