医療ビッグデータが実現できていない根本理由

徳洲会のようにMID-NET(医療情報データベース)へ参加できるレベルの巨大病院グループが殆どないというところ。
医療ビッグデータを活用するには、巨大病院グループ達がTISのような取り組みをする必要がある。

電子カルテシェア 年別推移まとめ(2010~2017)
https://wp.me/p6NPV7-3Es
電子カルテベンダーシェア増減(2010-2017差)
https://wp.me/p6NPV7-3ED

↓↓↓

徳洲会BI(病院運営管理ツール)ツールおよびシステムコード統一(標準化)の取り組み
ソフトウェア・サービス(SSI)電子カルテ採用の強み・優位性
データベース構造の公開により病院独自に「医療情報」の活用可能!
https://wp.me/p6NPV7-3ED

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

徳洲会のMID-NET(医療情報データベース)参加.jpg

MID-NET協力医療機関10拠点23病院.jpg

医療情報データベースシステム「MID-NET」の利用料、利活用ルールを公表します
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000174868.html
別添1 「医療情報データベースの運営等に関する検討会」最終報告書(概要)
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11125000-Iyakushokuhinkyoku-Anzentaisakuka/0000174901.pdf

医療情報データベース(MID-NET)の概略
https://www.pmda.go.jp/files/000218356.pdf
MID-NET 協力医療機関一覧
https://www.pmda.go.jp/files/000220624.pdf

データ利活用のための政策と戦略-より良きデータ利活用社会のために-
http://pari.u-tokyo.ac.jp/events/201811/pari/event-11479/
データの共有と利活用 ヘルスケアデータ戦略 2018年11月19日
http://pari.u-tokyo.ac.jp/wp-content/uploads/2018/11/ohe.pdf

MID-NETには現在23病院が参加、うち徳洲会グループから10病院が参画。
https://www.tokushukai.or.jp/media/newspaper/1148/article-3.php

 

MID-NET構築の経緯とその意義 ーリアルワールドデータの実用化に向けてー
https://www.pmda.go.jp/files/000223307.pdf

MID-NET協力医療機関10拠点23病院
https://www.pmda.go.jp/files/000224294.pdf

我が国における医療ビッグデータ 活用の現状と課題 – 医療関連サービス
https://ikss.net/wp-content/themes/ikss/pdf/seminar/249.pdf

 

医療ビッグデータが実現できていない根本理由

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中