電子カルテベンダーシェア増減(2010-2017差)

シェア2010-2017差
富士通 -2.9%減
CSI 2.8%増(2位)
SSI 3.8%増(1位)
NEC -5.2%減
その他 1.5%増(3位)
上位4社 -1.5%減

----------------

電子カルテシェア増加1位SSI3.8%増、2位CSI2.8%増

ソフトウェア・サービス(SSI)やCSIが選ばれる理由

■低価格化路線(1床あたり○○万円)
大手は大規模病院向け100万円~300万円(カスタマイズ込)、中小規模病院向け100万円~200万円などで販売しているが、SSI等中堅ではパッケージ化・低価格化戦略により1床当たり中小規模病院向け70万円前後で販売している。とくにSSIでは病床規模を問わないパッケージで施設単位のライセンス管理によりコストが抑えられること。
その他の増加も1床あたり小規模10~20万円、中規模30~40万円など超激安化戦略でシェア拡大している。

以下、SSI製品の優位性(他社より優れるところ。病院のメリット)

■SSI低価格の理由 多くの「部門システム」を自社開発 他社接続費用などが発生しない
http://www.softs.co.jp/business/points.html

■データベース構造の公開 データの二次利用が容易 データ抽出でコストが発生しない
http://www.softs.co.jp/business/points.html

■検索機能・情報活用機能の搭載(簡易BIツール) 便利なSSISCOPE(データ抽出機能)機能
http://www.softs.co.jp/ir/financial/49th_kimatu_setumei.pdf

SSISCOPE(データ抽出機能)機能(簡易BIツール).jpg

■業界最先端の標準化の取り組み
http://www.softs.co.jp/business/standard.html

■ユーザー会で共通課題や好事例の共有・横展開 他病院の良い使い勝手が自院のものにできる
http://www.softs.co.jp/
【株式会社ソフトウェア・サービス ユーザー会】(2018実績)
第3回SSユーザー理事長・院長部会 55病院58名
第14回SSユーザー会 216病院520名
第12回SSユーザー看護部会 123病院254名
第9回SSユーザーシステム管理者部会 189病院293名

■データベース公開のため、病院グループなどではデータ活用し易い
http://www.softs.co.jp/business/points.html
(例)徳洲会インフォメーションシステム(TIS)株式会社のBI(病院運営管理ツール)ツール
https://www.tokushukai-is.com/service/bi.php
TISのシステムコード統一の取り組み
https://www.tokushukai-is.com/service/code-unification.php

■ガバナンス(governance)構築で必要な取り組み
ガバナンスで大切なことは、全病院が共通の言語(患者情報・ヒト・モノ・カネの流れなど情報システムを統一化し、質・安全・診療・看護・改善などは共通基準を設ける)で話すこと。これが出来ないとガバナンスは機能しないことを理解する。

////////////////////////

ソフトウェア・サービス(SSI) H30.10決算は過去最高だったH28.10実績並みを確保
事業年度の売上高・経常利益の推移
http://www.softs.co.jp/ir/financial/49th_kimatu_setumei.pdf

H30.10見通し売上 200億円

H30.10実際の売上 176億円

平成30年10月期10月度月次売上高等に関するお知らせ
http://www.softs.co.jp/ir/financial/monthly/monthly_1810.pdf
平成30年10月期 決算短信[日本基準](非連結)
http://www.softs.co.jp/news/news_tanshin_20181207.pdf

業績予想の修正に関するお知らせ
http://www.softs.co.jp/news/news_gyoseki_shusei_20181119.pdf
修正の理由
売上高につきましては、当期に見込んでいた案件にかかる受注高が減少したことに加え、翌期以降へ稼働を繰越す案件も発生したことから、前回予想を下回る見込みとなりました。利益につきましては、経費削減を実施するなど利益体質強化に努めましたが、売上高の減少に伴い、営業利益、経常利益及び当期純利益のいずれにつきましても前回予想を下回る見込みです。

SSIこれまでの経営状況

SSIこれまでの経営状況.jpg

 

 

(例)徳洲会インフォメーションシステム(TIS)株式会社のBI(病院運営管理ツール)ツール
https://www.tokushukai-is.com/service/bi.php

img_service02_01_1.jpg

img_service02_02_1.jpg

img_service02_03_1.jpg

img_service02_04_1.jpg

img_service02_05_1.jpg

img_service02_06_1.jpg

電子カルテベンダーシェア増減(2010-2017差)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中