医療費の都道府県別格差は病床数や医師数で説明が付く

過剰病床の適正化を通じて医療費を効率化できれば26%を占める国庫負担抑制可能。
ベッド削減ますます厳しさが増す模様。

↓↓↓

財政制度分科会(平成30年10月30日開催)資料一覧
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia301030.html
医療費を抑制した場合の効果
医療費を抑制すると、国・自治体ともに財政健全化に繋がる。
ただ、サービスのアクセスや質とのバランスも必要。
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia301030/01.pdf
既存の研究では「医療費の都道府県別格差は病床数や医師数で説明が付く」とする結果が多い。
このため、都道府県主体で過剰な病床の適正化を通じて医療費を効率化できれば、26%を占める国庫負担の抑制が可能。

医療費の都道府県別格差は病床数や医師数で説明が付く.jpg

医療費の都道府県別格差は病床数や医師数で説明が付く

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中