国立病院機構2017決算 経営課題は効率的な運営転換とPFM(病床稼働率)

(効率的な運営の具体例)
○大阪医療センター 1個病棟を集約
○都城医療センター 1個病棟を地域包括ケア病棟へ機能転換

平成29年度は、経常収支は△22億円、経常収支率は99.8%となっており、目標には満たなかったものの、新入院患者の確保による入院患者数の増に加え、手術件数の増加や在院日数の管理による入院患者の診療単価増等の影響により、経常収益は前年度より186億円増加した。

効率的な運営の具体例.jpg

国立病院機構2017決算 経営課題は効率的な運営転換とPFM(病床稼働率)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中