国立病院機構2017決算 人件費率+委託費率で59.2%の実績 給食業務の全面委託化進む

各病院における委託費の削減や効率的な業務委託契約を支援することを目的として、全病院における業務委託契約の契約額等についての調査を平成29年度も引き続き実施し、各病院が自院と同規模の病院の契約額等と比較検討が行えるよう、調査結果のフィードバックを行った。また、給食業務の全面委託を新たに7病院で導入し、平成29年度においては35病院で実施した。

人件費率と委託費率を合計した率については、医療環境の変化等がある中、平成28年度を下回ることができた。
【診療事業における人件費率(委託費を含む)】
・平成28年度実績 59.4% → 平成29年度実績 59.2%

 

人件費率+委託費率で59.2%の実績 給食業務の全面委託化進む.jpg

国立病院機構2017決算 人件費率+委託費率で59.2%の実績 給食業務の全面委託化進む

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中