築40年経過の薩南病院の建替構想着手 地域包括ケア病床導入で収支良好結果

鹿児島県の薩南病院建替/19年度に基本構想/建設地はゼロベース検討
https://www.kensetsunews.com/archives/240711
> 提言では、現在地建て替えは多額の赤字を見込むことから、移転建て替えし、新たな診療科の新設や地域包括ケア病床の導入で収支が良くなるとするシミュレーション結果をまとめた。移転候補地の必要面積は約2万㎡で、南九州市川辺町と同市中心部の2カ所を挙げた。

県立薩南病院あり方検討委員会 | 鹿児島県 県立病院局
http://hospital.pref.kagoshima.jp/arikata.html
鹿児島県立薩南病院 – 鹿児島県 県立病院局
http://hospital.pref.kagoshima.jp/satsunan/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

築40年経過の薩南病院の建替構想着手 地域包括ケア病床導入で収支良好結果

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中