介護報酬 Q&A(Vol.4) ICTを活用した動画やテレビ電話を活用する事例

「平成 30 年度介護報酬改定に関する Q&A(Vol.4)
http://www.care-mane.com/pdf/feature/q&a/vol657.pdf

介護報酬 Q&A(Vol.4) ICTを活用した動画やテレビ電話を活用する事例

ICTを活用した動画やテレビ電話を活用する事例.jpg

介護報酬 Q&A(Vol.4) ICTを活用した動画やテレビ電話を活用する事例

日本版・患者ポータル

第3回 医療等分野情報連携基盤技術ワーキンググループ 資料 平成30年5月28日
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000208821.html
保健医療記録共有サービス 患者・国民用ポータル(検討中)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000208823.pdf

日本版・患者ポータル.jpg

医療機関のITトレンドは患者ポータル
https://wp.me/p6NPV7-2P9

電子カルテ・患者ポータルの導入状況
http://wp.me/p2Xv05-gF

患者ポータル支援業務はDRG登場以来の最大の業務シフト
http://wp.me/p2Xv05-gF

AHIMA学会(第88回学術大会) 患者ポータルコーディネーター
http://wp.me/p6NPV7-MK

82%が「患者ポータル」にアクセス
https://wp.me/p6NPV7-2LY

HIM 2.0 – 米国AHIMA「HIM REIMAGINED(再構築)」2016新ビジョン
http://wp.me/p6NPV7-nq

 

日本版・患者ポータル

カルビーも1000と1日目の七面鳥に陥る

2011年の上場以来、初めての減収減益。

名経営者の神通力も通じなかった。経営は結果が全て。
政治経済・内外の経営環境変化等の要因は関係なし。昨日まで正しかった戦略が今日も正しいとは限らない。

この数字を見るとただ単に業績悪化に伴う退任。ただ引き際を知るのはさすがというところ。

ポテト系スナックではランチェスター戦略における絶対的シェア(73.9%)を上回っているので大崩れはないだろう。
外部要因としてはペプシコとの連携が不調で北米エリアが期待していたほど業績が伸ばせていないところ。
強化するキーマンの配置・養成が喫緊の課題か。

↓↓↓

【カルビー】松本改革で再成長を果たすも海外と新商品に抱える不安
https://diamond.jp/articles/-/169838

カルビー、ついに迎えた「フルグラ」の踊り場
ポテチショック、松本会長退任の次の正念場
https://toyokeizai.net/articles/-/220617

>カルビーが同日発表した2018年3月期の決算は、売上高2515億円(前期比0.3%減)、営業利益268億円(同7%減)で着地した。2011年の上場以来、6期連続で増収増益を達成してきた同社にとって、初めての減収減益となった。

IR情報 | カルビー株式会社
http://www.calbee.co.jp/ir/
決算説明会資料(2018年3月期)
http://www.calbee.co.jp/ir/pdf/2018/kessansetsumei_20180511.pdf

カルビー決算サマリ.jpg

ポテト系スナックシェア.jpg

 

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

1000と1日目の七面鳥 回避の答えはいつも『組織』にある
http://wp.me/p6NPV7-2Q1

九州医事研究会メルマガ 2018年04月20日号
経営継続性(守成)の難しさ
http://archives.mag2.com/0001588268/20180420070000000.html

nho_h28keiei1000to1nichime.jpg

 

 

カルビーも1000と1日目の七面鳥に陥る

疑義解釈その4 看護必要度ⅡのA項目の薬剤評価は20番台(投薬)、30番台(注射)、50番(手術)及び 54 番(麻酔)の薬剤に限る

平成30年度診療報酬改定について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188411.html
平成 30 年5月 25 日
疑義解釈資料の送付について(その4)
http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=558623

【重症度、医療・看護必要度Ⅱ】

問2 平成 30 年3月 30 日に発出された疑義解釈資料の送付について(その1)問 29 において、一般病棟用の重症度、医療・看護必要度Ⅱを用いてA項目の評価を行う場合、手術や麻酔中に用いた薬剤も評価の対象となるとされたが、検査や処置等、その他の目的で用いた薬剤についてはどのようになるのか。

(答)一般病棟用の重症度、医療・看護必要度Ⅱを用いてA項目の評価を行う場合、EF統合ファイルにおけるデータ区分コードが 20 番台(投薬)、30 番台(注射)、50 番(手術)及び 54 番(麻酔)の薬剤に限り、評価の対象とする。

問 36 平成 30 年4月から一般病棟用の重症度、医療・看護必要度Ⅱを用いる場合、過去3月の実績は1~3月の入院患者が対象となるが、①3月5日に公開されたレセプト電算処理システム用コード一覧は平成 30 年4月以降のコードで示されている。1~3月の評価においては、何を用いればよいか。②基準を満たす患者の割合は改定前後どちらの基準を用いればよいか。
(答)①平成 30 年2月7日の中央社会保健医療協議会総会(第 389 回)の総-1参考2「入院医療(その 11)で診療実績データを用いた判定の集計に用いたマスタ」を用いること。②平成 30 年度改定後の基準を用いること。
(参考URL)①「入院医療(その 11)で診療実績データを用いた判定の集計に用いたマスタ」
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000193512.xlsx

 

 

 

疑義解釈その4 看護必要度ⅡのA項目の薬剤評価は20番台(投薬)、30番台(注射)、50番(手術)及び 54 番(麻酔)の薬剤に限る

インフォームドコンセントに看護師同席、患者の理解支援 

いい取り組みですね。

↓↓↓

インフォームドコンセントに看護師同席、患者の理解支援
2018/5/23 9:59日本経済新聞 電子版
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30847790T20C18A5CC0000/

インフォームドコンセントに看護師同席、患者の理解支援 .jpg

インフォームドコンセントに看護師同席、患者の理解支援 

医療の質、病院でばらつき

医療の質、病院でばらつき
向き合う~国際医療経済学者 アキよしかわさん
2018/5/28 2:00日本経済新聞 電子版
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30965320V20C18A5TCC000/

医療の質、病院でばらつき .jpg

医療の質、病院でばらつき

2018年度DPC包括対象外追加 040040肺がん・メキニスト錠使用は出来高など

高額薬剤通知の別表に「パシレオチドパモ酸塩」、「ダブラフェニブメシル酸塩」、「トラメチニブ ジメチルスルホキシド付加物」、「ミガーラスタット塩酸塩」、「テジゾリドリン酸エステル」、「コンドリアーゼ」及び「シロリムス」を追加する。
(告示番号25~31までが追加)
http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=557275

手術創等の二次感染で「シベクトロ錠200mg」等が使用されれば「180040 手術・処置等の合併症」の出来高へ
180040xx99x0xx
180040xx99x1xx

平成30年度診療報酬改定について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188411.html

平成30年5月21日
保医発0521第10号
http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=557275
別表1
http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=557276

2018年度DPC包括対象外追加 040040肺がん・メキニスト錠使用は出来高など