6月より乗務事由に“睡眠不足の状況”追加  SAS検査・CPAP療法等の需要増に

6月から睡眠不足の乗務員を乗務させてはならないこと等が明確化され、点呼簿の記録事項にも「睡眠不足の状況」が追加されます。
睡眠時無呼吸検査(PSG) でSAS診断ニーズが高まるか

↓↓↓

睡眠時無呼吸症候群の検査・治療の需要(SAS検査・CPAP療法等)
遠隔診療(情報通信機器を用いた診療)として対応可能
→ 遠隔モニタリング加算(在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料)

6月より「乗務不可事由」に“睡眠不足の状況”追加  SAS検査・CPAP療法等の需要増に.jpg

 

報道発表資料:睡眠不足に起因する事故の防止対策を強化します!! – 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000341.html

眠気を感じていなくても睡眠時無呼吸の人や睡眠時間が短い人で自動車事故のリスク高く
http://www.qlifepro.com/news/20180426/not-sleepy-but-the-risk-of-car-accidents-will-be-higher.html

「乗務させてはいけない事由」に睡眠不足追加、6月から
https://www.logi-today.com/315060

国土交通省/睡眠不足に起因する事故の防止対策を強化
睡眠不足に起因する事故の防止対策を強化します!!
http://www.e-logit.com/loginews/2018:042015.php

 

安全教育・事故防止マニュアルを活用しよう! | 自動車総合安全情報
http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/03manual/

事業用自動車の安全対策  SASの早期発見・確定診断  :自動車総合安全情報
http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/03safety/health002.html

自動車運送事業者における睡眠時無呼吸症候群対策マニュアル
~SAS対策の必要性と活用~
http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/03manual/data/sas_manual.pdf

職域における睡眠呼吸障害の予防・治療・フォローアップの重要性
睡眠呼吸障害が関連すると考えられる日本の事故・事件
http://www.mlit.go.jp/common/001105885.pdf

 

 

 

6月より乗務事由に“睡眠不足の状況”追加  SAS検査・CPAP療法等の需要増に

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中