診療情報管理士への興味が一気に失せた理由

臨床医からの傷病名がないという指摘に、この職種が標準病名マスターに置き換える・作るという専門性がない点。
不明な点は専門組織・団体を通じて標準化しようという姿勢・取り組みがない点。
施設独自レコードを認め、未コード化傷病名の使用は絶対禁止のスタンスではない点。この職種が標準化の砦ではない点。その専門教育がない点。
ICD-10CMのように独自6桁細分化やドットナインルール(同義語)のとりまとめによる未コード化傷病名を無くす取り組み(標準化)業務を置き去りにした時点でこの職種の魅力は失われた(通常の一般事務と同レベル)。
指導者という長年学会活動等さえすれば誰でも取得できる上位資格の敷居の低さも問題。
AHIMAキャリアマップを参考にスキルアップが望まれる。

Free 2019 ICD-10-CM Codes
https://www.icd10data.com/ICD10CM/Codes

平成30年度 DPC導入の影響評価に係る調査関連情報
https://www.prrism.com/dpc/18dpc.html
平成30年度「DPC導入の影響評価に係る調査」実施説明資料
https://www.prrism.com/dpc/setumei_20180406.pdf
Q:標準病名マスタを必ず使わなければならないのか。手入力や院内で作成したマスタを用いてもよいか。
A:標準病名マスタの使用を前提とするが、そこに含まれていない等の場合は、施設独自のレコードを使っても構わない。その場合、ICD-10 のコーディングはもちろん、データの仕様に準拠していること。

平成30年度診療報酬改定について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188411.html
DPC/PDPS 傷病名コーディングテキスト
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000202577.pdf
○ 傷病名が存在しない場合は、独自にマスターへ登録して正しい傷病名を用いることになる。
その場合は、上記通知等に留意した上で作成すること。なお、全ての未コード化傷病名が不適切ということではなく存在しないコードを新たに作成することは禁止していないが、傷病名マスターに既にあるコードをワープロ入力等するものは適切ではない

ICD コードに関するQ&A
Q1:標準病名マスターを必ず使わなければならないのか。手入力や院内で作成したマスターを用いてもよいか。
A1:標準病名マスターの使用を前提とするが、含まれていない場合等は施設独自のレコードを使っても構わない。その場合でも ICD のコード、データの仕様に準拠していること。
Q2:ある傷病名に対する ICD コードが分からない。どこに問い合わせればよいのか。
A2:傷病名、ICD コードの決定は主治医と相談の上、各医療機関で行うこと

診療情報管理士への興味が一気に失せた理由

4期連続DPC特定病院群(旧DPCⅡ群病院)56病院

Ⅱ群病院制度が開始された後、
4期連続でDPC特定病院群(旧DPCⅡ群病院)医療機関名

56病院  dpc-tokutei201804(修正版)

北海道     手稲渓仁会病院
北海道     JA北海道厚生連  帯広厚生病院
青森      青森県立中央病院
岩手      岩手県立中央病院
埼玉      自治医科大学附属さいたま医療センター
埼玉      埼玉医科大学総合医療センター
埼玉      獨協医科大学埼玉医療センター
埼玉      さいたま赤十字病院
千葉      千葉県がんセンター
千葉      学校法人  東京女子医科大学  東京女子医科大学附属八千代医療センター
千葉      学校法人慈恵大学  東京慈恵会医科大学附属柏病院
東京      虎の門病院
東京      公益財団法人  がん研究会  有明病院
東京      日本赤十字社医療センター
東京      東京医科大学八王子医療センター
東京      武蔵野赤十字病院
東京      東京都立多摩総合医療センター
東京      公立昭和病院
東京      国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院
神奈川     恩賜財団  済生会  横浜市東部病院
神奈川     公立大学法人  横浜市立大学附属市民総合医療センター
神奈川     国家公務員共済組合連合会  横須賀共済病院
神奈川     医療法人  沖縄徳洲会湘南鎌倉総合病院
神奈川     昭和大学藤が丘病院
新潟      新潟市民病院
新潟      新潟県厚生農業協同組合連合会  長岡中央綜合病院
新潟      新潟県立新発田病院
長野      諏訪赤十字病院
岐阜      岐阜県総合医療センター
静岡      順天堂大学医学部附属静岡病院
静岡      静岡市立静岡病院
静岡      静岡県立総合病院
静岡      社会福祉法人聖隷福祉事業団  総合病院聖隷浜松病院
愛知      名古屋第一赤十字病院
愛知      名古屋第二赤十字病院
愛知      医療法人豊田会  刈谷豊田総合病院
愛知      小牧市民病院
三重      市立四日市病院
京都      京都第一赤十字病院
大阪      大阪国際がんセンター(旧大阪府立成人病センター)
大阪      大阪警察病院
大阪      公益財団法人  田附興風会  医学研究所  北野病院
大阪      独立行政法人  国立循環器病研究センター
兵庫      兵庫県立尼崎総合医療センター
兵庫      神戸市立医療センター中央市民病院
奈良      公益財団法人 天理よろづ相談所病院
岡山      公益財団法人  大原記念倉敷中央医療機構  倉敷中央病院
岡山      独立行政法人国立病院機構  岡山医療センター
広島      地方独立行政法人  広島市立病院機構  広島市立広島市民病院
徳島      徳島赤十字病院
高知      高知県・高知市病院企業団立高知医療センター
福岡      福岡県済生会福岡総合病院
福岡      独立行政法人地域医療機能推進機構  九州病院
福岡      独立行政法人国立病院機構  九州医療センター
熊本      済生会熊本病院
沖縄      社会医療法人仁愛会浦添総合病院

 

 

4期連続DPC特定病院群(旧DPCⅡ群病院)56病院

医療・介護革命(ヘルステック)

第13回 新戦略推進専門調査会
第9回 官民データ活用推進基本計画実行委員会
合同会議 議事次第
平成30年4月27日(火)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/senmon/dai13/index.html
【資料5-2】 三木谷委員(関代理)提出資料
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/senmon/dai13/siryou5-2.pdf

医療AI革命.jpg

 

医療・介護革命(ヘルステック).jpg

 

 

医療・介護革命(ヘルステック)

6月より乗務事由に“睡眠不足の状況”追加  SAS検査・CPAP療法等の需要増に

6月から睡眠不足の乗務員を乗務させてはならないこと等が明確化され、点呼簿の記録事項にも「睡眠不足の状況」が追加されます。
睡眠時無呼吸検査(PSG) でSAS診断ニーズが高まるか

↓↓↓

睡眠時無呼吸症候群の検査・治療の需要(SAS検査・CPAP療法等)
遠隔診療(情報通信機器を用いた診療)として対応可能
→ 遠隔モニタリング加算(在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料)

6月より「乗務不可事由」に“睡眠不足の状況”追加  SAS検査・CPAP療法等の需要増に.jpg

 

報道発表資料:睡眠不足に起因する事故の防止対策を強化します!! – 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000341.html

眠気を感じていなくても睡眠時無呼吸の人や睡眠時間が短い人で自動車事故のリスク高く
http://www.qlifepro.com/news/20180426/not-sleepy-but-the-risk-of-car-accidents-will-be-higher.html

「乗務させてはいけない事由」に睡眠不足追加、6月から
https://www.logi-today.com/315060

国土交通省/睡眠不足に起因する事故の防止対策を強化
睡眠不足に起因する事故の防止対策を強化します!!
http://www.e-logit.com/loginews/2018:042015.php

 

安全教育・事故防止マニュアルを活用しよう! | 自動車総合安全情報
http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/03manual/

事業用自動車の安全対策  SASの早期発見・確定診断  :自動車総合安全情報
http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/03safety/health002.html

自動車運送事業者における睡眠時無呼吸症候群対策マニュアル
~SAS対策の必要性と活用~
http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/03manual/data/sas_manual.pdf

職域における睡眠呼吸障害の予防・治療・フォローアップの重要性
睡眠呼吸障害が関連すると考えられる日本の事故・事件
http://www.mlit.go.jp/common/001105885.pdf

 

 

 

6月より乗務事由に“睡眠不足の状況”追加  SAS検査・CPAP療法等の需要増に

高額な医療費の状況 財務省・財政審

財政制度分科会(平成30年4月25日開催)資料一覧
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia300425.html

高額な医療費の状況
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia300425/05.pdf
○ 近年の高額な医療技術・医薬品の登場などを背景に、1件(1か月・医療機関)あたりの医療費が高額なレセプトが大幅に増加してきている。
◆健保組合における1,000万円以上高額レセプトの件数の推移
◆後期高齢者医療制度における特別高額医療費共同事業の対象レセプト件数の推移

高額な医療費の状況

医療費の患者負担

医療費の患者負担.jpg

 

高額な医療費の状況 財務省・財政審

経済・財政再生計画 改革工程表 社会保障改革の新たな検討項目 財務省・財政審

財政制度分科会(平成30年4月25日開催)資料一覧
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia300425.html
社会保障について②
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia300425/04.pdf

改革工程表 新たな検討項目

社会保障について  改革工程表 新たな検討項目.jpg

視点1 制度の持続可能性を踏まえた保険給付範囲としていく(共助の対象は何か)
高度・高額な医療技術や医薬品への対応
◆保険収載の在り方
大きなリスクは共助、小さなリスクは自助
◆ケアマネジメントの質の向上と利用者負担

視点2.必要な保険給付をできるだけ効率的に提供する(公定価格と提供体制)
医療提供体制の改革
◆外来医療・高額医療機器の配置等へのコントロール
◆介護事業所・施設の経営の効率化

視点3.高齢化や人口減少の中でも持続可能な制度としていく(給付と負担のバランス)
年齢ではなく能力に応じた負担
◆介護保険の利用者負担について
◆現役並み所得の判定方法
支え手減少下での医療費増加に対しても制度の持続可能性を担保
◆医療保険の給付率を自動的に調整する仕組みの導入

経済・財政一体改革推進委員会 : 経済財政諮問会議 – 内閣府
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/index.html
経済・財政一体改革の中間評価(平成30年3月29日)
経済・財政再生計画 改革工程表2017改定版(平成29年12月21日)

経済・財政再生計画 改革工程表 社会保障改革の新たな検討項目 財務省・財政審

地域包括ケア病棟の介護要件「みなし指定」医療機関OK 疑義解釈その3

平成30年度診療報酬改定
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188411.html
疑義解釈資料の送付について(その3)
http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=549505

【地域包括ケア病棟入院料・入院医療管理料】

問5 地域包括ケア病棟入院料・入院医療管理料の1及び3の施設基準において、介護保険法第8条第2項に規定する訪問介護等を提供している施設が「当該保険医療機関と同一の敷地内にあること」とされているが、当該保険医療機関が介護保険法における保険医療機関のみなし指定を受けて、施設基準で求められている訪問看護等を提供している場合も、要件を満たすと考えてよいか。

(答)保険医療機関がみなし指定を受けて、訪問看護等を提供している場合も、施設基準をみたす。

包括ケア病棟の介護要件、みなし指定の医療機関も可.jpg

地域包括ケア病棟の介護要件「みなし指定」医療機関OK 疑義解釈その3

地域包括ケア病棟「初期加算」の人生最終段階ガイドラインの支援方法について 疑義解釈その3

平成30年度診療報酬改定
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188411.html
疑義解釈資料の送付について(その3)
http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=549505

【在宅患者支援療養病床初期加算、在宅患者支援病床初期加算】

問1 療養病棟入院基本料の注6の在宅患者支援療養病床初期加算及び地域包括ケア病棟入院料の注5の在宅患者支援病床初期加算の算定要件に「「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」等の内容を踏まえ、入院時に治療方針に関する患者又はその家族等の意思決定に対する支援を行うこと」とあるが、具体的にどのような支援を行えばよいか。

(答)人生の最終段階における医療・ケアに関する当該患者の意思決定について、当該患者の療養生活を支援していた関係機関(介護保険施設や在宅療養支援を行う医療機関等)と連携し、情報の共有を図ること。患者本人の意思決定やその支援に関する情報が得られない場合については、「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」等の内容を踏まえ、患者本人や家族等のほか、必要に応じて関係機関の関係者とともに、話し合いを繰り返し行う等の支援を行うこと。ただし、ここでいう支援は、画一的に行うものではなく、患者の病状や社会的側面を考慮しながら支援の実施の必要性について個別に評価した上で行うことをいう。

人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン.jpg

「人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン」の改訂について |報道発表資料|厚生労働省
平成30年3月14日
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000197665.html
[ 資料]
・「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」[PDF:101KB]
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10802000-Iseikyoku-Shidouka/0000197701.pdf
・「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」解説編[PDF:210KB]
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10802000-Iseikyoku-Shidouka/0000197702.pdf

【主な改訂のポイント】
高齢多死社会の進展に伴い、地域包括ケアの構築に対応する必要があることや、英米諸国を中心としてACP(アドバンス・ケア・プランニング)の概念を踏まえた研究・取組が普及してきていることなどを踏まえ、以下の点について改訂を行った。
1 病院における延命治療への対応を想定した内容だけではなく、在宅医療・介護の現場で活用できるよう、次のような見直しを実施
・ 「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」に名称を変更
・ 医療・ケアチームの対象に介護従事者が含まれることを明確化
2 心身の状態の変化等に応じて、本人の意思は変化しうるものであり、医療・ケアの方針や、どのような生き方を望むか等を、日頃から繰り返し話し合うこと
(=ACPの取組)の重要性を強調
3 本人が自らの意思を伝えられない状態になる前に、本人の意思を推定する者について、家族等の信頼できる者を前もって定めておくことの重要性を記載
4 今後、単身世帯が増えることを踏まえ、「3」の信頼できる者の対象を、家族から家族等 (親しい友人等)に拡大
5 繰り返し話し合った内容をその都度文書にまとめておき、本人、家族等と医療・ケアチームで共有することの重要性について記載

地域包括ケア病棟「初期加算」の人生最終段階ガイドラインの支援方法について 疑義解釈その3

地域別の診療報酬の設定(具体的な活用メニューの提示)

第111回社会保障審議会医療保険部会 平成30年4月19日(木)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000204033.html
(議題)
1.医療保険制度をめぐる課題
2.レセプト情報・特定健診等情報データベース等の解析基盤の検討の進め方について(報告)
3.その他

地域別の診療報酬の設定(具体的な活用メニューの提示)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000204023.pdf

《 制度の枠組み 》
※ 医療保険部会での議論を踏まえ、以下の運用の考え方について、都道府県に対し平成30年3月29日付け通知により周知。
① 医療費には様々な要素があるなか、「医療費適正化計画」は、科学的エビデンスを伴い、保険者・医療関係者等の協力を得て実施可能な取組を目標設定する枠組み。
② 都道府県は「医療費適正化計画」に基づき取組を実施。計画終了後に、目標の達成状況について実績評価を行い、次期計画での目標達成に向けた方策について検討。
③ その際、各都道府県において、必要となる具体的な施策・取組を検討。その上で、なお目標達成のために必要があると認めるとき、都道府県は、保険者・医療関係者が参画する保険者協議会での議論も踏まえた上で、地域別の診療報酬について国に意見を提出。
④ 厚生労働省では、都道府県の意見を踏まえ、中医協における諮問・答申を経て検討。

地域別の診療報酬の設定(具体的な活用メニューの提示).jpg

--------------------------

九州医事研究会メルマガ 2018年04月20日号
◆2019年10月の消費増税10%や「地域別診療報酬」の荒波に備える
http://archives.mag2.com/0001588268/20180420070000000.html

【新しい病院経営スタイル】「地域別診療報酬」に備える
診療報酬は都道府県別で設定 財務省・社会保障改革案
https://wp.me/p6NPV7-38U

医療費適正化に向けた「地域別診療報酬」の設定(計算式)
https://wp.me/p6NPV7-391

全国一律の診療報酬は「地域別診療報酬」に 財務省・社会保障改革案
・診療報酬の都道府県別の設定を推進
・新しい薬や医療技術の公的保険適用時に価格に見合う治療効果があるかを重視
・市販薬と同じ成分の湿布やビタミン剤は保険適用から除外
・受診のたびに患者が窓口で一定額負担する制度の導入
・要介護1、2の人向けの生活援助を市区町村事業に移し、自己負担を増やす
・訪問介護サービスの過剰な利用を抑制。ケアプラン作成に利用者負担を設定

今後の病院経営戦略は地域医療の視点で
経営幹部が陥る罠:「自院の将来」を「自院の視点」でのみ判断してないか
人財型病院経営「人材格差が病院格差」の所以
http://wp.me/s6NPV7-dpc2006

「地域医療連携推進法人」2018年4月1日で2法人認定、6法人に
https://wp.me/p6NPV7-38v
メリット満載
・地域医療構想や地域包括ケアシステム対応(病床再編・患者情報の一元化等)
・人材確保(医師・看護師等の国家資格の医療従事者)
・医療機器等の共同使用や共同研修・共同研究(臨床研究)等
・医薬品材料等、GPO・GPAによる共同購入、コスト削減
・「地域別診療報酬」対応や経営力強化、安定化の促進

地域別の診療報酬の設定(具体的な活用メニューの提示)

保健医療分野の主な公的データベースの状況

第111回社会保障審議会医療保険部会 平成30年4月19日(木)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000204033.html
(議題)
1.医療保険制度をめぐる課題
2.レセプト情報・特定健診等情報データベース等の解析基盤の検討の進め方について(報告)
3.その他

保健医療分野の主な公的データベースの状況
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000204024.pdf

保健医療分野においては、近年、それぞれの趣旨・目的に即してデータベースが順次整備されている。
主な公的データベースの状況は下表のとおり。

保健医療分野の主な公的データベースの状況.jpg

--------------------------

九州医事研究会メルマガ 2018年04月20日号
◆次世代医療基盤法(医療ビッグデータ法) に備える
医療ICT等、医療情報技師・診療情報管理士関連
http://archives.mag2.com/0001588268/20180420070000000.html

クリニカルエビデンス構築促進パッケージ(CINとMID-NETの融合)
https://wp.me/p6NPV7-3aU

日本版O-NET始動 医療・介護職の確保なるか
→ AI人材育成で医療統計学者の活躍も
https://wp.me/p6NPV7-385

医療ビッグデータ法 - 認定匿名加工医療情報作成事業者の具体的セキュリティー対策
https://wp.me/p6NPV7-38R

第17回サイバーセキュリティ戦略会合 「医療」情報対策待ったなし
→ セキュリティ強化には医療情報技師・診療情報管理士等の国家資格化と必要人員の配置が必要
https://wp.me/p6NPV7-384

次世代医療基盤法(医療ビッグデータ法) 患者の情報提供意思は原則、受診時に書面確認
https://wp.me/p6NPV7-38D

次世代医療基盤法(医療ビッグデータ法)によって実現できること
https://wp.me/p6NPV7-38H

次世代医療基盤法(医療ビッグデータ法)のポイント
https://wp.me/p6NPV7-38N

次世代医療基盤法の全体像(匿名加工医療情報の円滑かつ公正な利活用の仕組みの整備)
https://wp.me/p6NPV7-38K

保健医療分野の主な公的データベースの状況